旅×自転車 記事

シェアサイクル「baybike」で横浜の定番スポットを満喫

※この記事は2018年4月6日に公開されたものを2021年5月に更新したものです。

こんにちは!
TABIRIN(たびりん)自転車部のhigeです。

今日は、おしゃれな街、横浜(みなとみらい、赤レンガ倉庫、山下公園、中華街)の欲張りコースをシェアサイクル「baybike」で散策してみましたので、ご紹介します。

みなとみらい線とは

今回のゴール地点でもある、横浜に通るみなとみらい線は横浜駅、みなとみらい駅、元町中華街駅など、ヨコハマ中心部のゴールデンルートを結ぶ鉄道。正式名称は、横浜高速鉄道みなとみらい線。

2004年2月に開通し、全長4.1km、全6駅全てが地下の鉄道で、全線東急東横線と直通運転しています。

2013年平成25年3月には、渋谷駅で、東京メトロ副都心線と相互直通運転を開始し、副都心線はすでに2008年から東武東上線と西武池袋線と相互直通運転を行っているため、埼玉、東京方面から直通でヨコハマ中心部まで一本で来ることができるようになりました!

みなとみらい線をはじめ、横浜周辺のサイクリング情報も当メディア・TABIRIN(たびりん)でどうぞ。


▲ブルーラインの整備状況

みなとみらい周辺は一部ブルーラインが整備されており、自転車でも安心して走れました。

「baybike」って?手続きはとても簡単!

今回のサイクリングで使用するのはbaybike (ベイバイク)です。

baybike (ベイバイク)は、横浜市で展開されているシェアサイクルです。借りるには事前の登録が必要ですが、スマホさえあればその場で簡単に手続きができます。

クレジットカード情報を一度登録すれば、次回からは登録したICカード(交通系ICカード/おサイフケータイ等)でも利用することができますよ。

通常のレンタサイクルとは違い、借りた場所で返却しなくても良いので、乗り捨てできるのが便利です。なお、東京都内でドコモ・バイクシェアを登録している人も、baybikeの登録は別途必要ですので、ご注意を!


また「シェアサイクルってなに?」と思った方は、以下の記事で解説していますのでご覧ください。

baybike(ベイバイク)で横浜散策スタート!

「日産グローバル社」を外から見学

▲日産 グローバル本社
▲入口には可愛らしい車が!

baybikeも借りれたので、早速サイクリングスタート!

日産グローバル社の営業は10時からということで、中には入れませんでしたが、夏休みや冬休みなどの期間には、体験型のファミリーイベントとなども開催されているようです。

みなとみらいのシンボル「横浜ランドマークタワー」

▲汽車道からみた「横浜ランドマークタワー」

次に訪れたのは横浜ランドマークタワーです。

70階建て、高さは296.33m。超高層ビルとしては2014年に開業した大阪市のあべのハルカスに次いで日本で2番目に高く、69階には展望フロア、低層部にはショッピングモールが併設されています。

平日だったので人が少なく、落ち着いていますが、週末はカップルなどが多く、デートにはおすすめの雰囲気の良いルートでした。

大観覧車「コスモクロック21」


よこはまコスモワールド内にある大観覧車は、みなとみらいの象徴的な場所の一つです。
夜は宝箱をひっくり返したような、美しい夜景を見ることができます。

パンのフェス2018

▲「パンのフェス2018」 平日にもかかわらず沢山人が集まっていました!

赤レンガ倉庫に到着すると「パンのフェス2018」にばったり遭遇。

2018年で3回目、全国の有名パン屋さんが出店するためなのか、朝から女性の方たちがたくさん来ており、長蛇の列でした。

毎年開催されているようですので、パンのフェスに立ち寄ることも視野に入れた自転車での散策工程を組むのも楽しそうですね!

▲赤レンガ倉庫から山下公園の散歩道は、自転車を降りれば通行可能となっています。

横浜ベロタクシーに遭遇!

ゆったりサイクリングしていると、ベロタクシーに遭遇!

ベロタクシーは環境にも優しく、狭い道でもスイスイ走り、電動アシスト車なので、坂道もぐんぐん登ることができます。

「バス停まで遠い」
「タクシーを呼ぶほどでもない」

そんなかゆいところに手が届く、ちょこちょこ乗りに便利です。

料金:初乗り300円/人(小学生以下 半額)
ルート:赤レンガ倉庫→象の鼻パーク→山下公園→中華街(このコースだと600円)

横浜のシンボル・マリンタワー

▲山下公園・横浜マリンタワー

次に見えてきたのはマリンタワーです。1961年に開業して今年で57年、ピーク時には年間約100万人と多くの観光客を集めていましたが、その後集客力が減少し、2006年12月に営業を終了。しかし横浜市の「マリンタワー再生事業」に基づき改修され、2009年にリニューアルオープンとなりました。高さは106mとスカイツリーやランドマークタワーと比べれば高くありませんが、こちらもの横浜の一つのシンボルとなっています。※2021年5月時点、改修工事に伴い全館一時休館となっています

YOKOHAMA MARINE TOWER | 横浜マリンタワー

山下公園の中は、自転車は降りて、押し歩きでお願いします。

横浜中華街

▲玄武門(北門)

やはり、ヨコハマでランチといえば、中華街。

大体の店は11時から、この日は平日の11時前ですが、意外と人はいっぱい。

色々な店があり、迷ってしまいます。

▲ブタまん江戸清 美味しそう!

中華街といえば、肉まんを頬張りながら食べ歩くのも楽しみ方のひとつ。
週末なら長蛇の列ですが平日ならすぐに食べれます。

今日入ったお店はこちら。

▲慶福楼

▲ランチで650円と比較的安め※2018年の情報です

ゴール終点 みなとみらい線元町・中華街駅

今日の工程は駆け足でしたが、ランチも食べて、2時間。それぞれのところで、少し散策するとしたらプラス1~2時間。

クルマで行こうとすると、駐車場を探すのは意外と面倒ですし、駐車料金もかかります。歩いても一日あれば回れますが、みなとみらい・山下公園・中華街の散策は、シェアサイクルが意外と便利かもしれません。

是非一度、訪れてみてはいかがでしょうか。

文責:HIGE

  • この記事がいいねと思ったら
    •  0
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー