旅×自転車 記事

冬のポタリング!北アルプスの冠雪が美しい白馬村をe-BIKEで探検する旅

こんにちは!TABIRIN編集部クリスです。

冷たく澄んだ空気がとても気持ちよいこの時期。

今回訪れたのは北アルプスの冠雪が美しい長野県白馬村。e-BIKEで冬のポタリングを目いっぱい楽しんできました。

1.白馬村の概要とアクセス

白馬村の概要とアクセスに関してはこちらの記事でご紹介しています。

東京駅から長野駅まで北陸新幹線で約1時間30~40分。

長野駅

その後、長野駅東口から特急バスに乗って1時間10分で白馬村です。

長野駅東口

2.今回のサイクリングコース

白馬村はポタイングにちょうどよい広さでおススメです。今回ご紹介するコースも約10km。寄り道&休憩しながら2~3時間の所要時間です。

3.北アルプスの冠雪を楽しむ10kmのポタリング

今回の出発地点は、サイクルステーションであり自転車にやさしい宿でもある「ルポゼ白馬」さんです。

気温は最高13℃、最低-2℃でしたが、適度に着込んでいれば問題ナシ。10時前に出発しました。

>>サイクルステーション|HAKUBA CYCLING

ルポゼ白馬を出発

使用したバイクはミヤタのe-BIKE「CRUISE」

まずは駅方面に道を下って白馬駅へ。今回ご紹介するコースは前半がやや上り、後半が下り基調です。

白馬駅前

白馬駅から反時計回りにぐるっと白馬村中心部の周辺を回っていきます。まずは国道148号、通称「千国街道」を1kmほど北上し、松川橋をわたった先の森上交差点で左折します。

森上交差点

その先の消防署の前で左に曲がり、2kmほどの松川河川道路に入ります。

冠雪した北アルプスが目の前にどどん!と広がります。白馬にきたって感じです!

松川河川道路

この河川道路は地元の方が散歩や遊びで使っている道で、道が広いので安心して走ることができます。この日はスケボーを練習するファミリーやパラグライダーを準備している人がいました。

松川河川道路はゆるい上り道ですが、e-BIKEなのでへっちゃらです。

松川河川道路の地元住民

河川道路を走りきった先にあるのが白馬大橋。美しい北アルプスを眺望できる名所です。

白馬大橋

この橋から撮るのもよいですが、橋を渡った先で右折し砂利道を下った先の河川敷へ。

松川の河川敷で記念撮影

撮影をしているとなんと、ワンちゃんが乱入!

外国人の観光客?住民?の方が遠くでカムバック!と叫んでいました。思いもよらぬ珍客に癒されました。

松川河川敷でワンちゃん乱入!

白馬村は外国人の住民や観光客の方が多く、異国情緒あふれているのも好きな点です。あと、イタリアンがめちゃくちゃ多いです。

 

お次は白馬村の名所であるスキージャンプ台へ。途中、良い感じの町なみを通ります。

古い町並みを走る

バイクラックを発見。こちらはSUNSET bar。

>>SUNSET Bar|北安曇郡白馬村のバー

SUNSET bar

すぐ近くには温泉がわいています(飲めないようです)。

飲用不可の温泉

途中にあるのが霜降宮細野諏訪神社。樹齢1000年と推測される御神木の大杉が有名です。

>>霜降宮細野諏訪神社|ニッポン旅マガジン

霜降宮細野諏訪神社

そしてこちらが1998年、長野冬季オリンピックで実際に競技が行われたジャンプ台です。

原田選手、舟木選手が飛んだあのジャンプ台ですね。とにかく高い!あそこから飛ぶなんて信じられないほどです。

>>白馬ジャンプ台|白馬村

白馬スキージャンプ台

ここまで7km。残りは3km程度です。ジャンプ台からはルポゼ白馬に向けて道を下っていきます。白馬村にはあぜ道や細道がたくさんあります。

通ってみたい!と思った道を探検するかのように走るのもポタリングの醍醐味ですね。

田舎道

大楢川沿いの道

ところどころにオリンピックの名残を見つけることができます。

オリンピックのマーク

 

こちらは白馬村で有名な八方温泉の「八方の湯」。足湯もあるので冬ポタリングで寒くても、温まることができます。ファミリーもとても楽しそう。

>>八方温泉

八方温泉の足湯

その向かいにはサイクルステーションのライオンカフェもあります。疲れたらここでひと休みするのもよいですね。外国人の方も多く立ち寄っていました。

>>Lion Cafe | 食べログ

ライオンカフェ

 

白馬村を流れる大楢川沿いを下っていきます。

すると、なんともそそるわき道がありました。クロスバイクなので道が悪くても平気で走れるのもよいところです。

大楢川

わき道に方向転換

この道を走ると、ホテル白馬のすぐわきに出てきます。このホテル前もキレイな写真が撮れるスポットです。

大脇川で記念撮影

そうして、白馬村の中心部をじっくり2時間楽しんで、スタート地点のルポゼ白馬に帰ってきました。自転車は部屋に置かせてもらいました。

>>ルポゼ白馬

ルポゼ白馬

ルポゼ白馬さんは部屋に自転車を持ち込めます

4.白馬村でのランチ&ディナー

ルポゼ白馬さんではイタリアンのランチもやっています。内装はとってもオシャレ!

ルポゼ白馬のランチメニュー

ルポゼ白馬の内装

注文したのは「スパゲッティーニ プッタネスカ」。塩味と酸味のきいたトマトベースの娼婦風パスタ。ヤミツキになるおいしさです。

娼婦風パスタ

ランチをいただきます。

香り高いアールグレイでほっと一息。

アールグレイ

ちなみにディナーもルポゼ白馬さんにて。長野で有名なワインや地元の食材を使った美味しい料理を楽しむことができました。

前菜

6室限定のとてもオシャレなコテージホテルでした。

以上、サイクリングも食も楽しんだ、冬のポタリングin白馬でした♪

寒いときこそ、短時間のポタリングはおススメです。みなさんもポタリングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

長野県のサイクリング情報

長野県のサイクリング情報|TABIRIN

関連記事・関連ページ

(執筆:クリス)

  • Facebook
    Twitter
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー