旅×自転車 記事

こんな時どうしてる?シーン別、ロードバイク生活をより充実させてくれるアプリ

スマートフォンが登場して以降、自転車に対する取り組み方は大きく変わりました。

かつてはプロサイクリングチームが最新鋭の設備を使って行っていたようなことが、個人レベルでできるようになったのです。

今回はロードバイク生活を実質的にも感情的にも充実させてくれるアプリを紹介します。

サイクリングの際、無料で使用できるアプリについては以下を参考にしてみてくださいね。

出かける前の準備に役立つアプリ

最適ポジションをフィッティングしてくれるアプリ 「Bike Fast Fit」

画像出典元:App Storeより

※App Storeのみ

ダウンロードはこちらから

自転車屋さんによっては、身長や骨格を測定し、バイクの特徴に合わせた最適なポジションをフィッティングしてくれるところもありますが、時には数万円の費用がかかります。しかし、「Bike Fast Fit」を使えば自宅でフィッティングが可能です。

スマホのカメラを使ってローラー台でペダリングする様子を撮影した動画を読み込むと、最適なポジションを指示してくれます。それに合わせてサドルやハンドルバーの位置を調整するのです。

また、身長、股下などの寸法も計ってくれます。日本語版はないのが残念なところですが、英語な苦手な方はオンラインの翻訳ツールを使うという手もあります。ポジションが変化するだけで、サイクリングの疲労度はかなり変わるものです。特に長い距離を走る方におすすめです。

空気圧をチェックしてくれるアプリ「My Mavic」

画像出典元:Mavic公式HPより

App Storeでのダウンロードはこちらから

Google Playでのダウンロードはこちらから

疲労を軽減し、パンクのリスクを減らすためにもタイヤの空気圧を適正にしておくのは当たり前のこととして認識されている方も多いですが、実は適正な空気圧というものはタイヤの種類だけでなく、自転車の重量や乗る人の体重によっても微妙に変化します。

また、普段の街乗りか、レース仕様かによっても異なります。

「My Mavic」にホイールの種類、タイヤの幅やリムの幅、体重、自転車重量などのデータを入力すると、最適な空気圧を出してくれます。

日常生活やツーリング用の「コンフォート」、レース用の「パフォーマンス」など、選択肢がいくつかありますので、乗るシーンに合わせて使い分けることができます。もちろん、空気そのものを入れてくれるわけではありませんのでご注意ください。

室内トレーニングに役立つアプリ

臨場感を演出してくれるアプリ「Cycle Vision」

画像出典元:Cycle Vision公式HPより

※App Storeのみ

ダウンロードはこちらから

室内でのトレーニングはとにかく単調なものです。音楽を聴いたりしながらローラー台を回す方も多いことでしょう。このアプリをインストールすれば、目の前に素晴らしい景色が広がります。

実際のサイクリングルートで撮影した映像を見ながら、臨場感あふれるトレーニングが可能になるのです。テレビやプロジェクターに接続すれば、迫力ある映像を楽しめます。

山中湖、伊豆、宇都宮、湘南など、いつかは実際に走ってみたいと思わせる素晴らしいルートばかりです。それぞれ20分~50分弱と、程よい長さも魅力的です。思わず心揺さぶられる、サイクリング映像についてはこちらの記事もご覧ください。

ゲーム感覚でトレーニングできる「Zwift」

画像出典元:Zwift公式HPより

画像出典元:Zwift公式サイトより

App Storeでのダウンロードはこちらから

Google Playでのダウンロードはこちらから

「Zwift」は普段ゲームを楽しむような方におすすめのアプリです。砂漠や火山、都市など、80以上のバーチャルルートが用意されており、トレーニングをしながらまさにゲームの主人公になったような気分を味わえます。

1000以上のワークアウトメニューも用意されているだけでなく、コミュニティツールもあり、世界中のサイクリストと共にトレーニングを楽しめます。

実際に走る際に役立つアプリ

ナビゲーションアプリについては以下の記事で比較・調査を行いましたので参考にしてみてください。

自転車のためのルートを検索してくれるナビゲーションアプリ 「ゼンリンいつもNAVI」

画像出典元:いつもNAVI公式HPより

App Storeでのダウンロードはこちらから

Google Playでのダウンロードはこちらから

Googleマップがあれば十分という方も多いとは思いますが、このアプリが一味違うところは、自転車に特化したルートを検索してくれる点です。

ナビゲーションアプリは便利なものですが、あまりにナビに頼りすぎてしまい、思わぬ形で危険な道に入ってしまったという経験はないでしょうか。車のルート検索では自動車専用道に案内されるかもしれませんし、歩行者のルート検索では階段や歩行者専用道を案内されてしまう事もあります。

このアプリを使えば、自転車に最適なルートを検索してくれるので安心です。

カロリー計算もしてくれる記録アプリ 「Strava トレーニング:ランニング&サイクリング」

画像出典元:App Storeより

App Storeでのダウンロードはこちらから

Google Playでのダウンロードはこちらから

「Strava トレーニング:ランニング&サイクリング」健康維持やダイエットを動機としてロードバイクに乗り始めたという方にぴったりのアプリです。サイクルコンピュータでカロリー計算機能を備えているものはそれなりの値段なため、購入するのには躊躇してしまうという方は、このアプリを試してみてください。

消費カロリーだけでなく、距離やペース、スピード、獲得標高などのデータも記録してくれます。

記録を見返せば自分の成長を確認できますし、コミュニティツールを使えば友達やフォロワーと走ったルートや記録、コメントを共有し合う事もできますので、モチベーションを保ちやすいという効果もあります。自転車の消費カロリーについては以下の記事もご覧ください。

自転車NAVITIME

画像出典元:App Storeより

App Storeでのダウンロードはこちらから

Google Playでのダウンロードはこちらから

「自転車NAVITIME」はナビタイムジャパンが提供する、国内で唯一の自転車に特化した経路案内ナビアプリです。

目的地と出発地を設定するだけで、自転車のおすすめルートをカーナビのように案内してくれる機能の他、最短ルートや坂道の少ないルート、傾斜が緩やかなルートと様々な条件で検索することができ、実際に通ったルートは保存しておくことも可能です。

アプリを有効活用して、より良いロードバイクライフを

アプリを活用すると、SNSのようなコミュニティ作りや、体調のセルフチェックも行うことができ、ロードバイクが単純なスポーツや趣味の領域を超えていくような感覚を味わえます。

今回紹介した他にも様々な自転車用アプリがありますので、これを機会に生活の中でロードバイクを楽しむアプリを探してみてください。

TABIRINには全国のサイクリングロードなどを検索することのできる、『都道府県検索』やレンタサイクル情報が分かる『旅×自転車情報』も掲載しています。

是非こちらも活用してみてくださいね。

  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー