旅×自転車 記事

【山口県】サイクル県やまぐちの鉄道の玄関口、新山口駅のサイクルピットとサイクルステーションを見てきた

山口駅

午前中にレンタサイクルで山口市内で巡ったあと、山口駅から新山口に向かい、サイクルピットおよびサイクルステーションを見てきました。

▼前々回の記事

【山口県】サイクル県やまぐちの空の玄関口、山口宇部空港のサイクルピットを見てきた

▼前回の記事

【山口県】歴史、文化、温泉、自然の街 山口市の見所をレンタサイクルで巡る

山口駅から新山口駅へ

山口駅改札
▲自動改札ではなく、駅員さんに切符を見せる
山口駅-車両
▲鮮やかなオレンジ色の車両に乗車

新山口駅までは、山口線に乗って移動します。
この路線は全線でワンマン運転を実施しており、無人駅等では車内で運賃収受を行うそうです。

山口駅から新山口駅までは、電車で約22分、料金は240円です。
1時間に1~3本の運行ですので、時刻表の確認をお勧めします。

新山口駅南北自由通路「垂直の庭」

新山口駅に到着後、在来線改札口から新幹線改札口に向かいます。

新山口駅南北通路「垂直の庭」

新山口駅南北通路「垂直の庭」

新山口駅南北自由通路に約100メートルの壁面をおよそ140種類の植物で彩る「垂直の庭」があります。
壁や天井は白を基調とし、日光を多く取り入れているので明るく、植物の緑が鮮やかに映ります。

新山口駅南北通路「垂直の庭」パネル
▲新山口南北自由通路垂直庭園の取組みの紹介
新山口駅南北通路「垂直の庭」パネル
▲約140種類の植物リスト。パンフレットもある

これは、垂直庭園のパイオニアとして世界的に活躍する植物学者パトリック・ブランが、山口の豊かな自然に魅了され、山口の植生植物でデザインした自然のアートです。
2015年の完成からも成長をし続け、四季折々の表情を見せてくれいています。

2018年には、屋上・壁面緑化技術コンクールにおいて国土交通大臣賞を受賞しています。

新山口駅サイクルピット

新山口駅-案内板

10.新山口駅-案内板

12.新山口駅-案内板

新山口駅南口(新幹線口)のエスカレーター(階段)を下り、右側に向かい自動ドアを入った右側にサイクルピットがあります。
各所にわかりやすく案内がありました。

新山口駅サイクルピット

サイクルピットには、自転車組立スタンドのほか、サイクルラック、ハンガー、椅子、サイクリングマップなどが備わっています。

中国5県サイクリングマップ

新山口駅サイクルピット
▲椅子と中国5県サイクリングマップがが備わっている
新山口駅サイクルピット
▲ハンガーも備わっている

新山口駅サイクルステーション

新山口駅-サイクルステーション

新山口駅サイクルピットの向かいに、レンタサイクルが借りられるサイクルステーションがあります。

手ぶらで来ても、気軽に「やまぐち自転車旅」を楽しむことができるようになります。また、レンタサイクルの窓口である「駅レンタカー」のレンタカーと自転車を組み合わせて、周遊することも可能となります。

なお、民間事業者の施設におけるサイクルステーションの運営は、県内初とのことです。

貸出時間
8:00~18:00(年中無休)

レンタサイクルの種類・レンタサイクル料金(ヘルメットレンタル代込み)

種類 台数 料金(円)※消費税込
1日 2日目以降
(1日につき)
クロスバイク 12台 2,300 1,700
小径車 2台 2,300 1,700
キッズバイク 4台 2,300 1,700
ロードバイク(アルミ) 1台 4,300 3,200
ロードバイク(カーボン) 1台 5,000 3,500

予約・問合せ
〇駅レンタカー予約センター TEL:0088-24-4190
〇駅レンタカー新山口営業所 TEL:083-972-6371

おわりに

新山口駅-新幹線改札前
▲新幹線改札前の柱に、巨大サイクル県のポスターでサイクリストを歓迎している

今回、空の玄関の山口宇部空港のサイクルピット、陸の玄関の新山口駅のサイクルピットおよびサイクルステーションを見てきました。

「誰もが」「県内各地で」「四季を通じて」サイクルスポーツを「快適に」楽しむことができる、「サイクル県やまぐち」の実現に向けた、サイクルスポーツ環境の整備が着実に進んでいると感じました。

(文責:s.k2)

関連ページ

山口県のサイクリング情報

  • Facebook
    Twitter
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー