旅×自転車 記事

ぐるっと走ろう!じてんしゃ王国埼玉 サイクリングレポ Vol.38(ふじみ野市、三芳町)

じてんしゃ王国 埼玉
自転車を通じて埼玉県の魅力を発信するプロジェクト!

「平成31年度ぐるっと走ろう!じてんしゃ王国埼玉」に参加された、サイクリストの方々が実際に埼玉県内の「自転車みどころスポットを巡るルート100」でサイクリングを楽しんだ経験をポタ日和のブログ記事として書かれたものをTABIRINでも紹介させていただいています。

————–

本日の執筆者 30代男性 / 自転車歴:2年
関連マップ No.55 三富の歴史を感じるルート
コース詳細 https://tabi-rin.com/archives/course/25348
コースの感想まとめ
  • ルート距離:16km / レベル:初級者 / おすすめの時期:通年
  • 多聞院、毘沙門堂で和の風情を堪能
  • 「ベーカリーカフェ いちあん」では、パンはもちろん美味しいかき氷も楽しめます!

初夏と歴史を感じるぐるさい旅【ルート19 走行時期:6月 30代男性 自転車歴:2年】

こんにちは!埼玉県と自転車、そしてグルメをこよなく愛するポタボーイです!

梅雨の時期はせっかくの休日なのにサイクリングに行けないと嘆いている方が多いのではないでしょうか。
久々の晴れの日にサイクリングができる喜びが大きくなるのは、この時期ならではですね。

今回は埼玉県南部に位置する三芳町~所沢市エリアをロードバイクで散策しました。

番号順で巡ると所沢航空記念公園からですが、今回は自宅側の三芳町役場からスタートします。

 

【三芳町役場】

無料駐車場があるため、車に自転車を積んできてここからスタートすることも可能です。

施設名 三芳町役場
TEL 049-258-0019
住所 埼玉県入間郡三芳町大字藤久保1100-1
URL https://www.town.saitama-miyoshi.lg.jp/

————–

【けやき並木通り (いも街道)】

スタート地点から2km走ると、上富地区の通称「いも街道」に出ます。
ケヤキ並木と四季折々に織りなす光のコントラストがとても美しい街道です。
さっそく爽やかな初夏を感じることができます。

いものシーズン(9月頃~)にはのぼりが立ち並び、いもの直売やいも掘り体験も楽しめます。

————–

【島田家住宅】
いも街道沿いを走っているとすぐに茅葺屋根の古民家が見えてきます。
中へ入ってみましょう。

入館料は無料で、訪れた時には職員さんが囲炉裏を囲みながら、当時の様子を丁寧に説明してくれました。

「現代の寺子屋」として様々な郷土学習教室やマルシェなどのイベントも開催しているそうです。

施設名 旧島田家住宅
営業時間 9:00~16:00
入館料 無料
定休日 月曜日、国民の祝日、12/28〜1/5
住所 埼玉県入間郡三芳町上富1279-3
TEL 049-258-0220
URL https://www.town.saitama-miyoshi.lg.jp/study/shakai/kyushimadake.html

————–

【PASAR三芳】
さらに北上して次の目的地「三芳そばの里」へ来ましたが、残念ながら閉店してしまっていたためPASAR三芳へ向かいます。

場所は分かり難いのですが、「埼玉セントラル病院」を目指すと、その北側に駐輪場への道があります。

ショッピングにグルメ、季節のイベントや物産展まで楽しめる、高速道を利用しない人でも入ることが可能な複合商業施設です。
各地のお土産や新鮮な地元の野菜が売っていました。

小休憩にうれしいティーサービスがあるのは有り難いですね!

注目は、ここでしか味わえない限定グルメや期間限定商品♪
今回は「くし貫」さんの三芳だんごと「CUTE CREAM」さんの三芳限定濃厚チーズソフトクリームを堪能しました。

施設名 PASAR三芳
営業時間 サービスエリア・コンシェルジュ
【平日】8:00~20:00 / 【土日祝】8:00~20:00
※営業時間は各店舗ごとに異なります
住所 埼玉県入間郡三芳町大字上富2204
URL https://www.driveplaza.com/sapa/1800/1800011/1/

————–

【多福寺】
一息ついたところで、次は寺社巡りへ参ります。

元禄時代当時の川越藩主であった柳澤吉保は、三富の開拓農民のために菩提寺(多福寺)と祈願所(多聞院・毘沙門堂)を建立しました。

多福寺境内では春はしだれ桜、秋には紅葉と静寂の中に季節を感じることができます。
この時期は新緑がとてもきれいでした。

施設名 多福寺
住所 埼玉県入間郡三芳町上富1542
TEL 049-258-0837
URL https://www.town.saitama-miyoshi.lg.jp/kanko/rekishi/jisya/tafukuji.html

————–

【多聞院・毘沙門堂】
お堂の前には狛犬ならぬ狛寅やたくさんの身代わり寅が納められ、祈願所としての信仰が今でも続いていることがうかがえます。
境内の花木がとてもきれいでした。

施設名 多聞院毘沙門堂
住所 埼玉県所沢市中富1501
URL https://www.city.tokorozawa.saitama.jp/iitokoro/enjoy/bunkakyoyo/bunkazai/shishiteibunkazai/kenzobutu/bunzai_2010060413043422.html

————–

【富の神明社(いもの神社)】
こちらは地域の産土神社で「いも神様」が祀られています。
社前の「なでいも」をなでると力が湧いてきます!

施設名 富の神明社
住所 埼玉県所沢市中富1507
TEL 042-943-1709
URL http://www.shinmeisha.com/index.html

————–

【三富新田の地割景観】
このあと所沢方面へ向かうのですが、左右に「にほんの里100選」「埼玉県指定旧跡」に選定されている地割が広がります。
(三富新田航空写真は三芳町立歴史民俗資料館より)

開拓から300年以上が経ち、今も短冊状の土地の中に屋敷・畑、奥に平地林を配置しています。当時、水が得にくい土地でのエコロジーに配慮した循環型の暮らしの知恵だそうです。

————–

【カラダにおいしいパン屋「いちあん」】
そろそろお腹が空いてきましたね!
「いも神様」から所沢方面へ約6km走ると、そこには素敵なパン屋さんが!

魅力的なあんぱんがたくさんあり迷ってしまうほど。
全て自家製酵母・手づくりあんこだそうです!

パンもおススメですが初夏ということでかき氷をいただきます。
今回いただいた宇治金時抹茶かき氷はあんこが複数層しっかりと入っているため最後までおいしく味わえました。

ロードバイク用ラックがあり、各種電子マネーも使用できるため財布を持ち歩かないサイクリストにもやさしいお店です。

施設名 ベーカリーカフェ いちあん
営業時間 10:00~18:00(ランチは11:30~14:00)
住所 埼玉県所沢市旭町27-23
TEL 04-2941-6862
URL http://www.ichian.co.jp/

————–

【所沢航空記念公園】
パン屋「いちあん」から目と鼻の先にあるのが所沢航空記念公園。
もちろん公園内もサイクリングOK(歩行者優先です)。
撮影スポットもたくさんあります!

お気に入りのベンチを見つけて買ってきたパンを食べるのも良いですね♪

公園の外周をぐるっと回ると所沢市役所前の竹林が見事!ここでもパシャリ。

施設名 所沢航空記念公園
住所 埼玉県所沢市並木1-13
TEL 04-2998-4388(8:30~17:00)
URL http://tokorozawa-kokuu.com/

————–

【東京オリンピッククレー射撃記念碑】
そろそろ帰路へ。
途中1964年開催の東京オリンピックのクレー射撃場のあった場所に記念碑がありました。当時は「関越」もなく近くに電車駅もないためどうやってここまで観戦しに来たのでしょうか。

————–

【さつまいも始作地の碑】
さつまいもにまつわるスポットが多かった今回の散策ですので、最後の締めくくりはなんと言ってもここですね。

川越いも始まりの地の碑です!

元禄時代、柳澤吉保の命をうけ農民たちは開拓を始めたのですが、水はけの悪い土地を耕し、水が近くにないため深井戸(22mも!)を掘り、赤土を舞い上げる季節風と戦い少しずつ耕地からの収穫量を増やしていったそうです。

涙ぐましい努力があったのですね。

施設名 さつまいも始作地の碑
住所 埼玉県所沢市大字南永井
URL https://www.city.tokorozawa.saitama.jp/iitokoro/enjoy/rekishi/shashinuturikawari/yanase/yn07.html

————–

まとめ

今回は歴史を感じるルートということで、事前に歴史民俗資料館や町役場などをまわって、ちょっぴり勉強しました。そうすることで、今までとは少し違う視点から見えてくる景色や情景がそこにはありました。
歴史的建造物や暮らしには先人達の開拓の努力や知恵、技術を感じることができます。そういったことにも思いをはせながら、サイクリングを楽しむのも良いかもしれませんね。
是非、御参考にしてみてください。

 

————–

提供:埼玉県 県民生活部 広聴広報課 魅力発信担当
制作:たびりん編集部

 

<<Vol.37(加須市) Vol.39(行田市、蓮田市)へ>>
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー