旅×自転車 記事

【香川県】瀬戸内国際芸術祭2019開催中!女木島でサイクリングをしてきました!

女木島(別名鬼ヶ島)

瀬戸内海、高松市の北約4kmに浮かぶ女木島(めぎじま)。
桃太郎伝説の地であり、別名「鬼ヶ島」とも呼ばれています。
高松港からフェリーで約20分とアクセスが良く、現在瀬戸芸も開催中とのことで、フェリーに愛車と乗り込み、島内をサイクリングしてきました!

瀬戸内国際芸術祭について

瀬戸内国際芸術祭(以下瀬戸芸)とは、
瀬戸内海12の島々と2つの港を舞台に開催される現代美術の祭典です。
3年に1度開催されるトリエンナーレで、2019年は第4回目となります。
春・夏・秋と3つの会期に分かれており、それぞれで展示や体験が異なります。

島への交通手段

女木島へのフェリー

女木島へは高松からフェリーで約20分です。
高松築港近くのフェリー乗り場でチケットを買い、乗船します。
フェリーのチケットは発車時刻の約30分前から販売され、車両と団体客以外は先着順です。
繁忙期は予約不可で、おそらく瀬戸芸の会期中は予約が難しいと思います。


出典:フェリーの時刻表・料金(雌雄島海運)

フェリーに乗る前にやっておいた方が良いこと

出発前にやっておくと島内をより快適に楽しめることがあります。

それは…現金を多めに用意すること!!

島内にはコンビニやATMの類はありません。
そして飲食店や瀬戸芸の体験コーナーでは現金払いが基本です。
この季節、こまめな水分補給が必要になりますが、飲み物も基本的に自販機でしか買えません。
飲食ができない!体験ができない!とならないように、充分に現金を用意しておきましょう。

フェリーの料金

フェリーの料金は大人片道370円、往復で740円です。往復券を購入しました。
自転車の持ち込みは片道330円、往復で660円です。
往路の自転車券は乗船時に渡してしまったためありません(船内で撮影しました)。
詳しい料金等は上記の時刻表・料金のURLからお確かめください。

フェリーの乗車券

瀬戸芸の会期中ということもあり、船内は満員です。体感では乗車率200%でした!!!
瀬戸芸のパンフレットをお持ちの方も多く、島への期待が膨らみます。

女木島に到着!様々なアート作品がお出迎え

フェリーに乗って20分、あっという間に女木島に到着しました。
自転車を受け取り上陸すると、目に入ってきたのは・・・

カモメの駐車場

作品No.mg01の「カモメの駐車場」です!
瀬戸芸の作品・体験には島のアルファベットと作品の通し番号が作品Noとして頭についています。
女木島→mg、通し番号は1番ということですね。
1番目の作品にふさわしく真っ先に出迎えてくれました。

本物のカモメに見えたのでびっくりしました。
防波堤にずらりと並んでおり、圧巻です!

女木島のモアイ像

次に目に入ったのは、なんとモアイ像!!!
まさか日本でモアイ像が見られるとは思いませんでした。

女木島のモアイ像

この「女木島のモアイ像」は、高松市が誇る世界的クレーンメーカー「タダノ」が、イースター島の倒れたモアイの修復プロジェクトに際し、吊り起こし実験に使用した模刻像とのことです。
※こちらは瀬戸芸の作品ではありません。

私事になりますが、愛車はイオンバイクのセールで10000円+税で購入しました。
2019年で最も良かった買い物です。

20世紀の回想

次はモアイ像の近くに、mg02の「20世紀の回想」がありました。
船を模したグランドピアノからは綺麗な音楽が流れています。
ピアノ椅子に座って写真を撮る方も多くいらっしゃいました。映えですね。

20世紀の回想

女木島のレンタサイクル

順番が前後してしまいましたが、フェリーを降りて女木港のすぐそばに「おにの館」があります。

おにの館外観

こちらの施設は船待合所、鬼の資料館の鬼の間、食堂の3つのゾーンに分かれています。
入ってすぐのところにレンタサイクルがありました。

レンタサイクルの車両

レンタサイクルの料金表

貸出車種は普通車と電動車の2種類があり、
貸出時間は8:20~17:00の1日貸しです。

★普通車:600円/1日(全5台)
★電動車:1000円/1日(全30台)

午後14時頃に訪れた時には、電動車が10台足らずくらいしか残っていませんでした。
大人気ですね。事前予約不可の先着順のため、ご利用の際はお早目に!
後述しますが、女木島を楽しむなら絶対に電動車を借りるべきだと思います!!

(おにの館)
高松市女木町15-22
8:00~17:20
年中無休
TEL:087-873-0728

出典:鬼ヶ島 女木島 おにの館 公式ホームページ

女木島海水浴場(鬼ヶ島海水浴場)

最初の目的地は海水浴場です!
水がきれいで波も穏やかだったので、泳ぎが得意ではない私も浮き輪なしで楽しめました!
ビーチの前には海の家が並んでおり、おしゃれなカフェもありました。

女木島海水浴場

1時間ほど遊泳した後、海水浴場目の前にある海の家「umiyado鬼旬」で昼食をとりました。

かしわ天カレーと、はも天定食をいただきました。
どちらも絶品でした!!(お腹が空きすぎていたため写真を撮り忘れました・・・)
BBQされている方も3組ほどいらっしゃいました。
宿泊するならBBQでワイワイするのも楽しそうですね。

こちらでは更衣室とシャワーの貸出もしており、100円/1回で利用できます。
手荷物預かりは500円でした。

映えスイーツ発見!!!

腹ごしらえも済ませ、鬼ヶ島大洞窟へ向かいます。
「UMIYADO鬼旬」と「カフェ・ドゥ・ラ・プラージュ」の間にある坂道を登っていきます。
すると、興味深い店を発見しました。

メニュー

流行りのタピオカミルクティかと思いきや、バブルワッフルとは!!??
ということで、頼んでみることにしました。

アイス付きバブルワッフル

アイス付きバブルワッフル(700円)です。
実はこのワッフルとってもボリューミーで、成人男性の顔くらいの大きさがあります!

香港風ミルクティー

こちらの香港風ミルクティー(300円)も、紅茶の味が濃くて美味しかったです。
流行りの紙ストローでエコですね。

実はこちらのお店の名前や詳細は、調べましたが不明でした。
場所は、mg07「『島の中の小さなお店』プロジェクト ウェディング・ショップ」と
mg08「『島の中の小さなお店』プロジェクト ピンポン・シー」の入り口にあります。

ウェディング・ショップではウェディングコスチュームのレンタルができるようです。
ピンポン・シーは可愛らしい卓球場で、実際に何人もの方が卓球していました。
どちらの体験も600円でできます。
この料金は、mg07-mg12の6作品をあわせた料金となっています。

ウェディングコスチューム

女木島で楽しむことができる瀬戸芸の作品については、こちらをご覧ください。

鬼ヶ島大洞窟への長く険しい道のり

糖分補給も済み、やっと鬼ヶ島大洞窟へ向かいます。
向かう途中の左手にある高松市立女木小学校では、mg13-Bの「女根/めこん」がありました。

ここからが本番です。洞窟への道は約4km、徒歩にして約1時間。
ひたすら、坂・坂・坂!!!!!
変速なしの自転車では登れずに、基本的に押して歩きました。

鬼ヶ島大洞窟への道のり

大体中盤くらいの写真です。心が折れかけて引き返そうが考えていたのですが、
素晴らしい景色のおかげで最後まで登る気が起きました。

鬼ヶ島大洞窟への道2

自転車を押し続けて約40分、やっとゴールが見えてきました!
壁は高ければ高いほど登った時気持ち良い、というのは本当ですね。

洞窟前の休憩所(ベンチ)にはたくさんの電動自転車が止まっていました。
電動車であれば約15分で登れるそうです。
電動車を借りればよかったと本気で思いました。
女木港からシャトルバスも出ているので、徒歩の方はそちらも利用できます。

こちらの遊歩道を登ると、鬼ヶ島大洞窟への入り口です!

女木島(別名鬼ヶ島)

鬼の親分

遊歩道には鬼の親分他数体の鬼がいます。
どの鬼もとっても大きくて強そうです!

鬼ヶ島大洞窟

しばらく進むと受付があるので、そこで一人600円の入場料を払います。

大洞窟入り口

大洞窟の入り口でも鬼が案内してくれています。

この大洞窟の入り口で、受付の方が写真を撮ってくださいます!
洞窟の中は天井が低いので、頭をぶつけないようにと説明を受け、いざ洞窟内へ!

中は非常に涼しく快適でした!そして説明通り天井が低かったです。
洞窟内には桃太郎伝説にちなんだたくさんの像や瓦がありました。
瀬戸芸の作品mg19の「オニノコ瓦プロジェクト」も展示されています。
細かいところまで楽しめる作りになっていました。

個人的には洞窟の出口付近の鬼の親分が一番怖かったです。
洞窟の外で見るのと中で見るのでは迫力が違いますね!

大洞窟の出口

こちらは洞窟の出口です。
見上げると、素晴らしい柱状節理を見ることができます。薪が積みあがったようで非常に美しいです。
是非、実際に足を運んで感動してみてください!

大洞窟を出たら、そのまま鷲ヶ峰大展望台へ向かいます。

鷲ヶ峰大展望台

鷲ヶ峰大展望台は大洞窟の15m上、標高188mの鷲ヶ峰山頂にあります。
大洞窟を出たら表示に従って5分程歩くと、ウッドデッキの展望台があるので登ります。

鷲ヶ峰大展望台

鷲ヶ峰大展望台2

展望台からの景色はまさに絶景です!!
360度の瀬戸内海が一望できます。

googlemapを開きながら、見えている島の名前を調べるのも楽しいですよ。

ひとしきり景色を堪能し、港へ戻ります。

行きは地獄のように苦しい上り坂の連続でしたが、
帰りはスイスイの下り坂で、まさに天国でした!
風を切って下るのは非常に気持ちの良いものですね。

帰る前に「おにの館」で一服

島に来た目的の洞窟にすっかり満足したので、
フェリーを待ちがてら「おにの館」の食堂で休憩しました。
うどん・そば・おでん等が充実しており、食堂内には美味しそうな匂いが漂っていました。

アイスコーヒーは350円で、おかきがついてきます。
柿ピーではなく柿ピカという呼び方は可愛らしいですね。
美味しくいただきました。

あっという間に乗船時間です。
乗り場には長蛇の列が出来ており、帰りのフェリーも満員でした!
心地よい疲労感とともに家路につきました。

まとめ

今回の旅の目的は海水浴と大洞窟だったので、あまり多くの場所にはいけませんでしたが、大満足でした!
鬼ヶ島大洞窟の帰り道の下り坂には、もう一度来たい!と思わせる魅力がありました。

瀬戸芸の作品巡りでは、違った島のまわりかたができると思います。
ゲストハウスや民宿も港近くにあったので、宿泊してゆっくり過ごしても良いかもしれません。

海と山のどちらも楽しむことが出来る島です。
高松に遊びに来られる際は是非気軽にお立ち寄りください!

<執筆:三木D>

  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー