旅×自転車 記事

世界3大自転車レース「グランツール」とは?3つのレースの特徴・魅力をご紹介

街中を自転車で走ってタイムを競うロードレース。

自転車のロードレースで有名な大会は世界選手権ですが、出場するだけで栄誉とされているのが世界3大自転車レース、通称「グランツール」です。

今回は「グランツール」と呼ばれる、3つの自転車ロードレースとはどんなレースなのかをメインに、グランツールで世界で活躍する (した)日本人選手の情報などをまとめました。

世界3大自転車レース「グランツール」とは?

「グランツール」とは、「ツール・ド・フランス」「ジロ・デ・イタリア」「ブエルタ・ア・エスパーニャ」の3つの自転車ロードレースのことをいいます。

以下では主な共通点や特徴をご紹介します。

1つの国を何週間もかけて回る

1つ目は、複数に分かれたステージを何週間もかけて回る点です。

自転車のロードレースには、ワンデーレースとステージレースの2つがあります。

ワンデーレースは文字通り、1日でレースが完結するタイプで、世界選手権やオリンピックが該当します。

一方、ステージレースは複数に分けられたステージを何日もかけて走り、タイムやポイントを競うものです。グランツールはこちらに該当します。

グランツールの3つのレースは1つの国を丸々使ったコースになっているため、走破距離は3,000kmを超え、いずれも3週間ほどかけて行われます。

1日あたりの最長距離はだいたい250km前後。この距離を毎日走行し、休息日は3週間のうち2~3日しかありません。

途中にはタイムトライアルも用意されている大会もあるので、体力を温存し続けることもできません。

レース中にどこで勝負に出るのか、その駆け引きも魅力なのです。

チーム競技の戦術が魅力

2つ目は、チームで競う点です。

優勝するためにはチームの誰か (基本的にはエース)が一番早くゴールすれば良いのですが、その1人を勝たせるため、チーム構成やチーム1人1人の役割が重要、かつ見所でもあるのです。

チームの”エース”の体力を温存させるため、他の選手は時には風よけ、補給係、そして山岳コースを引っ張る役割を担うこともあります。

過酷な山岳区間が成績を左右

3つ目は、山岳区間が勝負を大きく左右するという点です。

グランツールでは平均勾配が10%以上、上り坂の距離が10km以上の過酷なコースもあります。

この山岳区間はグランツール最大の見せ場。

選手同士の駆け引きが見所で、成績を大きく左右するといわれています。

後ろに続く選手から逃げ切れるか、追いつかれるのか、長い距離ながらも最後の最後まで気が抜けないのが魅力です。

※上記は以下の記事を参考に記述しています。
JKA『More CADENCE』
JSPORTS

世界3大自転車レースをご紹介!

ワンデーレースの世界選手権と違い、3週間もかけて行われる世界3大自転車レース、グランツール。

ここからはグランツールの3つのレースをそれぞれご紹介します。

ツール・ド・フランス

ツール・ド・フランスの歴史は長く、なんと誕生したのは120年ほども前。

毎年7月頃に開催されますが、コロナ禍の2020年は8月にずれ込みました。

「ツール・ド・フランス」という名前はフランス一周を意味しますが、年によってはイギリスやベルギーなどフランス周辺の国もステージになることがあり、世界中のサイクリストから愛されるレースです。

前半は長い平地から途中に山岳区間を経て、再び平地へ。その後は再び山岳区間のコースが設けられており、ここで一気にレースが白熱します。

ちなみにツール・ド・フランスで総合1位を獲得したリーダーには、サイクリストにお馴染みの「マイヨジョーヌ」という黄色いリーダージャージが与えられます。

ジロ・デ・イタリア


ジロ・デ・イタリアは、グランツールでは一番早い時期、5月頃に開催される大会です。

アルプス山脈の雄大な自然の中を走っていく様子など、山あり谷あり、そして海ありの、イタリアの素晴らしい風景も楽しめるレースです。

コースの特徴としては山岳区間が多く、最大勾配が20%を超えるところもあります。

ツール・ド・フランスの総合1位のジャージが黄色なら、ジロ・デ・イタリアの場合はピンクです。

ここ数年はスタート地点が多彩で、2018年はイスラエルのエルサレムで、2020年はハンガリーがスタート地点に選ばれていましたが、コロナの影響でシチリア島がスタートの代替地となりました。

ブエルタ・ア・エスパーニャ

ブエルタ・ア・エスパーニャは、スペインで毎年9月頃に開催される大会です。

世界選手権の直前に行われるため、一時期はブエルタ・ア・エスパーニャを回避する選手が目立ちましたが、ここ10年で有力選手が集まるようになり、迫力あるレースになっています。

山頂がゴールになることも多く、2020年は18ステージ中6ステージのゴールが山頂に設定されました。

このブエルタ・ア・エスパーニャは最後まで接戦が展開され、逆転が頻繁に起こるのも特徴です。

何千kmもの距離を走り、総合優勝と2位の差が1分に満たないことが多く、なんと13秒差という年も。

最後の最後まで目が離せない逆転劇を見たい方は、ブエルタ・ア・エスパーニャの観戦がおすすめです。

※上記は以下の記事を参考に記述しています。
JSPORTS
cyclowired.jp
Cyclist
Giro d’Italia

グランツールで活躍した日本人選手をご紹介!

上述した通り、グランツールは参加するだけで栄誉のあるレースです。

ここからは熾烈な争いを勝ち抜き、グランツールに出場を果たしただけでなく、レースにおいて快挙を成し遂げた日本人選手をご紹介します。

新城幸也 (あらしろ ゆきや)選手


新城幸也 (あらしろ ゆきや)選手はツール・ド・フランス、ジロ・デ・イタリアの両レースに参加し、最初に完走した日本人です。

2009年にフランスのプロ自転車チームと契約し、同じ年に行われたツール・ド・フランスでは別府史之選手とともにステージ優勝を狙う覚悟で出場し、区間5位を記録する快挙を達成。この区間5位の記録は現在 (2021年2月)でも日本人最高順位です。

2010年にはジロ・デ・イタリアに参加し、新城幸也選手が得意とする大逃げを打ち、第3位と健闘し、日本人では初めてグランツールの表彰台に上りました。続けてツール・ド・フランスにも参加し、世界のエース級と互角の戦いを演じ、2020年のジロ・デ・イタリアも見事完走。

ツール・ド・フランスだけで実に6回出場し、オリンピックもこれまでに2回参加しています。

東京オリンピックだけでなく2024年のパリオリンピックも目指しており、現役バリバリの選手です。

別府史之 (べっぷ ふみゆき)選手

別府史之 (べっぷ ふみゆき)選手はこれまで2度オリンピックに出場したほか、2009年のツール・ド・フランスでは「ステージ敢闘賞」を獲得するなど、新城幸也選手と共に日本人史上初のツール・ド・フランス完走者となった選手です。

当時、日本人がツール・ド・フランスに出場すること自体が13年ぶり。

新城幸也選手は歴代最高の区間5位、別府史之選手は日本人初の敢闘賞受賞と、同じ年に2人の選手が日本のロードレース界の歴史を作っています。

日本選手権ではタイムトライアルとロードレースの2冠を達成するなど、ロードレース界の第一人者でもあります。

初山翔 (はつやま しょう)選手

初山翔 (はつやま しょう)選手は2016年の日本選手権で優勝した実績を持つ選手です。

グランツール初参戦は2019年のジロ・デ・イタリアで、第3ステージではフーガ賞、別名「逃げ賞」を獲得。(※)

2019年の大会で初山翔選手は総合最下位に終わってしまいますが、チームのために果敢に逃げたことが評価され、ジロ・デ・イタリアならではの栄誉「マリア・ネーラ」が与えられました。

ちなみに「マリア・ネーラ」は1951年を最後に廃止されていましたが、初山翔選手の頑張りがイタリアで高く評価され、主催者が特別に復活させた形です。

残念ながらそのシーズンを最後に引退した初山翔選手でしたが、完全燃焼したからこその早い引き際だったのかもしれません。

※逃げ・・・レースのスタート時、一気にスタートダッシュをかける役割

※上記は以下の記事を参考に記述しています。
OLYMPIC CHANNEL
JIJI.COM
Cycle Sports

グランツールはライブ中継で楽しもう!

コロナ禍の現在、現地での観戦は難しいですが、ライブ中継でグランツールのレースをチェックできます。

ロードレースに力を入れているのがJSPORTSで、2020年に開催されたツール・ド・フランスでは21ステージ全てを独占生中継しています。

DAZNではジロ・デ・イタリアを独占中継しており、スポーツ専門チャンネルや専門サイトに登録してグランツールを楽しむファンが多いです。

また前哨戦となるレースもチェックできるので、是非お家で白熱した試合を楽しんでみてはいかがでしょうか。

グランツールを見に行く日が待ち遠しい!

今回は世界3大自転車レース、グランツールの魅力についてご紹介しました。

熱狂的なファンの中には、グランツールを観戦しに、現地フランスやイタリア、スペインに足を運ぶ方もいます。

コロナ禍が収まった暁には、本場で大迫力の世界3大自転車レースを楽しんでみてはいかがでしょうか?

当メディア・TABIRIN (たびりん)は自転車×旅をコンセプトにしたメディアです。

国内の旅レポが中心ですが、サイクリストには馴染み深い、イタリアや台湾の自転車事情の旅レポの記事もありますよ。

是非以下の記事も合わせてご覧ください。

  • この記事がいいねと思ったら
    •  1
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • サイクリングレポート(記事下部)
    サイクリングレポート(記事下部)
    編集部おすすめ
    ランキング