旅×自転車 記事

三重県の観光は自転車がおすすめ!伊勢神宮でパワースポットを巡る旅など5つ

三重県は南北に細長く、その風土は同じ三重県でも土地によって違いがあるので、その違いを楽しむのも三重県観光の醍醐味。

今回はそんな三重県の観光スポットを自転車で巡る5つのプランをご紹介します。

運動と観光を掛け合わせた健康にも良い自転車観光、その魅力を余すことなくお伝えします。

なお観光される際には以下記事から三重県で借りられるレンタル自転車・シェアサイクルを確認してみてくださいね。

三重県自転車観光プラン特集をご紹介!

パワースポットでチャージ!伊勢満喫プラン

画像出典元:「じゃらん公式HP」より

コース概要:伊勢市駅~伊勢神宮~伊勢忍者キングダム~伊勢シーパラダイス

総距離(Googleマップ測定):17km

多くの観光客が訪れる伊勢神宮ですが、伊勢神宮がある伊勢市には他にも魅力的な観光スポットがあります。

伊勢の魅力的なエリアを楽しみながらパワーももらいつつ、走行距離片道17kmほどのコースを自転車で周遊するプランです。

パワースポット巡りが好きな方にオススメです。

伊勢神宮
画像出典元:「観光三重公式HP」より

全国各地から多くの参拝者を呼び、2019年の参拝者数はおよそ年間973万人も訪れた伊勢神宮は「お伊勢さん」と呼ばれており、日本人だけでなく外国人にも人気の観光スポットです。

日本最大のパワースポットとも呼ばれており、縁結びなど数多くの神社が存在します。

仕事運、恋愛運などなど…パワーを注入したい神社に足を運んでみましょう。

伊勢忍者キングダム
画像出典元:「ともいきの国 伊勢忍者キングダム公式HP」より

安土桃山時代を再現した観光スポットが「ともいきの国 伊勢忍者キングダム」です。

忍者アクティビティーから大岡越前のお芝居、花魁体験など、ここの施設でしか味わえない楽しみ方ができます。

施設内には伊勢地方名物の伊勢うどん、三重の地鶏である熊野地鶏を使ったラーメン、唐揚げ定食などが食べられるため、ランチの利用にもおすすめです。

伊勢シーパラダイス
画像出典元:「伊勢シーパラダイス公式HP」より

伊勢シーパラダイスは「距離感ゼロ」を合言葉に、トドやセイウチ、アザラシなどの動物と触れ合える水族館です。

施設内ではお土産屋さんや飲食店などがあり、観光を満喫できる場所がたくさんあります。

また伊勢シーパラダイスの近くには、縁結びのシンボルとして有名な夫婦岩があります。

伊勢シーパラダイスに自転車を停めて夫婦岩まで行くことも可能ですので、夫婦岩を背景に写真をとって思い出の一枚を残しても良いですね。

奇跡の清流!銚子川満喫プラン

画像出典元:「紀北町観光協会公式HP」より

コース概要:尾鷲駅~道の駅海山~馬越峠~キャンプinn海山

総距離(Googleマップ測定):15km

透明度が非常に高く、「奇跡の清流」とも呼ばれる銚子川(ちょうしがわ)。

周辺には世界遺産熊野古道の馬越峠があるなど、わずか15kmの行程の中で海・山・川の絶景が楽しめるスポットです。

こちらのプランでは熊野古道の馬越峠を廻り、銚子川に面する「キャンプinn海山」でアウトドアを楽しみます。

途中道の駅に自転車を停めて熊野古道を歩くことになりますが、難易度は低く初心者でも山の頂上を目指すことができるオススメの観光スポットですよ。

歩いた先にある360°見渡せる大パノラマの景色は圧巻ですので、ぜひ体感してみてください。

道の駅海山
画像出典元:「道の駅海山公式HP」より

1997年にオープンした道の駅海山は紀北町と国土交通省が連携して作った道の駅で、馬越峠などに行く際に自転車を停められる場所でもあります。

食堂では海の幸が堪能できるほか、インスタ映え間違いなしなホットドッグも人気です。

馬越峠に向けた補給の場所として利用するのもおすすめですよ。

馬越峠
画像出典元:「観光三重公式HP」より

世界遺産にもなった熊野古道と伊勢神宮を結ぶ熊野古道伊勢路の中で、一番美しい石畳と称されているのが馬越峠です。

馬越峠から天狗倉山へ登ることもでき、山頂から見える360度パノラマ景色の眺めは圧巻です。

熊野古道の素晴らしさが凝縮された観光スポットとなっていますので、ぜひ訪れてみてください。

キャンプinn海山
画像出典元:「キャンプinn海山公式HP」より

銚子川に面したキャンプ場として全国のキャンパーが訪れる「キャンプinn海山」は、山や川、海のアクティビティや料理が堪能できる場所です。

近くには、きいながしま古里温泉や夢古道の湯があるので自転車でかいた汗を洗い流して、市場から直送された魚介類を使ったバーベキューを楽しんでも良いでしょう。

パールロードを駆け抜ける!伊勢志摩プラン

画像出典元:「伊勢志摩観光ナビ公式HP」より

コース概要:鳥羽駅~鳥羽水族館~鳥羽展望台~志摩スペイン村

総距離(Googleマップ測定):30km

鳥羽エリアと志摩エリアを結ぶおよそ24キロの道、それがパールロードです。

元々は有料道路でしたが、2006年に全線無料化され、自転車でも走れるようになっています。

真珠の産地としても有名な伊勢志摩を象徴する道であり、自然の中を颯爽と自転車で駆け抜けるのは気持ちが良いでしょう。

鳥羽水族館

1955年に開館した鳥羽水族館はこれまでの入館者数が6000万人を超える日本屈指の水族館です。

アシカショーを始め、日本の水族館で唯一となるジュゴンの飼育、ダイオウグソクムシなどオリジナリティにあふれた展示も見ものです。

鳥羽展望台
画像出典元:「伊勢志摩国立公園 パールロード鳥羽展望台 食国蔵王公式HP」より

鳥羽展望台は太平洋を一望できるだけでなく、運が良ければ富士山や日本アルプスまで見ることができる眺望良好なスポットです。

施設内には「一度は行きたい世界&日本の絶景レストラン」(えい出版社)の中でも紹介されるほど、絶景を望みながら食事を楽しむことができるレストランもあり、一息つくにはぴったりの場所となっています。

志摩スペイン村
画像出典元:「志摩スペイン村公式HP」より

1994年に開園された志摩スペイン村はスペインをモチーフにしたテーマパークです。

最高速度時速100km、全長1km以上に及ぶジェットコースター「ピレネー」は足の踏ん張りが効かない吊り下げ型とあってスリル満点です。

また、子供も楽しめるアトラクションもたくさんありますので、子連れ家族やカップルまで人気のあるスポットとなっています。

4.有名スポットばかり!三重北部名所プラン

画像出典元:「鈴鹿サーキット公式HP」より

コース概要:四日市駅~鈴鹿サーキット~鈴鹿青少年の森〜うみてらす14

総距離(Googleマップ測定):42km

三重県南部は大自然が醍醐味のエリアですが、三重県北部は工業地域ということもあり、それをモチーフにしたテーマパークやスポットが有名です。

モーターレースファンなら誰もが知る鈴鹿サーキットを始め、工業地帯の夜景を巡る42キロの行程を走るプランとなっています。

鈴鹿サーキット
画像出典元:「鈴鹿サーキット公式HP」より

1962年にオープンした鈴鹿サーキットは、これまでにF1やSUPER GT、鈴鹿8耐などのモータースポーツの大会が開催された日本屈指のサーキット場です。

施設内の「GP RACERS」というアトラクションは、バイクのライダーがレース中に体感するスピードやコーナリングなどが再現されており、実際のレースの臨場感を体感することができます。

鈴鹿青少年の森
画像出典元:「鈴鹿青少年自然の森公式HP」より

鈴鹿青少年の森は鈴鹿サーキットの隣に位置しているジョギングやランニング、バーベキューなどが楽しめるアクティビティスポットです。

自然いっぱいの場所で広い芝生広場などがあり、遊具もあるので子供も楽しめる場所となっております。

また定期的にイベントも開催されており、「湿地帯植物観察会」や「木工教室」など、自然を生かした体験ができるのも魅力です。

うみてらす14

多くの工場が立ち並ぶ四日市港は、夜になると工場の夜景を見に来る人たちで賑わいます。

中でも四日市港ポートビルの14階にある「うみてらす14」がおすすめ。

三重県で最も高い建築物であり、最上階の14階から見える夜景はとても美しいことで有名です。

夜間開館日は閉館10分前に室内灯を消灯するので、より夜景を堪能できます。

5.滝行も楽しめる!伊賀忍者プラン

画像出典元:「忍者修行の里 赤目四十八滝公式HP」より

コース概要:伊賀上野駅~伊賀流忍者博物館~赤目四十八滝~癒しの里名張の湯

総距離(Googleマップ測定):41km

三重県の伊賀市周辺は忍者の里として知られ、町興しにも利用されています。

そこでこちらのプランは伊賀流忍者博物館〜忍者も修行に使っていたという赤目四十八滝のヒルクライム、最後は温泉でヒルクライムの疲れを癒すプランとなっています。

ちなみに赤目四十八滝にはサイクリングコースがありますが、勾配もかなり急な箇所もあるため中級者以上の方におすすめです。

伊賀流忍者博物館
画像出典元:「伊賀流忍者博物館公式HP」より

1964年に開館された伊賀流忍者博物館は伊賀流忍者の歴史に触れることができる施設です。

元々は個人の方が忍者屋敷として開設されましたが、その後規模を拡大させていき三重県が博物館として認定した施設でもあります。

赤目四十八滝
画像出典元:「忍者修行の里 赤目四十八滝公式HP」より

山岳信仰の聖地である赤目四十八滝は奈良時代から仏教徒の修行場として利用されてきました。(※諸説ありますが、この滝で忍者が修行を行っていたという話もあります。)

千手滝(せんじゅだき)や琵琶滝(びわだき)、布曳滝(ぬのびきだき)、霊蛇滝(れいじゃだき)など様々な高さ、幅の滝を見ることができます。それぞれの滝によって表情なども全く違うので是非実際に足を運んで見比べてみると良いでしょう。

癒しの里名張の湯
画像出典元:「癒しの里名張の湯公式HP」より

癒しの里名張の湯は、天然温泉や岩盤浴などが楽しめるスーパー銭湯です。

温泉の種類の中には炭酸泉があり、疲労回復にもつながります。

赤目四十八滝を自転車で駆け上がり、その後下ってきたライダーの疲れを癒してくれるスポットです。

自然にもアトラクションにも恵まれた三重県を観光しよう!

三重県には熊野古道や伊勢志摩など自然の名所がたくさんある一方、志摩スペイン村や鈴鹿サーキットなどの観光スポットにも恵まれています。

海の幸を求めて伊勢志摩を巡るもよし、パワースポットを巡るために伊勢神宮へ行くもよし、四日市の工場の夜景を見て回るなど、様々な楽しみ方ができるのも三重県ならではと言えるでしょう。

今回ご紹介したプランを軸にして、無理のない形で走れるプランに組み替えて自転車で観光するのもオススメですよ。

その際はTABIRINのサイクリングに便利な『旅×自転車情報』、全国のサイクリングコースを検索できる『コース・マップ検索』『都道府県検索』も参考にしてみてくださいね。

  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー