旅×自転車 記事

スポーツ (主にサイクリング)におすすめなスマートウォッチ20選【2020年】

スマートウォッチを装着することで、時刻はもちろんのこと、スポーツやサイクリングをする上で知っておきたい情報を把握することが可能になります。

今回の記事ではスマートウォッチの機能を簡単に紹介しつつ、おすすめのスマートウォッチのブランド/商品についてご紹介します。

サイクリング中、スマートウォッチはこんな時に活躍する!

時刻以外に、サイクリストにとってスマートウォッチの具体的なメリットをご紹介します。

1. 位置情報が分かる

まず1つ目は、位置情報です。サイクリングをしていると、どこを走ったのか、どれだけ走ったのかが気になりますよね。GPS機能がついているスマートウォッチであれば、位置情報が出るのでトレーニングなどにも活用できます。

2. より細かく健康管理が可能

2つ目は健康管理です。スマートウォッチで心拍数や消費カロリーが計測できるので、負荷のかけ方が自分にマッチしているか、どれだけダイエット効果があるのかがわかります。

3. 決済が楽

スマートウォッチの中には決済機能がついたものもあります。

サイクリング中、飲み物や補給食を購入する場合などでコンビニを活用するサイクリストは多いですよね。この時、スマートウォッチの決済機能を使えば、バッグから財布や小銭を取り出すことなくスムーズに商品を購入することが可能になります。

4. 天気の確認も可能

スマートウォッチの中には天気の表示をしてくれるアプリを入れることができるものもあるため、サイクリング中の雨などの突然の天候の変化などが事前に分かるため安心です。

またその他、サイクリング中以外にもメールや通話、音楽機能など、普段の生活をより便利にしてくれるような機能が備わっています。

サイクリング時に活躍する、スマートウォッチおすすめブランド/商品20選

Apple(アップル)

iPhone、MacBookなどパソコンやスマートフォン製品が有名なAppleですが、Apple Watchはスマートウォッチ市場シェアNo. 1となっています。(※日本経済新聞より)

都度製品はバージョンアップされていますが、スマートウォッチの装着が初めての方には比較的安価で購入できる1~2つ前のバージョンを購入するのがおすすめです。

『Apple Watch Series 3 GPSモデル 38mm』
画像出典元:『Apple(アップル)』公式HPより
商品名 Apple Watch Series 3 GPSモデル 38mm
メーカー Apple(アップル)
商品URL こちらから
参考価格(税込) 21,780円
特徴 『Apple Watch Series 3 GPSモデル 38mm』は、毎日の消費カロリー、運動量などを”リング”で表示してくれます。またサイクリストにとってはワークアウトアプリを使用することで、走行時間、心拍数、平均速度、高度、ルートなどが分かるようになります。
「マップ」を使用することで経路案内アプリも使えるため、目的地を事前に設定すれば、行き先を案内してくれます。
商品リンク Amazon
『Apple Watch Series 5 GPSモデル 40mm』
画像出典元:『Apple(アップル)』公式HPより
商品名 Apple Watch Series 5 GPSモデル 40mm
メーカー Apple(アップル)
商品URL こちらから
参考価格(税込) 40,150円
特徴 『Apple Watch Series 5 GPSモデル 40mm』は、前のシリーズに比べ、より画面が大きくなったことで情報が見やすくなっているのが特徴です。常時点灯が行えるようになったことで、常に文字盤の情報がチェックできるようになったのも嬉しいポイントです。
商品リンク Amazon

TABIRINではアップルウォッチについてのレビュー/紹介を行なっています。以下の記事もご覧ください。

HUAWEI(ファーウェイ)

HUAWEI(ファーウェイ)はスマートフォン、タブレット、PCを開発・販売する中国のメーカーです。

『HUAWEI WATCH GT』
画像出典元:『HUAWEI(ファーウェイ)』公式HPより
商品名 HUAWEI WATCH GT
メーカー HUAWEI(ファーウェイ)
商品URL こちらから
参考価格(税込) 15,900円
特徴 『HUAWEI WATCH GT』は、普段使いをしながらでもバッテリーが2週間 (ファーウェイラボ調べ)持続する、スマートウォッチです。普段の心拍数の計測、管理が行えるため、サイクリング以外での健康管理にも最適です。
なおコーチング機能もついているため、メリハリをつけたトレーニングが行えます。
商品リンク Amazon
楽天
『HUAWEI Watch GT2e』
画像出典元:『HUAWEI(ファーウェイ)』公式HPより
商品名 HUAWEI Watch GT2e
メーカー HUAWEI(ファーウェイ)
商品URL こちらから
参考価格(税込) 21,700円
特徴 『HUAWEI Watch GT2e』は文字盤が大きいため、心拍数、平均速度、消費カロリーなどをチェックしやすいスマートウォッチです。
アプリでは、どこを走ったのかが地図上で分かるだけでなく、どの区間で速かったかなど、負荷のかかり方がわかりやすいのも魅力的です。
商品リンク Amazon
楽天

GARMIN(ガーミン)

アメリカで創業されたGARMIN(ガーミン)は、GPSの関連機器を開発してきたメーカーです。ツールドフランスに出場するチームとの共同開発なども行っています。

『vívoactive 4 Shadow』
画像出典元:『GARMIN(ガーミン)』公式HPより
商品名 vívoactive 4 Shadow
メーカー GARMIN(ガーミン)
商品URL こちらから
参考価格(税込) 43,780円
特徴 『vívoactive 4 Shadow』は水分摂取量、呼吸、睡眠、ストレスなどの状況を可視化できる、ライフログ機能を搭載したスマートウォッチです。24時間装着できるように、防水性が高いのも特徴です。
決済機能も備わっているので、Suicaなどで買い物をすることも可能です。
商品リンク Amazon
楽天
『vívomove 3S/emmi』
画像出典元:『GARMIN(ガーミン)』公式HPより
商品名 vívomove 3S/emmi
メーカー GARMIN(ガーミン)
商品URL こちらから
参考価格(税込) 28,000円
特徴 『vívomove 3S/emmi』は、女性向けファッションブランドemmi(エミ)とコラボレーションしたスマートウォッチです。アナログ時計を採用しており、スーツやカジュアルな服装にも合わせやすいデザインになっています。
商品リンク Amazon
楽天

SUUNTO(スント)

フィンランドにあるSUUNTO(スント)は精密機器メーカーで、1932年に液体封入型のコンパスを発明した会社です。これまでの開発してきた技術を応用し、スマートウォッチも開発されています。

『SUUNTO 5』
画像出典元:『SUUNTO(スント)』公式HPより
商品名 SUUNTO 5
メーカー SUUNTO(スント)
商品URL こちらから
参考価格(税込) 33,110円
特徴 『SUUNTO 5』は、スポーツ別にトレーニングの進捗管理、目標を設定できるスマートウォッチです。ストレスレベルも計測を行うため、無理な運動をしていないかなどをチェックすることが可能です。またバッテリーの持ちがよく、GPSを使う場合でも20時間以上持つため、充電頻度を抑えることもできます。
商品リンク Amazon
楽天
『SUUNTO 7』
画像出典元:『SUUNTO(スント)』公式HPより
商品名 SUUNTO 7
メーカー SUUNTO(スント)
商品URL こちらから
参考価格(税込) 64,900円
特徴 『SUUNTO 7』は、スマートウォッチ向けに設計されたWear OS by Google™が搭載され、LINEなどの通知を受け取れるようになっています。
またオフライン地図という機能があり、出発地と到着地を設定すれば自動でルートを作成できるので、初めての場所でサイクリングをする場合にもおすすめです。
商品リンク Amazon
楽天

POLAR(ポラール)

世界で初めてワイヤレス心拍数モニターを開発したことでも知られるPOLAR(ポラール)。スポーツトレーニングで用いる機械などを製造販売しており、スマートウォッチの分野でも多くの商品を開発しています。

『Polar Vantage V』
画像出典元:『POLAR(ポラール)』公式HPより
商品名 Polar Vantage V
メーカー POLAR(ポラール)
商品URL こちらから
参考価格(税込) 76,780円
特徴 『Polar Vantage V』は、体重や身長などを入力し、心拍数などを計測した上で正確な消費カロリーを教えてくれるスマートウォッチです。
トレーニング効果が分かるほか、夜間にどれだけ回復したのか、睡眠の質の分析なども行ってくれます。
商品リンク Amazon
楽天
『Polar Grit X』
画像出典元:『POLAR(ポラール)』公式HPより
商品名 Polar Grit X
メーカー POLAR(ポラール)
商品URL こちらから
参考価格(税込) 65,780円
特徴 『Polar Grit X』は、極端な温度変化、落下などにも対応する、耐久性の高いスマートウォッチです。事前にルートを計画して同期を行うことにより、リアルタイムでのルート確認が行えます。
専用のアプリを使用することで、トレーニングの計画を立てて進捗状況の確認も可能です。
商品リンク Amazon
楽天

Samsung(サムスン)

スマートフォンのGalaxyシリーズでも知られるSamsung(サムスン)。

丸型や長方形型などのスマートウォッチが特徴的です。

『Galaxy Gear Fit2 Pro』
画像出典元:『Galaxy(ギャラクシー)』商品公式HPより
商品名 Galaxy Gear Fit2 Pro
メーカー Samsung(サムスン)
商品URL こちらから
参考価格(税込) 26,950円
特徴 『Galaxy Gear Fit2 Pro』はサイクリングだけでなく、テニスなども含めて17種類のフィットネスデータから運動のデータを検知してくれるスマートウォッチです。そのためジムだけでなく、趣味で様々な運動にチャレンジしてみたい方におすすめです。iPhoneやAndroidなど、対応している機種が多いのも特徴です。
商品リンク Amazon
楽天
『Galaxy Watch Active2』
画像出典元:『Galaxy(ギャラクシー)』商品公式HPより
商品名 Galaxy Watch Active2
メーカー Samsung(サムスン)
商品URL こちらから
参考価格(税込) 36,212円
特徴 『Galaxy Watch Active2』は、着ている洋服を撮影することで、洋服にマッチしたウォッチフェイスにカスタマイズできるスマートウォッチです。デザイン面だけでなく、消費カロリーなどの運動の記録、メンタル部分をサポートしてくれるストレスレベル管理機能なども搭載されています。
商品リンク Amazon
楽天

シャオミ(Xiaomi)

中国におけるスマホシェア1位になるなど、中国で人気のメーカーです。スマート家電などの開発なども積極的に行っています。

『Miスマートバンド4』
画像出典元:『Xiaomi(シャオミ)』公式HPより
商品名 Miスマートバンド4
メーカー Xiaomi(シャオミ)
商品URL こちらから
参考価格(税込) 3,839円
特徴 『Miスマートバンド4』は、1回の充電でバッテリーの持ちが最大20日と稼働時間が魅力のスマートウォッチです。今回ご紹介した他のスマートウォッチと比べても安い値段でありながら、24時間の心拍数モニタリングなど、スマートウォッチとしての機能は確保されています。
商品リンク Amazon
楽天
『Miスマートバンド5』
画像出典元:『Xiaomi(シャオミ)』公式HPより
商品名 Miスマートバンド5
メーカー Xiaomi(シャオミ)
商品URL こちらから
参考価格(税込) 5,980円
特徴 『Miスマートバンド5』は、Miスマートバンド4の後継機として2020年夏ごろに発売された商品です。画面のサイズは0.95インチから1.1インチと20%も大きくなっており、視認性が高まっています。スマートウォッチを通じて遠隔でスマートフォンから写真撮影をすることが可能になっているため、ゴール地点の眺めの良い景色と一緒に写真を撮っても良さそうですね。
商品リンク 楽天

SONY(ソニー)

スマートフォンや家電製品など幅広い製品を開発しているSONY(ソニー)からもスマートウォッチの開発が行われています。

『wena wrist active WA-01A/B』
画像出典元:『wena』商品公式HPより
商品名 wena wrist active WA-01A/B
メーカー SONY(ソニー)
商品URL こちらから
参考価格(税込) 32,868円
特徴 『wena wrist active WA-01A/B』はヘッド部分を取り替えることができるため、様々なシーンで装着できるスマートウォッチです。(ヘッド部分を取り替えた場合はスマートバンドになります)GPSや光学式心拍センサーがついており、距離や平均速度、心拍数などを計測し、可視化させられるなど、サイクリングでも使える機能を備えています。またバンドの裏部分には溝ができており、汗をかいてバンドが肌につき、不快感を感じないような構造になっています。
商品リンク Amazon
楽天
『wena wrist pro』
画像出典元:『wena』商品公式HPより
商品名 wena wrist pro
メーカー SONY(ソニー)
商品URL こちらから
参考価格(税込) 34,521円
特徴 『wena wrist pro』は、有機ELディスプレイを採用し、できる限り本体を薄くし、初代機種に比べて25%も体積が削減されたスマートウォッチです。腕時計の文字盤とバンド部分がそれぞれ独立しているため、好きなデザインでカスタマイズすることが可能です。電子マネー機能、通知機能だけでなく、活動ログ機能など、これまでの機能を維持しつつ、よりすっきりとしたデザインになっています。
商品リンク Amazon
楽天

CASIO(カシオ)

G-SHOCKなどで知られる腕時計メーカーのCASIO(カシオ)はスマートウォッチの分野にも進出しています。

『WSD-F30』
画像出典元:『PRO TREK Smart』商品公式HPより
商品名 WSD-F30
メーカー CASIO(カシオ)
商品URL こちらから
参考価格(税込) 49,551円
特徴 『WSD-F30』は、アメリカ国防総省が制定した耐久試験に準拠した、アウトドアでの使用を想定したタフなスマートウォッチです。時計自体にGPS機能があるため、スマートフォンがなくても現在地が分かり、かつ電波の届かないところでも現在地が表示されます。
画面には有機ELディスプレイが採用され、より鮮やかに地図データを示してくれる他、モノクロ液晶も採用しているため、GPSなどを使わず時計として使いたい場合にも対応しています。
商品リンク Amazon
楽天
『WSD-F21HR』
画像出典元:『PRO TREK Smart』商品公式HPより
商品名 WSD-F21HR
メーカー CASIO(カシオ)
商品URL こちらから
参考価格(税込) 45,000円
特徴 『WSD-F21HR』は、過去に走行したルートを時計に取り込むことで、簡単なナビゲーション機能も行えるスマートウォッチです。
また光学式センサーが体内の血流量を感知して、おおよその心拍数を測定し、負荷のかかり方なども示してくれます。
商品リンク Amazon
楽天

CITIZEN(シチズン)

腕時計の機械体の生産量は世界1位、日本を代表するメーカーの1つであるCITIZEN(シチズン)。日本のメーカーが続々とスマートウォッチに参入する中で、シチズンもまたその流れに乗り、毎年新しいスマートウォッチを発売しています。

『Eco-Drive Riiive BZ7015-03E』
画像出典元:『CITIZEN(シチズン)』公式HPより
商品名 Eco-Drive Riiive BZ7015-03E
メーカー CITIZEN(シチズン)
商品URL こちらから
参考価格(税込) 49,500円
特徴 『Eco-Drive Riiive  BZ7015-03E』は、時計の針をメーターとして機能させるなど、ユーザーで機能をカスタマイズできる他、デザイン性に優れたスマートウォッチです。
太陽光で発電できるため、どれだけ発電したのかをチェックできる他、どこで時計が光を浴びたのかを地図上で示せるなど、その日の行動履歴がわかるようになっています。カラーバリエーションもブラック、ブルー、ブラウンの3色があり、自分の好みにあった色を選べるのも嬉しいですね。
商品リンク Amazon
楽天

FOSSIL(フォッシル)

FOSSIL(フォッシル)は時計や洋服など、ファッションなどを手がけるアメリカのメーカーです。カジュアルな服装にも合わせやすいスマートウォッチなどを販売しています。

スポーツスマートウォッチ
画像出典元:『FOSSIL(フォッシル)』Amazon商品ページより
商品名 スポーツスマートウォッチ
メーカー FOSSIL(フォッシル)
商品URL こちらから
参考価格(税込) 22,500円(Amazon)
特徴 『スポーツスマートウォッチ』はサイクリングなどで使用する際に便利なGPSや心拍センサーなどの機能を兼ね備えつつも、7色のカラーバリエーションが用意されており、バンドも好きな色にカスタマイズできるスマートウォッチ です。ファッションに合わせやすいため、通勤や通学などを中心に自転車を利用されている方におすすめです。
商品リンク Amazon

スマートウォッチで、楽しく、健康的なサイクリングを!

スマートウォッチを装着することで、サイクリングを効果的に行える上に、体調管理を行うことも可能です。

「そろそろ健康を気にして…」

「ダイエットのために運動を…」

といったこれからスポーツを始める方など、スマートウォッチは強い味方となります。

スマホメーカー、時計メーカー、家電メーカーなど様々な業種のメーカーから販売されているため、ご自分のスマートフォンや運動目的、運動する種類によって比較検討をして、自分に合ったスマートウォッチを選びましょう。

そしてこれから運動のためにサイクリングを考えられている方、是非TABIRINの記事を読んで、早速自転車通勤やサイクリングの準備をしてみてはいかがでしょうか?

  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー