旅×自転車 記事

MTB (マウンテンバイク)ってどんな自転車?シーンに合わせた選び方も解説

MTB(マウンテンバイク)には、ゴツゴツした太いタイヤに、ディスクブレーキやサスペンションなど、他の自転車にはない装備がたくさんついています。

名前にも「マウンテン」と付いているだけあり、砂利道などオフロードに強い自転車というイメージがあるかもしれませんが、実は「街乗り」などにもおすすめなのをご存知でしょうか?

そこで、MTBとはどのような自転車で、シーンに合わせてどのようなMTBを選べば良いのかをご紹介します。

MTB(マウンテンバイク)とは?他の自転車との違いは?

一般の自転車が舗装された町中を走ることを想定して作られているのに対し、砂利や急勾配、段差などがたくさんある「山を走るための自転車」として開発されたのがMTB (マウンテンバイク)です。

そのために、多くの人がイメージする変速機やゴツゴツした太いタイヤ、さらにブレーキの効きが良いディスクブレーキや、衝撃を吸収するサスペンション、軽量で耐衝撃性能に優れているフレームなどが装備されています。

では、それぞれのパーツがどのような働きをするのか、MTBと普通の自転車の違いをみていきましょう。

フラットなハンドル

一般的に「ママチャリ」と呼ばれる自転車のハンドルは、セミアップハンドルやアップハンドルという種類で、上体を起こしてゆったりと自転車に乗ることができます。

それに対し、多くのMTBのハンドルは、まっすぐなフラットハンドルになっていて、さらにハンドルの幅が広いのも特徴です。

ハンドルの幅を広くすることで、悪路を走ってもしっかりハンドルが安定し、効率良くペダルに力を伝達することができるようになります。

太いタイヤ

MTBの特徴にもあげられる「ゴツゴツした太いタイヤ」はブロックタイヤと言います。

表面の凹凸が、砂利や土などをしっかり捉えてくれるため、普通の自転車のタイヤよりもグリップ力が高くなっています。

さらに、多少尖った石くらいであればパンクしないというタフさや、地面からの細かい衝撃の吸収性もあります。

舗装された道では一般的な自転車のタイヤに比べて抵抗が大きくなってしまうため、街乗りにも対応できるように、ブロックパターンが進行方向に沿ったものや、路面との接地面がスリックタイヤになっている、センターリッジタイヤやセミスリックタイヤというものも登場しています。

たくさんのギア数

MTBをはじめ、スポーツ車には、前ギア2段に後ろギア9段の18段変速など、一般の自転車に比べてたくさんのギアがあります。

MTBはフラットな道のところだけでなく、急な上り坂、砂地、さらには泥の中など、様々なシーンに対応する必要があるため、幅広いギア比に対応できるようなつくりになっています。

ショックを吸収するサスペンション

エントリーモデルのMTBにも「サスペンション付き」のモデルがたくさんあります。

サスペンションは、バネの力を利用する「コイル式」と、空気圧の力を利用する「エア式」の2種類があり、さらに、フロントのみサスペンションが付いているものと、フロントとリアにサスペンションが付いているダブルサスペンション(フルサスペンション)があります。

オフロードを走行中に、地面の凹凸の衝撃を吸収してくれる役割があり、フロントサスペンションは上半身へのショック、リアサスペンションはお尻など下半身へのショックを抑えてくれます。また、シートポストにもサスペンションが組み込まれているモデルもあります。

これら以外にも、車輪中央に取り付けているディスクローターを、ブレーキキャリパーのブレーキパッドで両側からはさみこむことで回転を停止させる「ディスクブレーキ」や、手元のスイッチでサドルの高さを変えられる「ドロッパーシートポスト」を装備しているモデルもあります。

シーンに合わせたMTBの選び方

MTBは、どれもオフロードを走ることを前提に設計されていますが、街乗りや通勤でも、このMTBの良さを引き出すことができます。

そこで、ここからは「街乗り・通勤・ヒルクライム・ちょい乗り」の4つのシーンに分けたMTBの選び方を紹介します。

MTBをはじめたいと思っている方はもちろん、普段使いできるスポーツ車を探している方も、参考にしてみてください。

街乗りには気軽に乗れる初心者向けMTB (エントリーモデル)から

買い物や、近場に出かけるなどの「街乗り」であれば、必要最低限の装備が揃っている、初心者向けの製品(エントリーモデル)がおすすめです。

エントリーモデルでも、多段速のギアや太いタイヤが装備されているモデルが多くあります。

舗装路をメインで走行する場合であれば、サスペンションがフロントのみのモデルや、サスペンションなしのモデルでも快適に走ることができます。

注意点として、MTBのタイヤは一般の自転車と比べて幅が広く、駐輪場のスタンドに入らないということもあるので、選ぶ時には「タイヤの幅」にも気をつけるようにしましょう。

通勤には高性能なMTBがおすすめ

通勤や通学など毎日の移動では、長距離を走っても疲れにくく、パンクなどのトラブルが起きにくいというのもポイントになります。

それらの条件を満たすMTBは、サスペンションやディスクブレーキを搭載し、27.5インチなどといった大きめのタイヤに、電動アシストつきなど「安全性」や「機能性」を重視したモデルがおすすめです。

また、ハンドルの長さが600mm以下になっていることも確認しましょう。600mm以上のハンドルとなると、道路交通法の定める普通車として扱われず、歩道や自転車用通行レーンの走行が不可となります。MTBはハンドルのホールド性を高めるためにハンドルが長めに設定されているので注意が必要です。

さらに、雨の日や夜間の走行も考えて、泥除けやライト、チェーンガードか裾バンドも追加で揃えるようにしておくとより快適に通勤することができますよ。

ちなみに初めての自転車通勤にはこちらの記事も参考にしてみてください。

本格的なMTBで山を楽しむ

山で本格的にMTBを楽しみたいときには、山の中を散策するトレイルや、山の起伏を走るクロスカントリーなど、自分のやりたい楽しみ方を見つけることからはじめます。

それによって、選ぶMTBも変わってきます。

例えば、ギアの数やサスペンションのストローク量、タイヤの太さなどが変われば、安全に走るために、ブレーキ制動性の高い油圧式のディスクブレーキの必要性や、コンポーネントのグレードも変わります。

そのためまずは山でどんな楽しみ方をしたいのか、しっかり把握して一台を見つけるようにしましょう。

ちょい乗りに便利な折りたたみタイプのMTB

画像出典元:株式会社オオトモ公式HPより

車に積んで、出かけた先でMTBを楽しみたいときには「折りたたみのMTB」という選択肢もあります。

折りたたみといっても、多段変速ギアやディスクブレーキ、太いタイヤなどMTBの基本的な装備が揃っているモデルもあります。

しかし一般のMTBに比べて種類が少なく、値段も割高な傾向があります。

インターネットなどでは格安で販売されているものもありますが、中には「悪路走行禁止」などの記載がある、MTBルック車と呼ばれるものや、走行中に折りたたみのジョイント部分が折れてしまうなど、そもそもの耐久性に問題のあるものも存在します。

そのため折りたたみのMTBを選ぶときには、実際の店舗で説明を聞きながら購入するのがおすすめです。

MTB以外の折り畳み自転車については、以下の記事でも紹介しています。

おすすめのMTB メーカー4選

MTBは作っているメーカーによっても、さまざまな個性があります。そこで、ここからは自転車販売店でも購入できるモデルを、メーカーと一緒に4モデル紹介します。

GIANT (ジャイアント)

1972年に台湾で誕生した自転車メーカーで、中価格帯を中心にMTBなどのスポーツ車を展開しています。

日本には直営店が10店舗あり、さらに国内にある多くの自転車販売店や大型スポーツ店でも取り扱いがあります。

ATX
出典:GIANT公式HPより
商品名 ATX
商品URL こちらから
参考価格 54,000円
カラーバリエーション ブルー/ マットブラック/ ホワイト
特徴 オフロードから街乗りまで幅広く使えるモデルで、フロントサスペンションにディスクブレーキを装備し、さらに舗装路でも効率よく走れるセミブロックタイヤを採用しています。
また、普段使いで必要になることが多い「キックスタンド」も標準で装備されているのもポイントで、MTB初心者におすすめのモデルです。
商品リンク お近くのGIANTストアよりお買い求めください

GT

アメリカ・カリフォルニアで誕生した自転車メーカーで、高い溶接技術を活かした自転車のフレーム開発で注目されました。

さらに1980年代後半以降はMTBの開発にも力を入れ、GT独自のフレーム設計やAOSやLTSなどのサスペンション技術が活かされています。

FORCE COMP(フォース コンプ)
出典:GT公式HPより
商品名 FORCE COMP(フォース コンプ)
商品URL こちらから
参考価格 298,000円
カラーバリエーション ピッチグリーン
特徴 ダウンヒルからロングライドまで、あらゆるシーンに対応できることがコンセプトの本格的なMTBで、ブレーキ性能を高めるGT独自設計のサスペンションが搭載されています。
商品リンク 楽天

TREK (トレック)

トレックはウィスコンシン州の自転車メーカーで、世界一過酷とされる品質テストを通過した、頑丈な車体に定評があります。

国内16店の直営店のほか、全国の自転車販売店でも取り扱いがあります。

Fuel EX 5 Deore
出典:TREK公式HPより
商品名 Fuel EX 5 Deore
商品URL こちらから
参考価格 255,000円
カラーバリエーション Dark Aquatic/Trek Black
特徴 MTB入門者向けのモデルで、フロントとリアにサスペンションを搭載し、ギアは1×12変速が搭載されています。ブレーキは油圧のディスクブレーキ、さらに走行する地形によってサドルの高さを手元のスイッチですぐに変えられる「ドロッパーシートポスト」を採用しています。
商品リンク お近くのTREKストアよりお求めください

パナソニック

自転車にあまり詳しくない人にとっては、「パナソニック」に自転車メーカーのイメージはあまりないかもしれませんが、実は様々なタイプの電動アシスト自転車を展開しています。その中には、MTBモデルの電動アシスト自転車も含まれています。

XU1
出典:パナソニック公式HPより
商品名 XU1
商品URL こちらから
参考価格 247,500円
カラーバリエーション シャインパールホワイト/マットロイヤルブルー
特徴 通勤や通学、街乗りに必要な、泥除けやキャリア、LEDライトにサイドスタンドなどの装備が標準で含まれているモデルです。
さらに、タイヤサイズはMTBのメリットを活かせるよう、ボリュームのある700×50Cです。
1回の充電で最長82km走ることができ、アシストの強さや、速度など走行情報を表示するディスプレイユニットも搭載しています。
商品リンク Panasonicオンラインストア
楽天

MTB以外の電動アシスト自転車は、以下の記事で紹介しています。

MTBを楽しむアイテム

MTBは山を走ることがメインの自転車なので、最初はそれに合った装備が取り付けられています。

しかし、街乗りや通勤・通学でMTBに乗る場合、ライトやキャリアなどの装備を追加で取り付ける必要があるかもしれません。

そこで、街乗りや通勤に必要になるアイテムや、MTBでさらに楽しく走るためのアイテムを紹介します。

ライト

夜間の走行に自転車用のライトは不可欠 (自治体によっては義務付けられています。)です。小型のものから、高輝度のもの、電池式や充電式など様々なタイプのものが販売されています。また、ライトには暗闇を照らすほかに「自分の位置を知らせる」という役割もあるので、ヘッドライトと一緒にテールライトも準備しましょう。

自転車のヘッドライトのおすすめは、以下の記事も参考にしてみてください。

キャリア

画像出典元:RITEWAY公式HPより

街乗りや通勤通学でMTBを使う場合、荷物を積むことができるキャリアをつけておくのもおすすめです。

シートポストに必要なときだけ取り付けられるタイプや、自転車エンドの取り付け穴でしっかり固定できるもの、フロントに取り付けられるものなど、様々な種類があります。MTBや用途に合わせて選ぶようにしましょう。

サイクルコンピューター

サイクルコンピューターは、現在の速度をひと目で確認できるだけでなく、走った距離や平均速度、またケイデンス(1分間にペダルを回した回数)が表示できるものもあります。

それをもとに効率の良い変速のタイミングなどを身につけられたり、ペース配分などを管理したりすることができる、お役立ちアイテムです。

サイクルコンピューターについては、以下の記事でも紹介しています。

シーンに合わせたMTBで楽しく走ろう

オフロードを走るために作られたMTBですが、その頑丈さや走りやすさで、街乗りや通勤にも活用できる便利な自転車です。

いくら高いMTBでも、用途に合っていなかったり、日頃のメンテナンスを怠ってしまえば、せっかくの性能を活かしきれなかったり、故障や怪我の原因になってしまうかもしれません。

まずは、しっかり「MTBの特徴」や「使いたいシーン」を把握し、それに合わせながらピッタリの1台を見つけてみてください。

  • この記事がいいねと思ったら
    •  0
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー