旅×自転車 記事

TABIRINでは、「大学生観光まちづくりコンテスト」に協賛しています

大学生観光まちづくりコンテスト出典:大学生観光まちづくりコンテスト

大学生が観光によるまちづくりの活性化プランを競い合う「大学生観光まちづくりコンテスト」をご紹介します。

1.大学生観光まちづくりコンテストとは

大学生観光まちづくりコンテストは、国土交通省 関東地方整備局さんの協力のもと、JTBさんや三菱総研さんが事務局となって、2011年度から行われている全国の大学生を対象としたコンテストです。

大学で学んでいる知識・スキルを活かしながら、現地でのフィールドワークを通じて、地域活性化につながる新しい観光まちづくりプランを提案してもらうものです。

公式サイトは以下の通りです。

 

今年度のコンテストでは、5つのステージが用意されていますが、そのうちの1つが「関東RiverCycRingステージ」となっており、川沿いのサイクリングルートを活用した観光まちづくりプランを競うものとなっています。

大学生観光まちづくりコンテスト出典:国土交通省関東地方整備局 HP

対象となる地域・河川はこちらです。

茨城県 取手市、かすみがうら市、石岡市、筑西市、結城市、つくばみらい市、守谷市、八千代町、下妻市、常総市(鬼怒川・小貝川かわまちづくり計画実施中自治体7市町連名)
栃木県 小山市
埼玉県 上里町、さいたま市、桶川市、鴻巣市、北本市、上尾市、熊谷市
千葉県 野田市、我孫子市

 

関東RiverCycRingステージ対象地域位置図出典:国土交通省関東地方整備局 HP

2.TABIRINの役割

サイクリングと観光がテーマということもあり、今年度のコンテストでは、TABIRINも協賛をさせていただいています。

TABIRINで提供している様々なサイクリング情報を大学生の皆さんに活用していただき、サイクリング+観光の楽しみ方や配慮すべき点など、観光プランの作成に欠かせない視点を知ってもらえればと考えています。

また、受賞チームの観光プランをTABIRINで紹介したり、フィールド調査でサイクリングをした際の魅力的な体験をブログ記事としてTABIRIN上で発信してもらったり、大学生の皆さんにとって、よい記念になればと考えています。

コンテスト後には、TABIRINメンバーによる商品化に向けたアドバイスなどもさせてもらう予定です。

 

3.当社で合同説明会が開催されました

7/8(月)の午後、当社の会議室において、コンテストに参加する大学生の皆さんを対象とした説明会が開催されました。

観光プランの検討を支援するためのメニュー紹介や、個別地域の情報が紹介され、学生の皆さんは真剣に耳を傾けていました。

観光まちづくりコンテスト_説明会

また、説明会の後半では、大学生の皆さんが個別にテーブルをまわって質問や相談ができる時間が設けられ、我先にと積極的にテーブルを回っていました。

我々TABIRINチームのテーブルに来た学生さんからは、斬新なアイデアやTABIRINに関する細かい質問などが聞かれ、真剣に楽しく取り組んでいる様子がうかがえました。

 

4.おわりに

今回の活動によって、少しでも大学生の皆さんの力になって、コンテストの成功を応援できればと考えています。

大学生の皆さんによって、ワクワクするようなプランがたくさん出てくるのが楽しみですね。

TABIRINでは、今後も様々な方と連携させていただきながら、旅×自転車を盛り上げていければと思います。

 

(執筆:k.k)

  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー