旅×自転車 記事

サイクリングマップを利用する人のニーズを分析してみた!【2019年7月版】

サイクリングマップ 利用者のニーズ

 

※この記事は2019年3月に掲載した「サイクリングマップを利用する人のニーズを分析してみた!その①」の更新版です。

————–

早速ですが、「さあ!サイクリングをしよう!」ってなったときにどうしますか?

とりあえず、知っているサイクリングコースを思い浮かべますか?それともネットで検索してみますか?
今では、いろいろな方法で検索できる情報社会です。情報がありすぎて結局行きたいところが見つからないって人もいるのではないでしょうか?

そんなときにこそ原点に戻って、サイクリングマップを見てみましょう!
サイクリングマップはシンプルに載っているコースの魅力、情報が全て詰まっております!見に行ってみたいと思うか、思わないかの二択です!

また、みんなでいろいろ話合うことができるのもサイクリングマップのいいところです。

さあ、どこかの地名+サイクリングマップで検索です!

行きたい地名が思いつかないのであれば、それこそTABIRINのマップ検索の出番です!

コースで検索するのもいいですね。

きっと行ってみたい場所が見つかるはず…

 

と前置きが長くなってしまいましたが、今回はそんなサイクリングマップを日頃から見たり、使ったりしている人の行動やニーズ等を分析してみたいと思います!

サイクリングマップを使う人がどこに行ったことがあり、これからどこに行きたいかを調べてみます。

使用するデータ

今回使用するデータは、マップ配送サービスにお申込みいただいたときに答えていただいたアンケートを用います!

マップ配送サービスって何?とお思いの方がいるのではないでしょうか?
実はこんなサービスを試験的にやっています!

上記の記事からでもいいですし、こちらからも申し込みができます!

現在は愛媛県のマップを配送しております!どしどし申込ください!

サイクリングマップ利用者を分析してみました!

それでは早速見て行きましょう!ちなみにサンプル数は156人です(前回55人)。
まずは、回答者の属性です。

Q1:あなたが保有している自転車タイプを教えてください。

ロードバイクが約8割にも達していますね。
最近はやりのe-bikeはまだまだ少ないようですね。

Q2:週末にレジャーや走ることを目的としたサイクリングに出かける頻度を教えてください。

半数の方が、週1~2回でサイクリングに出かけているようですね。月1~2回も約4割います。週1~2回とは、かなり高頻度ですね…
サイクリングマップを必要としている人は、サイクリングに出かける頻度も高くなる傾向にあるみたいですね。

 

そして、お待ちかねのサイクリングマップを使う人がどこに行ったことがあり、これからどこに行きたいかを見てみましょう!

Q3:週末にレジャーや走ることを目的としたサイクリングで行ったことがあるエリアを教えてください。

第1位は…愛媛県です!

第2位は…東京都と埼玉県です!

やっぱりしまなみ海道は強いですね!黄色の棒が行ったことがあるエリアの人数を表していますが、実はグレーの棒は回答者の居住地を表しています。
回答者の居住地が多いエリアは「行ったことがある」も多くなりますので、居住地も載せていますが、1位の愛媛県、4位の広島県、5位の滋賀県は居住回答者が少なく、誘客力があることがわかります!

上記を踏まえた県外率は以下となります(上位10まで)。

割合にすると以下となります。上位5位ぐらいまでは、約3割の人が行ったことがあるのですね。驚きです!

Q4:週末にレジャーや走ることを目的としたサイクリングで、今後行ってみたいエリアを教えてください。

次は今後行ってみたいエリアについてです。

こちらも第1位は…愛媛県です!

第2位は高知県!

第3位は北海道!

よく見ると4位が香川県、5位が徳島県と上位5位に四国4県がランクインしてますね!
四国一周など、自転車の取組みのPRが功を奏しているようですね!自治体の方には吉報ですね。

ここで、Q3、Q4を足してみましょう。

行ったことがある割合と今後行ってみたい割合を足しますので、今後行ってみたい人が全て行くと仮定すると、将来の行ったことがある人の割合がどれぐらいになるかわかります。これを見ますと…

第1位は…圧倒的に愛媛県となります!約8割なので、将来ほとんどの人が愛媛県に行ったことがあるようになるようです…恐ろしい結果ですね。笑
行ってみたい人をいかに来させるかが難しいところですが…

Q7.あなたが今までに見たサイクリングマップの中で、良いと思ったマップはありますか。ある場合はそのマップ名を教えてください。

次にサイクリングマップの内容についてですが、「良いと思ったマップがある」と回答した人はなんと約2割です…自治体には凶報ですね…
せっかく作ったマップも、サイクリストを十分に満足させれていないのでしょうか?サイクリストのニーズをしっかりと把握する必要がありますね。

Q9.マップに記載してほしい情報を教えてください。

では、実際にサイクリストを満足させるために何が必要かの答えになるかもしれない「マップに記載してほしい情報」を聞きました!最も割合が大きいのが「モデルプラン」ですね!
どこを何時にスタートして、どこでお昼を食べて、どうやって観光して…等々、実際に利用する立場にたって案内することが求められているようですね。他にも「スタート地点から個々の途中地点までの距離」「食事施設」「コンビニ」も割合が高いですね。

私もそうですがサイクリストはやはり「食」を重視していることがわかりますね。
地域活性化にもつながるので、地元のおすすめの食事処をどんどん紹介していきましょう!

Q10.マップがあると良いと思うエリアを教えてください。

こちらは、マップがあるかどうかに関わらずに聞いております。

上位の自治体は皆さんからマップ作成を期待されている!というモチベーションアップに活用してください!笑

アンケートを分析することで、いろいろな情報が明らかになります。これはとても重要なことです。これを見ている自治体関係者の方が、うちでもぜひマップを作ろうという話になるかもしれません!

まだまだマップ配送サービスは続ける予定ですので、ぜひアンケートにご回答ください!

 

<執筆:コぶた>

  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー