旅×自転車 記事

往年の名サイクリストたちと一緒にスペインで走ろう。スペインで参加できるサイクリングイベントをご紹介。

往年の名サイクリストたちと一緒にスペインで走ろう。スペインで参加できるサイクリングイベントをご紹介
Photo by Yukari TSUSHIMA

大小ざまざまなサイクルイベントが毎週末のように開催されているスペイン。中にはかつてプロサイクリストとして活躍した選手の名前が冠されたサイクリング・イベントもたくさんあります。このようなイベントでは、往年の名選手と一緒に走ることができます。今回の記事では、そんなスペインのサイクル・イベントを4つ、ご紹介します。

1. ラ・インドゥライン・マルチャ・シクロツーリスタ(La Indurain-Marcha cicloturista)

ミゲル・インドゥライン(Miguel Indurain)氏
▲ ミゲル・インドゥライン Photo by Yukari TSUSHIMA

スペイン自転車界において、最も偉大なサイクリストの一人が、この方。ミゲル・インドゥライン(Miguel Indurain)氏です。5年連続のツール・ド・フランス優勝(1991-1995)をはじめとして、2年連続のジロ・デ・イタリア優勝(1992-1993)、タイムトライアルの世界チャンピオン(1996)など、1990年代の世界の自転車界を席巻した名サイクリストです。

そんな彼の名前が冠されたサイクルイベントが毎年7月下旬に、彼の地元であるナバラ地方のビリャバ(Villava)をスタート・ゴールにして開催されます。

距離はわずか100㎞。しかし全獲得標高は1500m。プロフィールマップをご覧いただければ、このコースがいかにハードなのか、ご想像いただけるかと思います。

https://www.laindurain.com/recorridosより

実はこのコースは、インドゥライン氏が実際に現役時代にトレーニングで使用していたコースとほぼ同じルートです。そのため、登りが厳しいのは当たり前と言えるのかもしれません。

もちろんこのイベントには、インドゥライン氏本人も毎年参加します。いまでも、スペイン各地のサイクリングイベントに積極的に参加しているインドゥライン氏。穏やかで気さくな人柄の彼は、どこのイベントでも多くのサイクリングファンに愛され、また尊敬されています。

スペインの伝説のサイクリストと一緒に走ってみたい方は、このイベントに参加なさることをお勧めいたします。

—————

▼ラ・インドゥライン・マルチャ・シクロツーリスタ(La Indurain-Marcha cicloturista)

日時 2019年7月20日
スタート・ゴール地点 ビリャバ(Villava)
大会公式WEB https://www.laindurain.com/en/ (英語サイト有)

2. グラン・フォンド・アルベルト・コンタドール(Gran Fondo Alberto Contador

アルベルト・コンタドール(Alberto Contador)氏
▲アルベルト・コンタドール Photo by Yukari TSUSHIMA

スペイン自転車界の最も新しい「レジェンド」である、アルベルト・コンタドール(Alberto Contador)氏。スペインには、彼の名前を冠したサイクリングイベントも、もちろんあります。

それがグラン・フォンド・アルベルト・コンタドール。今年の9月21日に開催されるこのイベントの舞台は、バレンシアのオリバ。9月のバレンシアはまだ、夏の陽気です。

参加できるコースは、距離167km・獲得標高3114mの「グラン・フォンド」と距離115km・獲得標高1766mの「メディオ・フォンド」の2種類。申し込み時に参加者はどちらかのコースを選択することになります。それぞれのプロフィールマップは次のとおりです。

①グラン・フォンド

グラン・フォンドhttp://marchaalbertocontador.com/recorrido/より

②メディア・フォンド

メディア・フォンドhttp://marchaalbertocontador.com/recorrido/より

ゴールしたあとは、参加者みんなでバレンシア名物のパエリヤなどを食べる時間が設けられています。こうした時間を利用して、コンタドール氏と写真を取ることもできます。

また、このイベントはホテル付の参加者パックもあるので、日本からでも参加しやすいのではないでしょうか。

—————

▼グラン・フォンド・アルベルト・コンタドール(Gran Fondo Alberto Contador)

日時 2019年9月21日
スタート・ゴール地点 オリバ(OLIVA)
大会公式WEB http://marchaalbertocontador.com/en/

3. ラ・プリート・アンドラ(La Purito Andorra)

ホアキン・ロドリゲス氏
▲ホアキン・ロドリゲス Photo by Yukari TSUSHIMA

2016 年に惜しまれつつ引退した、スペインの小さな大クライマー、ホアキン・ロドリゲス。彼のニックネームはプリート(Purito)。いつも明るく快活で、おしゃべりも上手な彼。現役時代はその実力同様、スペイン選手の中でもトップクラスの人気者でした。そんな彼のニックネームを関したサイクルイベントが、毎年アンドラで開催されています。ちなみに、このニックネームは、チームトレーニング中にタバコ、つまりスペイン語でプーロ(Puro) をジョークで吸うまねをしたことから、きたものです。

このレースの参加者は、申し込み時に3種類のコースから自分が走る距離を選択します。選択肢は145km・80km・28km。意外と短めです。

しかし、このレースの目玉はピレネー山脈の登りです。各コースのプロフィールマップをご覧ください。

①距離145km・獲得標高5,200m

距離145km・獲得標高5200m

https://www.puritorodriguez.com/routesより

②距離80km・獲得標高3,500m

距離80km・獲得標高3500mhttps://www.puritorodriguez.com/routesより

③距離28km・獲得標高1,700m

距離28km・獲得標高1700mhttps://www.puritorodriguez.com/routesより

ツール・ド・フランスでプロの一流選手が本気で苦しむようなコースを、このイベントの参加者も走ることになります。

そのため、このイベントの参加者はかなりレベルの高いアスリートばかり。サイクリストによっては、このイベントのために1年前から入念に準備をする人も珍しくはありません。気合をいれてピレネーの登りに挑みたい日本人サイクリストに、ぴったりのサイクリングイベントです。

—————

▼ラ・プリート・アンドラ(La Purito Andorra)

日時 2019年8月4日
スタート地点 アンドラ、サン・ジュリア・デ・ロリア(Sant Julià de Lòria)
大会公式WEB https://www.puritorodriguez.com/english

4. ウェアデラックス・グラン・フォンド・ダビット・デ・ラ・クルス(WEAREDLAX Gran Fondo David de la Cruz)

ダビッド・デ・ラクルス選手
▲ダビッド・デ・ラクルス Photo by Yukari TSUSHIMA

最後は、現役プロ選手が開催しているサイクリングイベントをご紹介します。

チーム・スカイ改めチーム・イネオス所属の若きスペイン人サイクリスト、ダビッド・デ・ラクルス選手の名前を冠したこのイベント。舞台は、カタルーニャ地方の地中海沿岸にあるパラモスという街です。

参加者は3種類のコースの中から、申し込み時にどのコースを走るのか選択することになります。

①ミニ 距離119km・獲得標高 1,294m

http://www.wearedlax.com/es/recorridos/cortaより

②ミディアム 距離167km・獲得標高 2,198m

http://www.wearedlax.com/es/recorridos/mediaより

③グラン・フォンド 距離219km・獲得標高 3,120m

http://www.wearedlax.com/es/recorridos/gran-fondoより

このイベントは毎年5月に開催されるため、すでに参加申し込みは締め切られています。しかし、パラモスの街はバルセロナからも程近く、ホテルも近辺にたくさんあるので、参加者は宿泊地選びや移動手段に頭を悩ませる必要がないのが、このイベントの良いところです。

もちろん、デ・ラ・クルス選手もこのイベントに毎年駆けつけます。もちろん、ゴール後は、参加者からの写真やサインのお願いにも、気さくに応えてくれます。

—————

▼ウェアデラックス・グラン・フォンド・ダビット・デ・ラ・クルス (WEAREDLAX Gran Fondo David de la Cruz)

日時 2019年5月5日
スタート地点・ゴール地点 パラモス(Palamos)
大会公式WEB http://www.wearedlax.com/en/

5. 最後に

今回は元あるいは現役自転車選手が主催するスペインのサイクリングイベントをご紹介しました。スペインでは1年中こうしたイベントが開催されています。現役時代はTV越しに応援することしかできなかった、憧れのサイクリストと一緒に、スペインを自転車で走ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

(執筆:對馬 由佳理)

  • Facebook
    Twitter
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー