旅×自転車 記事

【新型コロナ】運動のためのマスク・ネックゲイター|飛沫拡散防止で互いに気持ち良いサイクリングを

TABIRINでは、コロナ禍における観光情報を発信する3つの意味を持って、情報をお届けしています。

外出自粛が続く一方で、スポーツ庁は心身の健康を保つ上では適度な運動が必要としています。そんな時に必要になるのが飛沫の拡散を防止するグッズです。

今回はコロナ禍(か)において運動をする上で、飛沫拡散の防止に役立つマスクやネックゲイターについてご紹介したいと思います。

〇関連記事

飛沫拡散防止が重要な理由

新型コロナウイルスは、一般的に飛沫感染と接触感染により感染します。このうち、飛沫感染を予防するためには、風邪や感染症の疑いがある方が口や鼻をしっかり塞ぐことで、飛沫の拡散を防止することが重要となります。

感染拡大を防止するとともに、お互いが気持ちよく運動するためにも、飛沫感染防止のためのグッズを用いるようにしましょう

<飛沫感染と接触感染>

  • 飛沫感染:感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
  • 接触感染:感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

参考:新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)|厚生労働省

 

運動時の飛沫拡散防止に役立つグッズ

運動時の飛沫拡散防止に役立つグッズとして、マスクとネックゲイターをご紹介します。

①マスク

代表的な一般にも市販されている使い捨ての簡易マスクなどです。

コロナの影響で品薄状態にありますが、マスクであれば洗濯可能な布マスクでもなんでもOKです。携帯性もよく手軽に使うことができます。

また、最近ではジョギング、ランニング、サイクリングなどのスポーツ用につくられたマスクもあります。これは、ズレにくい、フィットするということが特徴です。

また、花粉やPM2.5をシャットアウトするフィルターを持つタイプや、UVカットできるタイプ、通気性に配慮したタイプなどさまざまな機能を持つものも用意されています。

主なメーカー

スポーツ用マスクを扱う主なメーカーを以下のとおりご紹介します。

 

②ネックゲイター・ネックウォーマー

首元を覆うネックウォーマーです。最近ではネックゲイター(neck gator)とも呼ばれています。

ゲイター(スパッツとも呼ばれます)とは、もともと登山などで靴とボトムの隙間をかぶせるグッズのこと。これの首バージョンとしてネックゲイターと呼ばれています。

製品によって形状は様々ですが、鼻から首まで覆うことができるので、飛沫拡散の防止に役立ちます。

また、フィットしてずれにくく、軽くて邪魔にならないため、運動中もストレスが少ないです。

基本的には防寒対策で用いられるものですが、これからの時期には薄手のタイプや、濡らすことで冷却・熱中症対策を兼ねるタイプ、UVカットできるタイプも良いでしょう。

主なメーカー

ネックゲイターやネックウォーマーなどを扱う主なメーカーを以下のとおりご紹介します。

 

マスクやネックゲイターを使って運動する際の注意点

マスクやネックゲイターで口や鼻を覆った状態での運動は、通常に比べて身体への負担が大きくなる可能性があります。

ゆっくり目に走るなど、無理のない強度で運動するようにしましょう。

 

また、サイクリングを行う際には、自転車の交通ルールを守りましょう。詳しくは以下の記事をご覧ください。

(以上)

新型コロナウイルスに関する情報

〇都道府県別の新型コロナウイルス関連情報のWEBサイト

お住まいの都道府県の新型コロナウイルス関連の情報を探したいときや都道府県別の相談先電話番号を知りたいときは、こちらにまとめられています。

 

〇新型コロナウイルス感染症対策|内閣官房

政府の新型コロナウイルスへの対策の最新情報や、都内や7都府県の人の流れの減少率などの最新情報が掲載されています。

 

〇新型コロナウイルス感染症お役立ち情報|首相官邸

困りごと、不安に応じた支援情報などの最新情報が掲載されています。

 

〇新型コロナウイルスの更新情報|厚生労働省

健康・医療の観点から新型コロナウイルスに関する最新情報(国内の感染者数など)が掲載されています。

 

〇コロナ専門家有志の会

専門家の有志により立ち上がった情報サイトで、国民の全世代に「秒で理解、秒で拡散」してもらうための情報が掲載されています。

  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー