旅×自転車 記事

シェアサイクル「COGICOGI(コギコギ)」の使い方!|東京・京都・大阪・福岡等の移動に

今回は東京、京都、大阪、福岡等で導入されているシェアサイクル「COGICOGI(コギコギ)」の使い方をご紹介します。

シェアサイクルとは

シェアサイクルってなに?と思った方は、以下の記事で解説してますのでご覧ください。

 

COGICOGI(コギコギ)の特徴

COGICOGI(コギコギ)」は、2015年4月からコギコギ株式会社が提供をはじめた、電動アシスト自転車によるシェアサイクルサービスです。

このサービスの特徴は、大きく次の2点です。

特徴
  • 観光などでの長時間利用がメインターゲット
  • エリアをまたいで利用できる

COGICOGIの最も大きな特徴は、長時間利用がメインターゲットなことです。そのため、最も短いプランでも12時間からとなっています。

年会費 0円
一時利用 半日プラン:2,100円/12h
1日プラン:2,400円/24h
2日プラン:3,600円/48h

※一部エリアは実証実験期間中のため、料金体系が異なります。

また、東京、京都、大阪、福岡、鎌倉、江ノ島・湘南など、観光地にポートが多く、これらのエリアをまたいだ利用が可能となっています。

 

COGICOGI(コギコギ)の使い方

「COGICOGI(コギコギ)」の使い方は次のとおりです。

①アプリをダウンロード

②情報の登録

③レンタル

④返却

以下、これらの操作方法を簡単にご紹介します。

①   アプリをダウンロード

「COGICOGI(コギコギ)」の利用にはアプリへの会員登録が必要になります。アプリがダウンロードできるスマートフォン等を用意して、「COGICOGI(コギコギ)」のアプリ「COGICOGI SMART!」をダウンロードしましょう。

App Store|COGICOGI SMART!(i-OS端末用)

Google Play|COGICOGI SMART!(Android端末用)

②   情報の登録

続いて、アプリの会員登録画面で必要事項を記入します。

アプリ上でユーザー情報とクレジットカード情報の入力後、利用されるチケットを購入します(カードは VISA、Master、AMEX、JCBがご利用いただけます)。

なお、認証コードによる登録にはメールアドレスが必要になりますので、お持ちでない方は事前にメールアドレスを取得しておきましょう。

通常のチケット料金は以下よりご確認ください。

ちなみに、各エリアで特別なサービスをしている場合がありますので、予め利用するエリアの情報を確認することをおススメします

③   レンタル

1)自転車を借りるポートに出向く。

2)スマートフォンのBluetoothと位置情報サービスをonにする。

3)ポートの半径3m以内でアプリ上の借りるボタンをタップして10秒待つと、利用可能な自転車の一覧が現れる。

4)利用する自転車の車体番号をアプリ上でタップする。

5)該当の自転車からカチャという音がしたらグレーのつまみを右に回して、ロックを外す。

6)ロックが開いた後、アプリ上で貸出の確認を1〜2回行う。ENJOYと書かれた画面が出たら自転車を利用する。

④   返却

1)ポートのエリア内に自転車を停めて自転車のロックを手で締める(オレンジ色のボタンを押しながら下に動かす)。

2)グレーのツマミが垂直に戻ったことを確認し、ロックとスマートフォンを近づける。

3)ホーム画面で“返却する” を押す。

4)“Have a nice day!” のメッセージが表示されたら返却完了。

詳細は以下のマニュアルを確認ください。

動画でも使い方が紹介されています。

 

COGICOGI(コギコギ)のポート位置

2020年1月末現在、東京京都大阪福岡鎌倉・湘南福島県の須賀川市で展開しており、約43ポートが整備されています。
※2019年4月〜2020年3月の期間中、実証実験として

東京:21ポート

京都:5ポート

大阪:1ポート

福岡:7ポート

鎌倉・湘南:3ポート

福島県:6ポート

地域に応じてサービス内容が異なりますので、事前にHPで確認するとよいでしょう。各エリアのページでは、おススメのスポット等も紹介されていますよ。

皆さんも「COGICOGI(コギコギ)」を利用して観光してみてください!

他のシェアサイクルの使い方はこちら

全国のシェアサイクルが利用可能な地域は、TABIRINでも紹介しています。

 

<執筆:コぶた>

  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー