旅×自転車 記事

石川県を観光するなら自転車がおすすめ!兼六園や金沢城を巡るプランなど5つ

石川と言えば兼六園、金沢城などを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

上記の有名どころ以外にも加賀藩とともに歩んできた歴史を満喫できる観光地や自然に触れられる場所や温泉地など、おすすめスポットが満載です。

そんな石川県は歩いて散策も楽しいですが、自転車でサイクリングしながら観光するのもおすすめです。

そこでこの記事では、石川県の魅力を存分に楽しめる観光スポットをまとめた、自転車で楽しめる5つのプランをご紹介します。

※自転車で観光する場合の距離設定や速度の目安は、以下の記事を参考にしてください。

石川県おすすめ観光プラン特集

歴史好き女子におすすめ!金沢の歴史とアートを満喫するプラン

画像出典元:「石川県観光連盟」より

コース概要:金沢駅〜兼六園~金沢21世紀美術館~金沢城公園~金沢駅(約5.6Km)

日本三大庭園の兼六園、金沢21世紀美術館、金沢城公園を巡る歴史とアートを五感で味わうことができるプランです。

金沢を代表する人気スポットを詰め込んだポタリング旅を楽しめます。

初心者の方や、久しぶりに自転車に乗りたい方でも石川県の中でも人気の金沢エリアを充分満喫することができますよ。

日本三大庭園の一つ!兼六園

日本三大庭園の一つに数えられる回遊式庭園です。

加賀藩により江戸時代に作られた園内は、10万平方メートル以上の敷地を誇ります。

滝や池、曲水が巡らせてあり、四季折々の景色を味わうことができますよ。

園内の甘味処や食事処で腹ごしらえをしつつ、のんびりと園内を散策するのもおすすめです。

五感でアートを楽しむ~金沢21世紀美術館

「まちに開かれた公園のような美術館」をコンセプトに設計された21世紀美術館。

総ガラス張りの外観となっており、自然と一体化したこの美術館はアーティストや画家、アートを知らない方も楽しめるスポットです。

中でも上記の画像のレアンドロ・エルリッヒ作「スイミング・プール」という作品が有名で、地上と地下の人がプールを通して出会うロジックを五感で楽しむことができます。

栄華を極めた加賀藩の歴史~金沢城公園

金沢城公園は、加賀藩が建てた金沢城の城跡を整備してつくられた公園です。

園内には国の重要文化財に指定された歴史的建造物が数多く残っており、石川門、三十間長屋、鶴丸倉庫など見どころ満載です。

歴史好きにはたまらない観光地ですね。

週末は夜間も開園しており、昼間とは違った歴史空間に浸ることができるので朝と夜の両方を楽しめるのも特徴です。

グルメ好きにはたまらない~金沢食べ歩きプラン

コース概要:金沢駅〜近江町市場~ひがし茶屋街~妙立寺~金沢駅(約8.3Km)

石川県を代表する金沢のグルメスポットを巡る旅です。

まずは近江町市場で活気に溢れた朝市を楽しみ、続くカフェや食べ歩きスポットが満載のひがし茶屋街で街並みを堪能しながらのんびりとくつろぎます。

最後は妙立寺で忍者屋敷を楽しむことで思い出に残る旅になるでしょう。

日本海の幸を味わおう~近江町市場
画像出典元:「石川県観光連盟」より

近江町市場は1721年より約300年に渡り、たくさんの地元の人々が訪れる市場です。

約180もの店舗が狭い路地を挟んで立ち並び、日本海の魚介類をはじめ、地元で育まれた野菜、果物などが揃っています。

中でも「近江町いちば館」の飲食店街で日本海の幸を味わうことができるのでグルメの方にもおすすめです。

食べ歩きスポットが満載!ひがし茶屋街
画像出典元:「石川県観光連盟」より

『ひがし茶屋街』は江戸時代の風情を残す古い街並みで、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

和菓子、カフェなどのグルメスポットが充実しており食べ歩きが好きな方にはうってつけのスポットです。

特に茶屋建築「懐華樓(かいかろう)」は、金箔でできた畳の茶室や輪島塗で装飾された階段など一見の価値があります。

また金沢ではその金箔を使ったアイスクリームも大人気。

茶屋町を背景に金箔アイスと写真を撮れば、インスタ映えすること間違いなしですね。

まるで忍者の世界!妙立寺
画像出典元:「妙立寺公式HP」より

妙立寺は1643年に加賀藩によって創建されたお寺です。

別名「忍者寺」と呼ばれ、賽銭箱が落とし穴に変わったり、隠し階段、隠し扉など時代劇で見るような忍者の仕掛けがたくさんのお寺です。

ガイドの方にからくりのタネを聞きながら忍者屋敷の世界を楽しみましょう!

うさぎに癒される~加賀百万石の旅

コース概要:加賀温泉駅〜月うさぎの里~中谷宇吉郎 雪の科学館~浮御堂(約22.9Km)

このプランは、加賀市の癒しスポットを詰め込んだプランです。

まずは月うさぎの里で50匹ものうさぎたちに癒された後は、雪の科学館で神秘的な雪の情景に触れましょう。

最後に浮御堂で、温泉街に浮かぶ幻想的な風景を写真におさめて旅を締めくくります。心も体も癒されるプランとなっています。

かわいいうさぎに癒されよう~月うさぎの里
画像出典元:「月うさぎの里公式HP」より

月うさぎの里は愛らしいうさぎと触れ合える、癒し要素満載のテーマパークです。

約50匹のうさぎがお出迎えしてくれるので、日頃の疲れを忘れて癒されること間違いありません。

園内の雑貨屋やカフェでショッピングやティータイムを楽しむこともできるので、ストレス解消にはぴったりですね。

また「焼きたてパイ作り体験」や「手作りおまんじゅう体験」などのアクティビティも充実しています。

うさぎと触れ合って癒された後は、体験コーナーで日頃できないことをしてみるのもオススメですよ。

神秘的な雪の魅力に触れる~中谷宇吉郎 雪の科学館
画像出典元:「石川県観光連盟」より

中谷宇吉郎の雪の科学館は、雪と氷にまつわる様々な展示があり、「雪と氷の実験室」では雪や氷を作る事が出来る体験型の施設となっています。

この施設の創設者である中谷宇吉郎博士は世界で初めて人工的な雪の結晶を作ったことでも有名です。

館内ではダイヤモンドダストの再現、氷のペンダント作りなどのコーナーがあり、雪や氷について体験しながら学ぶことができます。

併設されたカフェで、柴山潟と白山連峰を眺めながらのんびりと過ごすのもおすすめです。

幻想的な撮影スポット~浮御堂(うきうき弁天)
画像出典元:「KAGA旅まちネット公式HP」より

浮御堂は、柴山潟に建ち、弁財天と龍神が祀られているお堂です。
湖に浮かんでいるように見えるので別名「うきうき弁天」の名で親しまれています。

夜になると大噴水とライトアップにより、温泉街が幻想的な雰囲気に変わります。

撮影スポットとしても人気なので、浮御堂を背景に写真を撮って思い出に残しましょう。

海鮮を堪能したあとはリフレッシュ~日本海の幸プラン

画像出典元:「石川県観光連盟」より

コース概要:和倉温泉駅〜のとじま水族館~道の駅 能登食祭市場~和倉温泉(約40.6Km)

撮影スポット満載の、のとじま水族館で海の生き物たちに癒されたあとは能登食祭市場で腹ごしらえをします。

お腹もいっぱいになったところで旅を締めくくるのは和倉温泉。

自然に囲まれた温泉で心も体も満たされる、自転車で走りごたえのあるプランとなっています。



のとじま水族館
画像出典元:「石川県観光連盟」より

のとじま水族館は約4万点の海の生き物を展示している水族館です。

館内では能登半島を回遊する魚たちの生態系を学ぶことができ、ジンベイザメやイルカ、アシカショーも人気です。

他にもマダイの音と光のファンタジアやペンギンの散歩など、魅力満載で一日中楽しむことができるスポットとなっています。

道の駅 能登食祭市場
画像出典元:「道の駅 能登食祭市場公式HP」より

能登食祭市場は七尾港にある倉庫を改築してできた人気のグルメスポットです。

1階には「能登生鮮市場」「里山里海小路」「里乃蔵」があり、新鮮な魚介類や野菜が市場で売られています。

中でも「浜焼きコーナー」は老若男女に大人気。

また2階の「能登グルメ館」では能登の旬の味覚をゆっくりと味わうことができるので、自転車で疲れた体にもぴったりの場所です。

能登半島最大の湯どころでのんびり~和倉温泉
画像出典元:「石川県観光連盟」より

約1200年前から続く能登半島最大の温泉地です。

日本でも珍しい「海の温泉」が湧き出る場所で、一説によると「一羽のシラサギによって湯脈が発見された」とも言い伝えられている面白い温泉です。

七尾湾と能登島を望みながら、のんびりと疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

「美肌効果」や「保湿効果」のある温泉もありますので、女性にもおすすめですよ。

朝活女子におすすめ~千枚田の絶景プラン

画像出典元:「輪島市観光協会公式HP」より

コース概要:道の駅輪島〜輪島朝市~白米千枚田~輪島キリコ会館(約22.3Km)

このプランは早起きして石川県の朝活を楽しむプランです。輪島の朝市で地元の新鮮な食材を堪能した後は、日本初の世界農業遺産に選ばれた白米千枚田の絶景を楽しみましょう。

最後は古くから能登の人々に愛されてきたキリコを担いで輪島の旅を締めくくります。


地元の海鮮を楽しめる〜輪島朝市

画像出典元:「輪島朝市組合公式HP」より

1000年以上に渡り輪島の人々の食を支えてきた輪島朝市は、日本三大朝市の一つに数えられています。

200以上の露店が立ち並び、新鮮な魚介類をはじめ、野菜や工芸品などの買い物を楽しむことができます。

開催時間は8時〜12時となっているので、輪島朝市の新鮮な海鮮を朝ごはんに、昼から観光のためにしっかりと体力をつけておきましょう。

絶景の棚田に癒される~白米千枚田(しろよねせんまいだ)

画像出典元:「輪島市観光協会公式HP」より

白米千枚田は日本初の世界農業遺産に選ばれた棚田です。

1,000枚以上の田んぼが急斜面にひしめき合っており、昔ながらの手作業で作られた棚田米は絶品と言われています。

10月から3月にかけてイルミネーションイベントが開催されているので、この季節に合わせて訪れるのもオススメです!

キリコ祭りの雰囲気を堪能!〜輪島キリコ会館

画像出典元:「輪島キリコ会館公式HP」より

輪島キリコ会館能登はキリコ祭りの雰囲気を楽しめる会館です。

館内には、疫病退散の願いが込められたキリコの数々が展示されています。

祭りの雰囲気を味わいながら、旅を締めくくりましょう。

石川県の観光スポットは魅力がいっぱい!自転車で歴史と海の幸を堪能しよう

この記事では、金沢駅周辺をポタリングでのんびり楽しむコースから、大自然を満喫できるプラン、温泉に入るプランなど石川県の魅力を満喫できる5つのサイクリングプランをご紹介しました。

観光メインのプランばかりなので、女性やサイクリング初心者の方でも楽しめる、自転車観光プランとなっています。

石川県が日本海に面した石川県は独自の文化が発展しており、栄華を極めた加賀藩とともに歩んできた歴史を肌で感じることができますので、石川県を観光される際にはぜひこの記事をご活用ください。

またTABIRINではサイクリングに便利な『旅×自転車情報』、地域のコースを検索できる『コース・マップ検索』『都道府県検索』機能があります。是非旅のお供に活用してみてください。

  • この記事がいいねと思ったら
    •  0
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • サイクリングレポート(記事下部)
    サイクリングレポート(記事下部)
    編集部おすすめ
    ランキング