旅×自転車 記事

【前編】しまなみをレンタサイクルでサイクリング おすすめコース紹介【今治サンライズ糸山からGO】

サイクリングレポート【前編】

11:30 サイクリングスタート 尾道まで70km

自転車とヘルメットを借りて、準備完了!いよいよ出発です!

本日の目的地である尾道までは約70kmのサイクリングです。楽しみですね!

▲クロスバイクとヘルメットをレンタルしました(ウェアは持参です)

サンライズ糸山から目の前にドーン!とあるのが、最初に渡る来島海峡大橋です。世界初の三連吊橋でその延長は4.1km。しまなみ海道で通過する6つの橋のうち、最も大きな橋になります。

▲1つ目の橋である来島海峡大橋(延長4.1km) 今治と大島をつなぐ

サンライズ糸山を出発すると、まずは目の前のループ橋を通って来島海峡大橋に入ります。

▲ループ橋をぐるっと回って来島海峡大橋に入ります

こちらが来島海峡大橋。高さは60mほどあり、まさに絶景です!これだけでしまなみ海道に来た甲斐がありますよ!

▲来島海峡大橋を自転車で走ります 絶景ですね

▲橋の上からは瀬戸内の美しい島々を見渡すことができます

12:05 大島 あずまやにて休憩 ここまで6km(尾道まで残り64km)

来島海峡大橋を渡ると、大島に入ります。橋から島へ下りる途中にあずまやがあり、休憩スポットになっています。ちょっとここで一息つきました。

▲大島のあずまやで休憩 ここからの景色も絶景です

▲ちゃんとバイクラックも設置されています

大島に入ると、すぐ右手に「道の駅よしうみいきいき館」が現れます。海の幸の七輪バーベキューが楽しめます。ここで食事するのもアリでしたが、今回はそのまま通過しました。

▲しまなみ海道サイクリングコースには3つの道の駅が登場します

愛媛県のサイクリングコースの特徴といえば「ブルーライン」です。これは、コースの出発地点からゴール地点まで車道上に引かれた青いラインです。

しまなみ海道の場合は、今治~尾道までのサイクリングコースが示されているので、ブルーラインに沿って走れば、尾道にたどり着けるわけです。初めての人でも分かりやすくて安心ですね!

また、コースの沿道には道案内の看板が立てられていて、周辺のおすすめスポットの情報も確認することができます。

▲ブルーラインに沿って尾道へ向かいます

12:45 石のカフェ ここまで15km(尾道まで残り55km)

しばらく大島を走ると、途中左手にステキなカフェを発見しました。

「石のカフェ」

良い雰囲気なのでちょっと休憩しました。大島の特産である大島石で作られたオシャレなカフェで食事もできます。今回はアイスクリームを食べました。

▲オシャレな佇まいの「石のカフェ」 バイクラックもあります

▲サイクリング中のアイスって本当においしいですよね

石のカフェを出発したら、二本目の橋 伯方・大島大橋はすぐそこです。その延長は約1.1km。です。

▲ファミリーで楽しむ人も沢山いました

13:15 道の駅伯方S・Cパーク ここまで21km(尾道まで残り49km)

伯方・大島大橋を渡ると、伯方島に入ります。橋から伯方島に下りると、すぐ左手に道の駅伯方S・Cパークが現れます。

今回は道の駅の中にある「マリンオアシスはかた」で昼食をとることにしました。瀬戸内といえば鯛ですよね!今回注文したのはコレ、鯛塩ラーメン(税込1,100円)。

サイクリングで失ったエネルギーと塩分を補給するのにラーメンはおススメです。

▲鯛塩ラーメン 税込1,100円

レポートは後半につづきます。お楽しみに!

後編はコチラ

【今回利用したレンタサイクル情報はコチラから】

レンタサイクル|TABIRIN

【愛媛県のサイクリングコースや関連情報はコチラから】

愛媛県の自転車・サイクリング情報まとめ|TABIRIN

【広島県のサイクリングコースや関連情報はコチラから】

広島県の自転車・サイクリング情報まとめ|TABIRIN

(執筆:クリス)

  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー