旅×自転車 記事

【銚子をサイクリング】銚子市を巡るのにおすすめの交通手段は…?

※この記事は2019年3月18日に公開されたものを2021年6月に更新したものです。

こんにちは!
TABIRIN(たびりん)編集部です。

だいぶ春を感じるようになり、そろそろサイクリングシーズンが到来しますね!

春のサイクリングで、まずは桜を見に行こうとサイクリングスポットを探している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

関東にお住まいの方、春のサイクリングでは東京駅から特急で一本で行ける「銚子」がおすすめです。

今回の記事では銚子を巡る際におすすめなアクセスの手段についてご紹介します。

銚子の概要と観光スポット

銚子市はチーバ君のちょうど後頭部?にあたる場所で、関東の最東端に位置しています。江戸時代、海運と利根川水運の中継基地として発達し、明治時代には関東屈指の商港の町として栄えた地域です。

魚は安くて美味しい、1645年に創業したヤマサ醤油の工場での体験など観光地としても楽しめる…など、とても魅力溢れるスポットで、現在でも魚と醤油の町として毎年多くの観光客が訪れています。

特にヤマサ醤油の「しょうゆソフトクリーム」は一度は食べてほしいです!しょっぱさと甘さのバランスが絶妙でとっても美味しい!これを食べに行くだけでも満足間違いないです!

※2021年3月より、新型コロナウイルスの影響で工場見学および「しょうゆ味わい体験館(売店含む)」は休止となっています。詳しい情報は公式サイトからご確認ください。

名前 ヤマサ醤油
住所 千葉県銚子市北小川町2570(工場見学センター)
電話 0479-22-9809
URL こちら

銚子周辺の桜スポットは、あまり有名な場所はないようですが、陣屋町公園はいかがでしょうか。こぢんまりとした児童公園ですが、千葉県の桜の標本木がある場所です。陣屋町公園の桜の開花すると、千葉県で開花宣言が出されるんですね。

名前 陣屋町公園
住所 千葉県銚子市陣屋町6-4

銚子までのアクセス

①鉄道

東京駅から銚子駅までは、「特急しおさい」で乗り換え無しで行くことができます。所要時間も2時間弱と他の交通手段と比べて最も便利だと思います。普通電車で乗り換えて行くこともできますが、時間がかかるので、特急がおススメです!

②高速バス

京成バス・千葉交通が浜松町・東京駅~銚子・犬吠埼(いぬぼうさき)間を運行しています。

【京成バス】

【千葉交通】

高速バスは鉄道の特急と比較して運行本数が多く、料金が安いのが特徴ですね!また、銚子よりも先の犬吠埼などにも行くので、起終点の選択肢が広がるのもいいですね!

【鉄道・バスの比較】

  出発地 所要時間(分) 料金(円) 運行本数(便) 目的地
鉄道(特急) 東京駅 106 3.670 6~7 銚子駅
高速バス 東京駅 162 2,600 23 銚子駅
東京駅 167 2,600 21 陣屋町
東京駅 178 2,600 11 犬吠埼

上記の表だとバスが料金安くてよさそうに見えますよね。ただ、実はある方法によって、鉄
道が安くなります。それが、JRの「えきねっとトクだ値」です!JR東日本のえきねっとに無料会員登録し予約すると、片道40%割引となります!

これにより、通常期では片道2,510円になるんですよ!バスよりも安くなるなんて…。これを知ってるか知ってないかでは大違いですよね。私も行きは気づかずに正規の料金で買ってしまいました…。

【えきねっと】

【えきねっとトクだ値】

他の方法も知りたい場合は以下が分かりやすいです。

もし、関西から行こうと思う方がいましたら、以下になるかと思います。

①新幹線で東京駅まで行って、上記手段で銚子へ

②大阪駅等から夜行バスで銚子へ

③空港から成田空港に行き、鉄道で銚子へ

なぜ銚子観光ではレンタサイクルがおすすめ?

銚子駅周辺には、有名なお食事処や宿泊施設、ヤマサの工場等があり、見どころが集まっています。東方面に行くと、銚子ポートタワーがあり、犬吠埼周辺にも灯台や満願寺など見どころがたくさんあります。

銚子駅周辺のみで観光を考えられている方であれば、なんの問題もありませんが、犬吠埼等にも行きたいとなると、アクセスの交通手段を考える必要があります。一応電車が走っておりますが、多い時で30分に1本で基本は1時間に1本です。また、駅から観光施設までも少し距離があります。

こういった時にレンタサイクルの出番です!
ぐるっと周っても15㎞程度なので、初心者でも少し根性を入れれば周れると思います!

レンタサイクルが借りられる場所

銚子市を巡る際、レンタサイクルでおススメなのは銚子駅にある「レンタサイクル銚子」です。銚子駅に併設している観光案内所で借りられるので、電車から降りて直ぐに乗ることができますよ。

借りられる自転車が電動アシスト付き自転車なのが嬉しいポイント。15㎞なんて平気で走れちゃいます。また、犬吠駅や提携しているホテルでの乗り捨てが可能なのもプランを立てる幅が広がっていいですよね。

注意事項として、とても人気があるので予約は忘れないようにしましょう!

今回借りたレンタサイクル

私は予約せずに行ったら、まさかの乗りたい日に全部貸し出されていました…。他にレンタサイクルがある施設を聞き、近くの自転車屋で借りることができました!

「サイクルショップ 一心堂」銚子駅から徒歩3分

今回借りた自転車はこちら!少し錆がありますが、性能は問題ないです!海沿いということもあり、錆やすいのでしょう…。途中で気づきましたが、なんとベルトドライブ自転車です!

初めて乗りましたが、チェーンよりも漕ぐのが軽い感じがしますね。

銚子を愛車で楽しみたいならサイクルトレインもおすすめ

ここまでレンタサイクルでの観光を紹介してきましたが、「せっかくなら愛車で周りたい!」という方もいらっしゃいますよね。そんな時には、サイクルトレインの「B.B.BASE」がおすすめです。
東京の両国駅から銚子駅までを約2時間半で結ぶ電車で、愛車を解体せずにそのまま車内のサイクルラックに載せることができます。ビンディングシューズでも滑りにくいゴム床や、充電用のコンセントなど、サイクリストにうれしい設備も整っていますよ。

当メディア・TABIRIN(たびりん)では、サイクルトレイン「B.B.BASE」を徹底解剖していますので、ぜひ参考にしてくださいね。



「B.B.BASE」は運行日が限られていますので、詳しい情報は公式サイトもご確認ください。

続きはこちらから!

銚子駅からスタートです!
そろそろお気づきかと思いますが、例のごとく今回はここまでです…

次回のレポートでは、銚子駅⇒ポートタワー⇒犬吠埼⇒銚子駅の銚子半島をぐるっと周るサイクリングを紹介しています!ぜひご覧ください。

〈執筆:コぶた〉

  • この記事がいいねと思ったら
    •  0
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー