旅×自転車 記事

【山口県】歴史、文化、温泉、自然の街 山口市の見所をレンタサイクルで巡る

1.山口駅

山口宇部空港から山口市内に移動し、仕事を終えて湯田温泉に宿泊しました。

▼前回の記事はこちら

【山口県】サイクル県やまぐちの空の玄関口、山口宇部空港のサイクルピットを見てきた

翌日の午前中は時間が空いていましたので、湯田温泉から山口駅に電車で移動し、地元の方にお勧めの見所を伺って、レンタサイクルで巡ってみました。

レンタサイクルを借りる

2.福武貸自転車

山口駅前にある福武貸自転車で借ります。

普通自転車と電動アシスト自転車がありますが、普通自転車を借りました。

3.福武貸自転車-自転車

料金は、普通自転車2時間まで300円、その後1時間超過につき100円となります。電動アシスト自転車は2時間まで500円、その後1時間超過につき100円となります。

貸し出し帳に住所と名前を記入し、300円を前金で支払えば、手続きは終了です。

山口ザビエル記念聖堂

4.山口ザビエル記念聖堂

まずは、山口ザビエル記念聖堂に向かいます。

駐輪場を探しましたが、見当たりませんでしたので駐車場の隅に駐輪することにしました。

山口ザビエル記念聖堂は、ザビエルが山口を訪れてから400年を記念して建てられました。高さ53mの2本の塔が特徴的です。
礼拝堂内部には入りませんでしたが、内部にはたくさんのステンドグラスが施され、パイプオルガンも設置されているようです。

山口ザビエル記念聖堂
礼拝時間:9時~17時
献金:1人 100円以上
休館日:年中無休(臨時休館あり)
参考URL:http://yamaguchi-city.jp/details/ac_sabieru01.html

亀山山頂広場

5.亀山山頂公園

記念聖堂の次に、隣接している亀山山頂広場に向かいます。

6.毛利敬親の騎馬像
▲長州藩第13代藩主・毛利敬親(たかちか)の騎馬像

亀山山頂広場は、毛利秀元が慶長元年(1596年)から築城しようとして途中で断念した長山城跡を、1900年(明治33年)に公園として整備した広場です。

7.山頂公園から瑠璃光寺五重塔
▲山頂公園から、これから向かう瑠璃光寺五重塔が見える

室町時代、大内氏が京を模して築いた山口市は、華やかな大内文化の面影を色濃く残す史跡が点在しています。

瑠璃光寺五重塔

10.瑠璃光寺
▲瑠璃光寺

亀山山頂広場から瑠璃光寺五重塔に向かいます。
こちらも駐輪場を探しましたが、見当たりませんでしたので駐車場の隅に駐輪することにしました。

9.瑠璃光寺-五重塔
▲国宝 瑠璃光寺五重塔

国宝 瑠璃光寺五重塔は、大内家当主大内盛見が兄・義弘の供養塔とそて建立したものです。
法隆寺(奈良県)、醍醐寺(京都府)の五重塔とならび日本三名塔のひとつに数えられています。

8.瑠璃光寺
▲境内は香山公園と呼ばれ、桜や梅の名所にもなっている

瑠璃光寺境内では、季節によって変化する風景も楽しめます。
また、日没から数時間ライトアップされますので、夜には違った雰囲気を味わうことができます。

一の坂川

13.一の坂川

瑠璃光寺から香菜亭に向かう途中に、一の坂川があります。
一の坂川は、室町時代、京を模して作られた山口の街で、京都の鴨川に見たてられたそうです。

12.ホタル舞う詩情ゆたかな一の坂川の看板

春には桜が咲き、夜間にはライトアップして夜桜観賞が楽しめます。
また、初夏には国指定である天然記念物のゲンジボタルの乱舞を見ることができ、毎年5月末~6月初旬にかけて「ほたる観賞ウィーク」が開催されます。

山口市菜香亭

16.菜香亭の外観

山口市菜香亭に向かいます。

15.菜香亭施設駐輪場

ここには、駐輪場が設置されていました。サイクルラックも設置されています。

概要

14.菜香亭施設案内図

菜香亭は、明治時代に料亭として創業し、山口県出身の政治家や文人ら利用されてきました。平成8年に料亭としての幕を閉じた後、平成16年に移築復元され、現在、山口の観光拠点として利用されています。

山口市菜香亭
観覧時間:9時~17時
休館日:火曜日(火曜日が休日の場合は、休日でない次の日)
観覧料(菜香亭大広間、所蔵品の観覧):
大人(高校生以上)100円、小人(小・中学生)50円
駐車場(無料):普通車70台、大型バス6台
駐輪場(無料):有、サイクルラックも有
URL:https://www.c-able.ne.jp/~saikou/

見所

山口菜香亭の主な見所は、以下の通りです。

見所①:扁額

17.菜香亭-大広間

百畳の大広間など館内には、総理大臣9人を含む29枚の書が掲げられいます。

18.安部晋三首相の直筆の書
▲安部晋三首相の直筆の書
▲伊藤博文の直筆の書
見所②:建物

20.菜香亭-廊下

明治20年から昭和11年まで増改築された部分が残っており、大豆の御汁で磨かれた黒光りの廊下、明治時代の梁、ゆがみガラスなどの和風建築が残っています。

21.菜香亭-ソファ
▲歴代の総理大臣が座ったソファ。手前が総理用、奥が客用。座り心地が違う
見所③:展示品

22.菜香亭-展示品

陶磁器365種類11,070点、漆器75種類1,661点などの所蔵の中から、厳選したものが常時展示されています。

レンタサイクル

今回は既にレンタサイクルを借りていますが、山口菜香亭でもレンタサイクルを借りることもできます。
山口ふるさと伝承総合センター、クリエイティブスペース赤レンガでも返却できます。
駐車場が無料ですので、車を駐車場に停めて、レンタサイクルで市内を巡るのも良いですね。

普通自転車
半日(4時間未満)200円、1日(4時間以上)410円
電動自転車
半日(4時間未満)300円、1日(4時間以上)510円

山口市のご当地グルメ「ばりそば」

春来軒

レンタサイクルの市内めぐりの締めくくりは、元祖ばりそば本舗の春来軒でばりそばを頂きました。
ボリュームがあると伺ったので、ばりそば(少)650円を頂きました。一度は食べてみる価値ありです。

25.春来軒-ばりそば

「ばりそば」は、山口市のご当地グルメで、太目の中華麺を揚げて、野菜の入ったとろみのある鶏がらベースのスープをかけた料理です。
「ばりそば」という名称は、麺がバリバリしていることに由来しているそうです。あんかけ焼きそばとはまた違った食感と味を是非お楽しみください。

おわりに

「ばりそば」を食べたあとは、レンタサイクルを山口駅前の福武貸自転車に返却し、約2時間のレンタサイクルのたびを終えました。

レンタサイクルの利用時間は、2時間を少し超えていましたが、お店のご好意で2時間の料金にしていただきました。

歴史、文化、自然、温泉とたくさんの魅力がある山口市、レンタサイクルなら少し遠くまでいけますね。
3時間あれば、市内の見所を無理なく巡れます。

 

これから少しずつ暖かくなる季節に、山口市をレンタサイクルでぶらりとするのはいかがでしょうか。

東京へは、新幹線で帰りますので、新山口のサイクルピットを見てきます。
次回は、新山口のサイクルピットを紹介します。

(文責:s.k2)

関連ページ

山口県のサイクリング情報

  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー