旅×自転車 記事

【初心者向け】ロードバイクの選び方講座!おすすめの商品/ブランドも

ロードバイクに乗りたいけど、たくさんのブランドやモデルがあってどれを買うか悩む方も少なくありません。

今回はこれからロードバイクに乗ってみたい方や、どうやって自分に合ったロードバイクを選べばいいか悩んでいる初心者の方に向けて、ロードバイクを購入する際に注目するべきポイントや注意点について解説します。

※最近ではロードバイクをネットで購入することもできるようになりましたが、初めてのロードバイクはできれば近所のお店で実物を見て、試乗車があれば実際に乗ってみてフィーリングを確かめてからの購入をおすすめします。

ロードバイクの選び方のポイント〜まずはここに注意!

ロードバイクを選ぶときには注目するべきポイントがいくつかあります。

レースに出たい、長距離を走りたい、山に登りたいなどの使用用途、身長や手足の長さ、予算やデザインも重要な要素のひとつです。

それぞれの要素について詳しく解説しますので参考にしてみてください。

価格

予算は多いに越したことはありませんが、できるだけ費用を抑えたいという方もいるでしょう。

ロードバイクを購入する際には、安いものでおよそ10万円から20万円、ヘルメットやライトなどの装備については2万円から3万円程度の費用が必要です。

型落ちのモデルの値引きや中古品などもありますので一概には言えませんが、最低でもロードバイク本体と装備品で15万円から25万円程度の費用が必要となります。

デザイン

デザインはロードバイクを選ぶ際に非常に重要な要素です。

気に入ったデザインのものを購入することで愛着が湧き、長く大切に乗ることができます。

予算内で自分好みのデザインのロードバイクが見つかり、使用用途や体にも合っていれば最高ですが、良いものが見つからなければ予算を増やすか他を探しましょう。

サイズ

デザインが気に入ったものでも、自分に合うサイズのロードバイクを選ばないとロードバイクの性能を引き出せなかったり、場合によっては体を痛めてしまうこともあります。

ロードバイクは乗る人の身長によってフレームのサイズが変わるほか、手足の長さによってハンドルの位置やサドルの高さも変わってきます。

セオサイクルによると身長/適正フレームサイズは以下のようになっています。

150cm~165cm:480mm
155cm~170cm:500mm
160cm~175cm:520mm
165cm~180cm:540mm
175cm~190cm:560mm
180cm~195cm:580mm
185cm~200cm:600mm

出典元:セオサイクルHPより

ただしメーカーによってサイズは異なるため、お店に行って自分の体を計測してもらうことが大切です。

ロードバイクではフレームの素材が肝心!

ロードバイクを選ぶ上で最も重要なのが”フレーム”です。

フレームはロードバイクの乗り心地を左右するので、以下でまとめた情報は頭に入れておきましょう。

以下でご紹介する3種類以外にもステンレスやチタン、木材を使用したフレームもありますが、今回は一般的に広く普及しているカーボン、アルミ、クロモリの3種類のみ解説します。

カーボン

画像出典元:Amazon商品ページより

現在最も多く普及しているフレームがカーボン素材です。

カーボンとは炭素のことで、軽量で乗り心地も良く、強靱なフレームなのが特徴です。

また、形状の自由度が高いので個性的なデザインを出せるのも特徴です。

炭素繊維の強度を変えることでプロから初心者までそれぞれの体力・脚力に対応することができますが、強い衝撃が加わると目で見えない箇所が破損する場合があるので転倒や事故には注意が必要です。

カーボンパーツは軽量ですが価格が高いのも特徴なので、ある程度ロードバイクに慣れてきて性能に不足を感じた際に交換することをおすすめします。

アルミ

画像出典元:Wiggle商品ページより

アルミフレームは安価で強度が高く、強い衝撃がかかっても壊れにくいのが特徴です。

最近では技術の進歩によりアルミフレームでもかなり軽量化されたフレームも出てきています。

各パーツを溶接して製造するので設計の自由度が低く、しなりが少ないのでカーボンと比べると衝撃を吸収しづらく乗り心地は悪くなります。

クロモリ

画像出典元:Amazon商品ページより

クロモリとはクロムモリブデンを略した名称で、簡単に言ってしまえば鉄です。なので錆びには注意が必要です。

カーボンやアルミと比べると重いですが価格が安く、きちんと手入れをすれば数十年乗ることも可能なのがクロモリの特徴です。

鉄フレーム独特のしなりで乗り心地が良く、破損しても溶接して修理することが可能です。

フレームのほかに注目したいポイント

フレームのほかに注目したいポイントは変速機やブレーキなどの総称であるコンポーネントや、ホイール、ペダルです。

コンポーネントとその役割

コンポーネントとはブレーキや変速機などのパーツの総称で、各メーカーから様々な種類のものが販売されています。

ワイヤー変速・電動変速

ロードバイクの変速には二つの方式があり、シフトレバーに繋がっているワイヤーを操作することで変速する方式と、スイッチを押せば電動で変速してくれるものがあります。

それぞれにメリットとデメリットがありますが、初めてのロードバイクであれば価格の安い低グレードのワイヤー変速でも充分な性能を発揮できます。

電動変速はスイッチを押すだけで変速できるので、ワイヤー変速よりも手の動きが小さくなり疲労が軽減され変速ミスも少なくなりますが、変速にはバッテリーを使用しているので充電を忘れバッテリー残量がなくなると変速ができなくなってしまうデメリットがあります。また価格も同グレードのワイヤー方式と比べると高くなります。

ブレーキ

ロードバイクを選ぶときはフレームがどちらのブレーキに対応しているかに注意が必要です。

これまで多く普及してきたリムブレーキと、ここ数年で使う方が多くなってきたディスクブレーキではフレームやホイールに互換性がありません。

ディスクブレーキにはワイヤー式と油圧式があり、油圧式であれば軽い力で強い制動力が得られコントロールもしやすく、雨などで濡れても制動力が安定しているなどのメリットがあります。しかし、リムブレーキと比べると価格が高く重量も増え、メンテナンスが難しいので初心者の方はリムブレーキを選ぶといいでしょう。

ホイール

画像出典元:Amazon商品ページより

ロードバイクを選ぶ際にはホイールも重要です。

どのホイールが取り付けられているかによって走行性が大きく変わりますので、自分の走行シーンに合わせたホイールを選択しましょう。

ヒルクライムに特化したい方は軽量でリムの低いもの、平坦路を速く走りたい場合はリムが高く空気抵抗の少ないものを選ぶなど、その時々によって使い分けることもホイールを選ぶ楽しさです。

ペダル

▲フラットペダルはスニーカーなどでも乗ることができます。 画像出典元:Amazon商品ページより
こちらはビンディングシューズと言われる、ロードバイクを漕ぐ際に履くシューズ専用のペダル。片面しか足を置くことができません。画像出典元:Amazon商品ページより

ロードバイクは基本的にペダルは別で購入しなければなりません。

初心者の方は最初はフラットペダルを取り付けておいて、ロードバイクにある程度慣れてから必要だと感じればビンディングペダルに交換しましょう。

ビンディングペダルは慣れないと転倒する危険がありますので、使用する場合はしっかり練習してから走行しましょう。

おすすめロードバイク5選

ここまでロードバイクの選び方を初心者に向けて解説してきました。

以下では代表的なブランドと各メーカーがそれぞれラインナップしているエントリーモデルのロードバイクを5車種紹介します。

今回は男性向けのロードバイクを紹介していますので女性の方はこちらの記事を参考にロードバイクを選んでみてください。

TCR SL 2

画像出典:GIANT公式HPより
商品名 TCR SL 2
メーカー GIANT
価格(税抜) 135,000円
商品URL こちらから
カラーバリエーション カメレオンネプチューン、ブラック
特徴 世界最大の自転車メーカーであるGIANTの初心者向けエントリーモデルです。
上位グレードの技術が採用され、アルミフレームとカーボンフォークの組み合わせで頑丈で、かつ快適なサイクリングを行えます。
いずれはレースに出場したい方など、本格的にロードバイクを始めたいにもおすすめです。

cannondale CAAD Optimo 3

画像出典元:cannondale公式HPより
商品名 cannondale CAAD Optimo 3
メーカー cannondale
価格(税抜) 100,000円
URL こちらから
カラーバリエーション Black、Highlighter
特徴 cannondaleはアルミフレームに定評のあるアメリカのメーカーです。
アルミフレームのCAADシリーズは上位モデルの設計を踏襲したデザインになっていて、アルミならではの高い剛性が確保されています。またフォークをカーボン製にすることで手に伝わる振動を和らげ快適な乗り心地を実現しているにも特徴です。

MERIDA RIDE 80

画像主点元:MERIDA公式HPより
商品名 MERIDA RIDE 80
メーカー MERIDA
価格(税抜) 89,900円
URL こちらから
カラーバリエーション GLOSSY LIGHT BLUE(BLACK) 、MATT BLACK(GLOSSY BLACK)、F-RED(BLACK)
特徴 MERIDA独自の技術が詰め込まれた初心者向けのエントリーロードバイクです。
特殊形状のフレームで振動を吸収しやすく、カーボン製のフォークを組み合わせることでさらに乗り心地を向上させています。
坂を登りやすい、ワイドレシオと呼ばれるギアを採用しており、ヒルクライム (山などを自転車で登ること)でも活躍します。

Bianchi VIA NIRONE 7

画像出典元:Bianchi公式HPより
商品名 Bianchi VIA NIRONE 7
メーカー Bianchi
価格(税抜) 110,000円
URL こちらから
カラーバリエーション CK16/BLACK、BLACK/CK16
特徴 世界最古の自転車メーカーであるBianchiならではのチェレステカラーと呼ばれる水色が美しいロードバイクです。
アルミフレームとカーボンフォークの組み合わせで快適な乗り心地を実現し、Bianchiの幅広いロードバイクのラインナップの中でもコストパフォーマンスが高い初心者向けのモデルです。

TREK Domane AL 2

画出典元:TREK公式HPより
商品名 TREK Domane AL 2
メーカー TREK
価格(税抜) 85,000円
URL こちらから
カラーバリエーション Gloss Mulsanne Blue、Matte Trek Black
特徴 TREKがこれからロードバイクを始めたい方のために作ったコストパフォーマンスの高いモデルです。
ロングライド(長距離走行)時も楽な姿勢が取れるように設計され、荷物を乗せるために必要なキャリアなどもカスタマイズ可能になっています。自転車の旅をしてみたい方などにもおすすめできますよ。

自分にぴったりのロードバイクを見つけよう!

今回紹介したロードバイクの他にもたくさんのメーカーからエントリーモデルがラインナップされています。

冒頭でもご紹介した通り、初めてのロードバイクはできれば近所のお店で実物を見て、試乗車があれば実際に乗ってみてフィーリングを確かめてからの購入をおすすめします。

また、いきなり購入するのは難しいという方はレンタルから始めてみる方法がおすすめですよ。

TABIRINにはレンタサイクルについての記事もいくつかありますので参考にしてみてください。

  • この記事がいいねと思ったら
    •  0
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー