旅×自転車 記事

データでみる、旅×自転車⑫ 埼玉県内の交通公園って、どんな感じ?

埼玉県内の交通公園ってどんな感じ?

自転車好きの子供たちに大人気の交通公園。
自転車の練習をしたり、交通ルールを学ぶにも最適な場所ですよね。

今回は、埼玉県内で自転車に乗れる交通公園について、ご紹介したいと思います。

※東京都内の交通公園については、こちらをご覧ください。

1.埼玉県内の交通公園の場所

交通公園

はじめに、埼玉県のどこに交通公園があるのか、見てみましょう。

埼玉県内には、自転車に乗れる交通公園が6箇所あり、川口市内が2箇所と多くなっています。
東京都内の26箇所に比べると少ない印象ですね。入園はいずれも無料ですよ。

■埼玉県内で自転車に乗れる交通公園一覧

No. 市区町村 施設名称
1 川口市 芝児童交通公園
2 川口市 南平児童交通公園
3 行田市 行田市児童交通公園
4 秩父市 秩父市児童交通公園
5 蕨市 大荒田交通公園
6 八潮市 中馬場児童交通公園

※地図上で交通公園の位置を見たい方は、こちらをご覧ください。

 

2.埼玉県内の交通公園の概要

以下では、個々の公園についてご紹介します。

1)芝児童交通公園(川口市)

一つ目は、川口市芝下にある「芝児童交通公園」。

「川口駅」や「蕨駅」からバスで「産業道路」下車、徒歩4分の場所にあります(一般利用者用の駐車場はありませんので、注意してくださいね)。

こちらには、交差点や信号機、横断歩道、標識などがあり、交通ルールが学べるほか、多目的広場や自由広場、児童遊具等もあります。

また、子供用自転車(補助あり、補助なし)のほか、3人乗り自転車やゴーカートサイクル、スケーターサイクルなど、変わり種自転車も無料で借りられます。

一般利用は、日曜・祝日、夏休み期間中の月・金曜となっていますので、ご注意ください。

※詳細については、以下をご覧ください。

芝児童交通公園:https://tabi-rin.com/archives/bicycle_info/24156

 

2)南平児童交通公園(川口市)

続いてご紹介するのは「南平児童交通公園」。

こちらも川口市内にある交通公園で、「川口駅」からバスで「弥平三丁目」下車、徒歩3分または、「西川口駅」からバスで「朝日五丁目南」下車、徒歩4分の場所にあります。

踏切や交差点、信号機、横断歩道、標識などがあるほか、原っぱの広場、ちびっこ広場(複合遊具等)もありますよ。

また、午前中にはバッテリーカー(一人用、二人用)が、午後には変わり種自転車や子供用自転車が無料で借りられますよ。

一般利用は、日曜・祝日、夏休み期間中の月・金曜日となっていますので、ご注意ください。

※詳細については、以下をご覧ください。

南平児童交通公園:https://tabi-rin.com/archives/bicycle_info/23469

 

3)行田市児童交通公園

「行田市児童交通公園」には、ブランコや滑り台などの遊具のほか、踏切や交差点、信号、標識等があり、自転車(補助あり、補助なし)や三輪車の貸し出しも無料で行われています。

※自転車は台数に限りがありますので、事前に確認してからお出かけくださいね。

場所は「東行田駅」から徒歩6分、線路のそばにありますので、公園内から秩父鉄道の電車も見れますよ。

毎週月曜日や年末年始が休館日となっています。

※詳細については、以下をご覧ください。

行田市児童交通公園:https://tabi-rin.com/archives/bicycle_info/24154

 

4)秩父市児童交通公園

続いては、「秩父市児童交通公園」。

ヘリコプター型のコンビネーション遊具やブランコ、鉄棒、滑り台などの遊具のほか、警報機や遮断機が付いている踏切や信号機、横断歩道、標識などがあります。

自転車(補助あり、補助なし)や、ゴーカート、三輪車が無料で借りられますよ。

また、近くには、旧秩父駅舎やレストランもあり、秩父駅から2~3kmの距離にありますので、観光ついでに立ち寄ることもできますね。

※詳細については、以下をご覧ください。

秩父市児童交通公園:https://tabi-rin.com/archives/bicycle_info/24161

 

5)大荒田交通公園(蕨市)

続いては、蕨市にある「大荒田交通公園」。

「西川口駅」から徒歩12分、「蕨駅」から徒歩14分の場所にあります。

公園内には踏切や交差点、信号機、横断歩道、標識等が配置されており、児童・幼児用自転車(補助あり、補助なし)が無料で借りられます。

自転車の貸出は10:00~15:45ですが、常時開園していますので、自転車を持ち込んで練習するのもいいですね。

また、公園内には、SLの展示や、SLをモデルにした複合遊具などもありますし、 JR線(東北本線、湘南新宿ライン、京浜東北線など)の線路に隣接していますので、公園内から電車がたくさん見れますよ。

※詳細については、以下をご覧ください。

大荒田交通公園(蕨市):https://tabi-rin.com/archives/bicycle_info/24160

 

6)中馬場児童交通公園(八潮市)

最後は、八潮市にある「中馬場児童交通公園」。

児童が遊びながら交通知識を習得することを目的に整備された公園で、園内には踏切、交差点、信号機、横断歩道、標識などを模した施設があります。

管理施設のない公園のため、自転車の貸し出しは行われておらず、信号等も点灯していませんが、いつでも自転車を持ち込んで、自由に走ることができますよ。

※詳細については、以下をご覧ください。

中馬場児童交通公園:https://tabi-rin.com/archives/bicycle_info/24151

 

3.終わりに

以上、埼玉県内で自転車に乗れる交通公園のご紹介でした。

梅雨の季節ですが、お子様の自転車の練習や交通ルールの学習、運動不足の解消などのために、天気の良い日にご家族で出かけてみてはいかがでしょうか。

TABIRINでは、これからも交通公園に関する情報を充実していきますので、ぜひご活用ください。

(執筆:k.k)

 

関連記事

  • この記事がいいねと思ったら
    •  0
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー