旅×自転車 記事

グラベルロードバイクとは?各パーツ毎の特徴、主流ブランドや商品

「アウトドアで自転車を使い倒したい!ただ通勤・普段使いもしたい!」

そんな欲張りな願いを叶えてくれるのがグラベルロードバイクです。

近年では自転車通勤やアウトドアブームの人気に伴い、需要が高まってきているタイプでもあります。

今回はグラベルロードバイクとはどのような自転車なのか、各パーツやブランド、商品についてご紹介しましょう。

グラベルロードバイクとは?

画像出典元:TREK公式サイトより

グラベルロードバイクとは舗装されていない砂利道や悪路を走行することも想定されたロードバイクです。

詳細は後述しますが、特徴的なのは通常のロードバイクよりも太めのタイヤ、そしてフレームの太さです。

この太めのタイヤとフレームの太さによって悪路でも走行できるようになっています。

またグラベルロードバイクは漕ぐ姿勢がアップライトなポジションになるため、走る体勢が楽になり、乗り心地も快適です。

カスタムの幅も広く、キャリアを取り付けて荷物を積んでキャンプツーリングに行くこともできます。

このようにダートな道、キャンプや旅、通勤、ちょっとした買い物など、活躍できるシーンが多く、非常に幅広い使い道があるため、初心者の方〜玄人の方までおすすめできる自転車です。

もし自転車×キャンプを楽しみたいと考えている方はTABIRINの以下の記事も参考にしてみてください。

新しく買ったグラベルロードバイクと共にMTBのような乗り方をしてみても楽しそうですよね。

幅広い使い道があり魅力たくさん!しかし重さが…

活躍できるシーンも幅広く、良いところばかりを集めたグラベルロードバイク。

しかしグラベルロードバイクにもデメリットはいくつかあります。そのひとつは「重量」です。

グラベルロードバイクは太めのタイヤが使用されており、かつ荷物の重量に耐えられるようフレームが頑丈に作られているために車体がどうしても重くなってしまいます。

また重量と関連してグラベルロードバイクは通常のロードバイクと比べて「スピード」が出にくいという特徴もあります。

タイヤやフレームが重い分、どうしてもスピードが出にくいのです。

とにかく速さにこだわる方、長距離サイクリングのみを目的としている方は通常のロードバイクに乗ることをおすすめします。

グラベルロードバイクと他の自転車との違いや特徴

画像出典元:GIANT公式サイトより

以下では通常のロードバイクとグラベルロードバイクの大きく違う点を解説します。

タイヤ

一般的にロードバイクでは23C (mm)〜30C (mm)の幅のタイヤが使われますが、グラベルロードでは28C (28mm)から47C (mm)の幅の広い、太めのタイヤが使われます。

太いタイヤは重いのでスピードは出にくいですが、空気がたくさん入る分乗り心地が良く、グラベルロードでも安定して走ることができます。また通常のロードバイクではスリックタイプ (表面がツルツルしている)のタイヤが用いられることに対して、グラベルロードバイクでは悪路を想定してブロックタイプ (たくさんの溝があり、ボコボコしている)のタイヤが用いられます。

ブレーキ

悪路も想定されたロードバイクということから、グラベルロードには多くのモデルで「ディスクブレーキ」が搭載されています。

ディスクブレーキとはホイールの中心部分を挟み込むタイプのブレーキです。オフロード走行を想定したマウンテンバイクなどに用いられていたブレーキで、制動性が高い (ストップがかけやすい)のが特徴的です。リムブレーキ (シティサイクルなどでよく見る、ホイールの外周部分を挟み込んで止めるタイプ)と比べてゴミなども詰まりにくいので、雨の日や泥の中を走行してもブレーキの効きが悪くなりにくいという特徴もあります。

ハンドル

グラベルロードバイクのハンドルにはロードバイクよりも幅の広いものが使われることが多いです。未舗装の悪路を走行したり、ハンドルバッグを取り付けることも想定されるため、ハンドル幅が広いほうがハンドリングが安定しやすく、余裕を持ってバッグを取り付けることができます。

ダボ穴

グラベルロードバイクは長距離ツーリングも想定されているため、リアキャリヤやサイクルボトルなどを取り付けることのできる穴 (ダボ穴)が開けられていることが多いです。グラベルロードの1番の魅力がこのカスタムの拡張性と積載性です。リアキャリアを積むことでバイクバッグやキャンプ用品など、サイクリングにおいて様々な楽しみ方ができるようになります。

フレームの種類

他の自転車と同様に、グラベルロードもフレームの形状や素材によって値段が変わり、フレーム毎で乗り心地も変わります。

グラベルロードバイクで主に使われる3つのフレームの素材と、乗り心地について解説していきます。

アルミ

カーボンより重量は重くなりますが、価格が安く頑丈なので自転車をこれから始めたい人におすすめです。

他の素材と比べると乗り心地は硬めですが、少々の転倒などでは破損しにくく頑丈な作りになっているため、よくグラベルロードバイクで用いられることの多いフレームです。

見た目は直線的でスポーティなものが多く、中には継ぎ目の溶接跡が目立つものもあります。

カーボン

カーボンは非常に軽量でフレーム形状に自由が利き、カーボンの種類を変えることによって硬くすることも柔らかくすることもできる万能な素材です。アルミと比べると価格が高く、耐久性は低めです。

もちろん普通に走っている分には問題ありませんが、転倒したり強い衝撃がかかったりすると目に見えない箇所が破損したりすることもあるので注意が必要です。オフロードでも軽量なカーボンフレームで快適な乗り味を楽しみたい人におすすめです。

クロモリ

クロモリというのは「クロムモリブデン」の略で、簡単に言ってしまうと「鉄」のことです。

価格はアルミやカーボンと比べると安いものが多く、重いですが非常に頑丈なので正しく扱えば数十年は乗れるのも魅力のひとつです。

クラシカルな雰囲気でおしゃれなものが多いので、オフロードを走るだけでなく街中の景色にもマッチします。

※上記は以下のサイトを参考に記述しています。
Probikeshop
きゅうべえsports
サイクルショップエイリン丸太町店
ワイズロード新宿
サイクルヨシダ

グラベルロードブランド/商品5選

一部ですが以下でおすすめグラベルロードのブランド、そしてその商品の詳細を紹介します。

GIANT「REVOLT2」

画像出典元:GIANT公式サイトより
商品名 REVOLT2
メーカー GIANT
URL こちらから
参考価格(税抜) 125,000円
カラーバリエーション トレッキンググリーン
特徴 『REVOLT2』はGIANTらしい、コストパフォーマンスに優れたアルミフレームのグラベルロードです。 フレームはアルミですがフロントフォークはカーボンなので、上半身に感じる衝撃を緩和してくれます。安価ながら快適性の高いモデルです。
商品リンク お近くのジャイアントストアより問い合わせください。

TREK「Checkpoint ALR 5」

画像出典元:TREK公式サイトより
商品名 Checkpoint ALR 5
メーカー TREK
URL こちらから
参考価格(税抜) 219,000円
カラーバリエーション ティール
商品説明 『Checkpoint ALR 5』は頑丈で軽い『Alpha アルミ』、自転車の操作性を変えてくれる『ホリゾンタルスライディングドロップアウト』など、TREKの技術が搭載されたグラベルロードバイクです。アクセサリーが取り付けやすいように設計されているので、長距離ツーリングなどでも大きく活躍してくれる一台となっています。
商品リンク お近くのトレック販売店でお求めください。(近くの店舗を探す場合はこちらの『販売店を探す』から)

CANYON「Grail CF SL 8」

画像出典元:CANYON公式サイトより
商品名 Grail CF SL 8
メーカー CANYON
URL こちらから
参考価格(税抜) 309,000円
カラーバリエーション クラウドグレー/ディスカバリーブルー
商品説明 『Grail CF SL 8』の最大の特徴はハンドルです。この小さくて緩やかで独特なハンドル形状で悪路での走行がより快適になります。またサドルも体重が分散されるような設計になっており、振動吸収にも優れています。悪路での走行が多い方やマウンテンバイクのような楽しみ方をしたい方におすすめです。
商品リンク CANYON 公式HP

Specialized「DIVERGE COMP CARBON」

画像出典元:SPECIALISED公式サイトより
商品名 DIVERGE COMP CARBON
メーカー SPECIALISED
URL こちらから
参考価格(税抜) 420,000円
カラーバリエーション グロスブレイズ スモーク クローム クリーン/サテンカーボン スモーク クローム クリーン
商品説明 『DIVERGE COMP CARBON』はスペシャライズドの振動吸収技術『Future Shock』が搭載されたグラベルロードバイクです。フレームには非常に軽量なカーボンフレームが採用されており、軽くて丈夫、オフロードの走行でも快適に走行することが可能です。
商品リンク SPECIALISED 公式HP

RALEIGH「CR-DC Carlton-DC」

画像出典元:RALEIGH公式サイトより
商品名 CR-DC Carlton-DC
メーカー RALEIGH
URL こちらから
参考価格(税抜) 118,000円
カラーバリエーション ブラウンブラック/クラブグリーン
商品説明 『CR-DC Carlton-DC』はハンドルバッグの取り付けを想定した八の字型のハンドルが標準装備された、クロモリフレームならではのクラシックな見た目と乗り心地が特徴の1台です。街乗りや通勤が中心の方、おしゃれに長期間乗りたい方におすすめです。
商品リンク RALEIGH 公式HP

グラベルロードバイクで冒険に出かけよう!

自転車でキャンプをしたい人、林道を走りたい人、ちょっとした買い物や通勤など様々な場面で活躍してくれるグラベルロードバイク 。

ロードバイクの購入を考えている方は是非本記事を参考にして自分に合った一台を見つけてみてくださいね。

もし通勤を考えている方は以下の記事も参考にしてください。

そしてグラベルロードバイクを購入したら様々な”旅”に出かけてみましょう。

当メディア・TABIRIN (たびりん)では、旅×自転車に関する様々な情報を発信していますので次回の旅のお供に使ってみてはいかがでしょうか?

  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー