旅×自転車 記事

自転車配送サービス 配送先ランキング発表!

遠方でのサイクリングなどで活躍するのが自転車配送サービスです。
手続きも簡単で、非常にスムーズに受け渡しを行うことが可能です。

今回は自転車配送サービスのご紹介、そしてシクロエクスプレスさん協力のもと、配送先ランキングTOP10をご紹介します。

果たしてサイクリストの皆さんが足繁く通う土地は一体どこなのでしょうか?

大会に出場するロードバイク乗りさんも必見の記事になっています。

自転車配送サービスとは?

自転車で旅をする際やロードバイクなどで遠方での大会に出場する際、自転車をどのようにして運ぶのか皆さん悩まれたことはありませんか?

自転車を遠くへ配送(もしくは同行)するには主に輪行や宅配便、自動車で運送する、現地でレンタルなどが考えられますが、それぞれ以下のような悩みを抱えられることがほとんどですよね。

  • 輪行⇒手軽だけど荷物もあるし自信がないなぁ。飛行機とか乗り物での配送が不安。復路もあると思うと厳しいなぁ。
  • 普通の宅配便⇒配送途中に部品が当たって壊れたりしないかなぁ。
  • 自動車で運ぶ⇒自動車のある場所まで戻ってこないといけないなぁ。駐車場あるかなぁ。
  • 現地でレンタル⇒やっぱり日頃乗りなれたマイバイクがいいしなぁ。
  • 全て自走⇒脚に自身のある方はどうぞ!

こんなときに活躍するのが、自転車配送サービスです。自動車配送サービスは、事前に指定の場所まで梱包したマイバイクを配送してもらえるサービスです。そんな自転車専用の宅配システムの「シクロエクスプレス」さんをご紹介します。

自転車運送配送(シクロエクスプレス)のサービスの流れ

シクロエクスプレス配送キット
▲配送キットです。緩衝材もたくさん入っています。(資料:シクロエクスプレスHP)

「配送サービスといっても発送が面倒そう…」と考えられている方、シクロエクスプレスさんの自転車発送手続きはいたって簡単!そしてパーツの1つ1つが高価なロードバイクなど、安心して運ぶことが可能なのです。

1. ホームページで申し込み。

2. 送られてくる段ボールに梱包(これが緩衝材も入っていて大きさもちょうどいいので、ロードバイクのフレームなども安心です)。

3. 宅配業者が自宅まで取りに来てくれるので発送。

4. 現地まで発送してくれるため、指定した会場やホテルで愛車をピックアップ。

ちなみに往復便にしておけば帰りも楽々でおすすめです。特に離島・遠方での大会やレースでは大活躍です!

自転車配送先ランキングTOP10をご紹介!

サイクリストはどの土地に足を運んでいるのでしょう?
配送先はどこの地域が多いか気になりませんか?

そこで今回はなんと、シクロエクスプレスさんの協力のもと、上位10位の配送先地域を教えていただきました!

シクロエクスプレスさん、ありがとうございます!

それではさっそくランキングを発表していきます。

第10位「福岡」

第10位「福岡」です。「福岡県センチュリーラン」が有名で、すでに43回も開催されています。その他、九州では様々な自転車イベントが開催されていますね。

第9位「富良野 美瑛」

続いて北海道が9位です。北海道といえば「GREAT EARTH北海道富良野ライド」が有名ですね。3種類のコースに分かれており、初心者の方も楽しめるので人気のイベントとなっています!

第8位「米子」

鳥取県米子市が8位にランクインです。サイクルカーニバルやトライアスロンなど数多くの大会が開催されています。

第7位「屋久島」

配送だからこそ愛車と共に景色を楽しめる屋久島。「サイクリング屋久島」&「屋久島ヒルクライム」が毎年開催されていますね。

以前TABIRINでも参加させていただきました。

【たびりんの関連記事はコチラから】

世界自然遺産・屋久島でサイクリング! ”2018サイクリング屋久島”に今年も参加してきました!

屋久島のサイクリングイベントに参加してきました!

第6位「石垣島」

またしても離島がランクインです。こちらでもトライアスロンの大会が開催されています。
長距離のサイクリングになると離島がちょうど良いフィールドになりますね。

【たびりんの関連記事はコチラから】
冬の1泊サイクリング ~LCCで行く海とグルメを楽しむ石垣島1周~

第5位「五島列島」

五島列島では「五島長崎国際トライアスロン大会」が開催されています。この大会は「バラモンキング」とも呼ばれ、開催日は五島が「バラモンキング」一色になり、住民の方も熱い声援を送ってくれるそうです。

第4位「宮崎」

ここでもまた九州地域がランクインです。レースやイベントも数多く開催されています。「ツール・ド・南みやざき」ではレンタサイクルを行っているので、自分の自転車を持っていない人とも一緒に楽しむことができます。

第3位「佐渡」

続いても離島です。「佐渡ロングライド210」やトライアスロンで有名ですね。

第2位「沖縄本島」

やはり離島が来ましたね。「ツール・ド・おきなわ」や「美ら島沖縄センチュリーラン」が有名ですね。

第1位「しまなみ海道」

言わずと知れたサイクリングの聖地であるしまなみ海道。さすが堂々の1位です!毎年10月には「瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会」も開催されており、令和元年にはナショナルサイクルルートの一つとして指定されました。まさに日本を代表するサイクリングコースといえますね。

自転車配送サービスを身近に利用して、より楽しいサイクリングを!

自転車配送サービスについては、イメージがつかめたでしょうか。

配送先ランキングについては、納得の地域から意外な地域まで様々な土地がありました。TABIRINでは、今後今回の記事のように自転車に関する様々なデータを指標化し、ランキング形式でお知らせしていきます!

なお輪行(電車や飛行機などの交通機関で自転車を運ぶこと)に興味がある方にはこちらの体験談がおススメです。


以下の記事では、フォールディングバイク(折畳み自転車)をスーツケースで持ち運んだ体験がレポートされています。

手ぶら観光・手ぶらサイクリングに興味がある方はこちらの記事もどうぞ。

  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー