旅×自転車 記事

スペインの名物サイクリング・イベントをご紹介。今年はスペインで自転車に乗ろう!

今年はスペインで自転車に乗ろう
Photo by Yukari TSUSHIMA

日本から10000km離れたヨーロッパの西の端に位置するスペイン。毎年ブエルタ・エスパーニャも開催される、ヨーロッパ有数の自転車大国です。

この地ではプロのレースはもちろん、自転車ファンが参加するレースも数多く開催されています。この記事では、スペインで開催されるサイクリング・イベントをご紹介いたします。

今回ご紹介するサイクリング・イベントはすべて、順位やタイムを競うレース形式のものです。しかしそのようなイベントでも、参加するサイクリスト同士のライバル意識はほとんどありません。自分の隣を走っているサイクリストに何かトラブルがあれば、その周りにいる参加者たちが次々に助けの手を差し伸べます。もし1人で参加しても、レースが終わる頃には周りのサイクリストと仲良くなることができるのが、スペインでのサイクリング・イベントの特徴の一つなのです。

1. 往年の名サイクリストと一緒に走ろう「マヨルカ312」

02-アルベルト・コンタドール
▲アルベルト・コンタドール。今年のマヨルカ312のゲストライダー。Photo by Yukari TSUSHIMA

地中海に浮かぶ、スペイン領マヨルカ島。一年を通して比較的温暖な気候ということもあり、春先には多くのプロの自転車チームが、この島でトレーニングキャンプを行います。
この島は、スペインの中でも特にシクロツーリズモが盛んな地域です。そんなマヨルカ島で開催されるサイクリングイベントが、この「マヨルカ312」。毎年約8000人が参加する、スペイン有数のサイクリングイベントです。

今年、このイベントの主催者が用意したコースは次の3種類です。

マヨルカ312コース

距離312km。獲得標高5050m。制限時間14時間。

03-マヨルカ312コース

http://www.mallorca312.com/recorrido_312 より

04-マヨルカ312コース

http://www.mallorca312.com/recorrido_312 より

マヨルカ225コース

距離225km。獲得標高3973m。制限時間10時間。

05-マヨルカ225コース

http://www.mallorca312.com/recorrido_225 より

06-マヨルカ225コース

http://www.mallorca312.com/recorrido_225 より

マヨルカ167コース

距離167km。獲得標高2475m。制限時間10時間。

07-マヨルカ167コース

http://www.mallorca312.com/recorrido_167 より

08-マヨルカ167コース

http://www.mallorca312.com/recorrido_167 より

プローフィール・マップを見て、コースの高低差に驚く人も多いのではないでしょうか。マヨルカ島自体は小さな島ですが、島の北東部にに山があることもあり、スタートするとすぐに登りが続きます。しかも、短い登りが断続的に続くため、スピードのコントロールが難しいコースといえます。
そのため、このレースに参加するサイクリストは、日ごろからトレーニングを欠かさない、プロ・アスリート並みの体力を持つサイクリストばかりです。

またこのレースには、著名な元プロサイクリストが、ゲストライダーとして毎年出走します。過去にはミゲル・インドゥライン氏やホセバ・ベローキ氏が走ったこともあります。そして、今年のゲストサイクリストは、あのアルベルト・コンタドール氏。残念ながら、すでに今年の参加申し込みは締め切られてしまいました。しかし、来年のこのレースに出走を考えている方は、今のうちからトレーニンすることをお勧めいたします。

マヨルカ312
(Mallorca 312)
開催日 2019年4月27日
スタート/ゴール地点 マヨルカ
公式WEB  http://www.mallorca312.com/home

2. イベリア半島縦断レース「ラ・ビア・デ・ラ・プラタ・ノンストップ・ユーロベロ」

09-ラ・ビア・デ・ラ・プラタ・ノンストップ・ユーロベロ
▲写真撮影はスタート前にしておきましょう。Photo by Yukari TSUSHIMA

スペインで開催されるサイクリング・イベントの中で、最も距離の長いレースのひとつがこのレースです。

下記の地図をご覧ください。

10-ラ・ビア・デ・ラ・プラタ・ノンストップ・ユーロベロ

http://www.gijon.info/noticias/show/40632-la-ruta-via-de-la-plata-se-consolida-como-destino-turistico-de-calidad より

イベリア半島を文字通り縦断する、このレースのスタートは北部アストゥリアス地方のヒホン。一方、ゴールは南部アンダルシア地方のセビリヤです。
コースの全長は962km、合計獲得標高は10000m。そして、レースの制限時間はなんと100時間。計算上は時速10kmで走れば完走できることになります。

しかし、コース上には8ヶ所のタイム・コントロール・ポイントが設けられており、その各地点を制限時間以内に通過しなくてはいけません。
タイムコントロールが設けられている地点は、スペインの小規模で魅力的な町ばかり。とは言え、参加者がこうした村の観光を楽しむ余裕はほとんどないでしょう。

このレースには、一人で参加することも、2人で参加することも、3人以上のグループで参加することも可能です。ただし、2人以上で参加する場合には、リレー方式でレースをすることは認められていません。基本的にはグループのメンバー全員がスタートからゴールまで、完走することになります。

もちろん、コース上には補給所・休憩所も完備されています。

なお、このレースに参加できるのはわずか500人。日本のサイクリング・イベントでは考えられない距離を走るこのレース。新たな挑戦を求める長距離好きのサイクリストに、ぴったりのイベントではないでしょうか。

ラ・ビア・デ・ラ・プラタ・ノンストップ・ユーロベロ
(La Ruta Vía de la Plata – NonStop/Eurovelo 1 )
開催日 2019年6月12日~6月16日
スタート地点 ヒホン(アストゥリアス)
ゴール地点  セビリヤ(アンダルシア)
公式WEB  https://www.rvpnonstop.com/index.php/es/

3. チーム・タイムトライアルに挑戦「クラシカ・マリーノ・レハレッタ」

11-クラシカ・マリーノ・レハレッタ
▲女性サイクリストも数多く参加する大会です。Photo by Yukari TSUSHIMA

「スペインのサイクリング・イベントって、どうしてこんなに距離が長くてハードなの?」と驚いたサイクリストの方、どうぞご安心ください。短い距離のサイクル・イベントも、この国にはございます。
そのひとつが、クラシカ・マリーノ・レハレッタ。
このイベントのレース距離は約35km。おまけに日本ではほとんど体験することができない、チーム・タイムトライアル形式です。

大会名にもなっているマリーノ・レハレッタ氏は、バスク地方出身の自転車選手。1982年のブエルタ・エスパーニャで総合優勝者であり、またジロ・デ・イタリアでも活躍した、スペイン有数の名サイクリストでした。彼の出身地であるオルディジアという村で、毎年10月上旬にこのイベントが開催されます。

12-マリーノ・レハレッタ氏
▲写真左側の人物がマリーノ・レハレッタ氏 Photo by Yukari TSUSHIMA

この大会に参加者は 元プロ・サイクリストとアマチュア・サイクリストのみ。5人1組のチームで、タイムを競います。
実はこのイベントがスペインで有名なのはある理由があります。
それは、このレースに参加する元プロ・サイクリストのメンバーの顔ぶれが非常に豪華なためです。

過去にこのイベントに参加した元プロサイクリストの名前を、ほんの一部だけご紹介しますと、

  • ロードレースとタイムトライアル両方で世界チャンピオンになった、アブラハム・オラーノ氏。
  • 現役時代はランス・アームストロングの強力なアシスト役だった、ホセ・ルイス・チェチュ・ルビエラ氏。
  • 1996年のジロ・デ・イタリアの総合優勝者、パベル・トンコフ氏。
  • 2010年のブエルタ・エスパーニャ総合第2位、エスケル・モスケラ氏。
  • 現エドゥケーション・ファースト監督、ファン・マヌエル・ガラテ氏。

このような元プロ・サイクリストたちと一緒に、同じコースでタイムを競うことができるのが、このイベントなのです。もちろん、レースの前後は往年の名選手と2ショットの写真をとることも、また、サインをお願いすることもできます。

さて、肝心のタイムトライアルのコースですが、細かいアップダウンが続く、登り主体のコースです。決して難しいコースではありませんが、登りが好きなサイクリスト向きのイベントと言ってよいでしょう。

友人同士で、スペインの自転車レースを走ってみたい方。世界有数の自転車王国バスクで開催されるこのイベントに参加してはいかがでしょうか。

クラシカ・マリーノ・レハレッタ
(Klasika Marino Lejarreta)
開催日 2019年10月6 日

スタート/ゴール地点 オルディジア(バスク地方)
公式WEB  http://www.ordizia-pruebavillafranca.com/index.php?c=2

4. 最後に

今回は、スペインで開催されるサイクリングイベントを3つ、ご紹介いたしました。

スペインは1年間に大小あわせて50以上のサイクリングイベントが開催されます。距離もコースの難易度も様々なものがありますので、興味のある方はスペインの情報を集めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

(執筆:對馬 由佳理)

  • Facebook
    Twitter
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー