旅×自転車 記事

ロードバイクの盗難対策~ロックの方法からGPS追跡機能まで~

警視庁の平成30年の刑法犯に関する統計資料によると、自転車盗難の認知件数、検挙件数等は減ってはいるものの、高価なロードバイクや自転車に乗っている方にとっては盗難対策は気が抜けない問題ですはないでしょうか。

そこで今回はロードバイクの盗難対策について詳しく解説していきます。まずはなぜロードバイクは盗まれやすいのか、その原因を考察してみましょう。

ロードバイクが盗まれやすい要因とは?

ロードバイクは高価で軽い

近年の自転車盗難は事情が異なり、ちょっとした出来心や、歩く事が面倒くさいから自転車を盗むという程度ではなく、意図的に自転車、特にロードバイクを狙う事件も多発しています。

単純にロードバイクに乗る人が増えているという背景もありますが、ロードバイクの存在が一般的になり、それに比例してロードバイクは価値があるものだという事実が周知されてきているのです。

さらにロードバイクの魅力であるその軽さも、盗まれやすい要素となっています。片手で軽々と持ち上げることができるという特徴柄、窃盗犯は簡単に持ち運び、時には軽々と車に積み込むことができるのです。

以前TABIRINでは「自転車盗難の8つの傾向について分析してみた!こんなケースは要注意!」と題して、twitter等より収集した直近の自転車盗難情報100件を元に盗難される自転車の特徴や曜日について分析してみました。ぜひそちらの記事も参考にしてみてくださいね。

ネットの発展によって転売しやすい環境が整ってきた

盗まれたロードバイクがインターネットのフリマサイトやオークションで転売されるケースも目立ちます。しかも、ホイールやフレームを分解されて別々に売られている事もあるため、どのようなルートで出品されているのか、探るのも困難です。

もちろんロードバイクを盗んで自分で乗っている窃盗犯もいるのは間違いありませんが、このように盗んだものを気軽に転売できる環境も、ロードバイクの盗難多発に拍車をかけています。

このような現状を考えると、ロードバイクを保有している方々は、以前より厳密な盗難防止対策を取っていく必要があります。

自転車 (ロードバイク)のベストな保管場所とは?シーン別、盗難対策をご紹介!

警視庁が発表したデータによると、自転車が盗難に遭う場所は、住宅42.1%、道路上25.9%、駐車場と駐輪場25.2%となっており、自宅での盗難対策はとても重要なものであることがわかります。

警視庁HP:自転車盗の発生状況(平成30年中)

ベストは屋内で保管

盗難対策のために最適でかつ安心なのは屋内での保管です。これからロードバイクを購入する予定の方は、購入前に住居内のスペースを考慮し、屋内保管用のラックなどで保存すると良いでしょう。

屋外で保存する場合の注意点

どうしても家の中にロードバイクを入れることができない場合は屋外に置いておくことになります。その際は家の裏手など、通りから見えない場所を選びましょう。施錠は自転車をワイヤーなどでフェンスや標識等、地面にコンクリートやアスファルトで固定されているものにロックする、「地球ロック」で確実に行います。

ロードバイクはホイールを簡単に外せるため、この際ホイールではなく、フレームをロックしておくことに注意します。

できればダブルロックと呼ばれる、ワイヤー式とU字型を併用する方法を用いると良いでしょう。ワイヤーはホイールとフレームを一緒に巻きつけるようにロック、U字型でフレームをロックします。なお、地球ロックをする際は禁止する表示がないか、交通の妨げにならないかなど、マナーとルールを守ってロックしましょう。

路上で保管・駐輪する場合

続けて出かけ先での盗難防止対策を紹介します。出かけた先で路上に停める際、一番の敵は油断です。

「これぐらいでいっか」とロックや盗難防止対策を怠ると痛い目を見ることになります。

上記の「屋外での注意点」と同様に、少々時間をかけてでも、なるべく人の目につきやすい場所を避けましょう。また全く人がいないと判断していて駐輪した場所でも地球ロックは確実に行います。

繰り返しになりますが、ホイールではなく、フレームをロックするのを忘れずに。

念のため防犯アラームやGPS追跡機能を装備

窃盗犯はワイヤー式の鍵を切断するワイヤーカッターを使うこともあります。念入りに施錠しても盗難に遭ってしまう危険性はゼロではありません。

最近では「AlterLock(オルターロック)」のようにスマートフォンと連動させることができる自転車専用の盗難防止デバイスも販売されています。防犯アラームと、スマートフォンと連動させることができるGPS追跡機能もついている優れもので、もしもの時のために取り付けておくのも良いでしょう。

愛車を守るために

窃盗犯のワイヤーカッターも太刀打ちできないぐらい頑丈なロックや、盗難防止デバイスを購入するとなると、かなりの出費を覚悟しなければなりません。

しかし、ロードバイクはそれ以上に高価なもの。そして生活の移動手段として使っている方にとっては、愛車の盗難は毎日にスケジュールに支障が出てしまう一大事です。

大切なロードバイクを守るために、必要な投資と割り切って少し大げさに思えるぐらいの盗難対策を考えてみてください。

  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー