旅×自転車 記事

【大阪府】関西ヒルクライムの聖地「十三峠」に挑戦!

皆さん、こんにちは!たびりん編集部です。

今回は大阪府と奈良県の境に位置する「十三峠」に挑戦してきました。

十三峠とは

十三峠(じゅうさんとうげ)は、大阪府八尾市神立と奈良県生駒郡平群町福貴畑との境にある峠で標高431m、斜度10%以上の区間が連続する、関西でも有名なヒルクライムの名所です。

市内から30分程度でアクセスできることもあり、週末にはクライマーで賑わっています。
平均勾配は9.1%で関西では、ほぼNo1のスペックです。
距離も3.9kmと適度な長さで、初心者も挑戦可能ですが、初めての方は誰かと一緒に行ったほうがいいかも!?です。

Youtubeでも紹介されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、他のサイトでも色々紹介されていますので参考にしてくださいね。

大阪市内からのアクセス

さて、今回は大阪市内からのアクセス方法もご紹介します。

大阪は河川が多いので、河川側道や鉄道側道を利用すると、信号も少なく安全でスピーディにアクセスできます。
近鉄側道を経由して第二寝屋川の側道を利用します。

第二寝屋川の側道

この日は絶好の行楽日和で、風もなく暖かい陽気で、サイクリングにはもってこいの日差しです。

中央環状線の自転車道

途中の中央環状線には、自転車道も整備されていますので安心・快適です。

府道のブルーライン

また、途中の府道にもブルーラインが整備されています。どんどん増えてきましたね。

河川側道

河川側道は信号は少ないですが、道幅が狭いところもあるので、自動車の通行時には注意してくださいね。

恩智川治水緑地

さらに進んでいくと、恩智川治水緑地に突き当たります。季節によっては野鳥観測もできるみたいです。

国道170号外環状線

そして、畑区間を抜け恩智川の枝線を走っていくと国道170号外環状線に突き当たります。ホテルが目印です。

旧国道170号 目印のコンビニ

さらに直進すると、旧国道170号(東高野街道)に突き当たります。コンビニエンスストアが目印です。

スタート地点目印

コンビニエンスストアから旧国道170号を南下すると、目印の眼鏡屋さんがあります。
こちらを左折すればスタート地点に辿りつきます。

スタート地点

大竹7丁目交差点

スタート地点付近

さあ!ここからは思う存分登ってください!

早い人は15分程度で頂上に到達するということです。スゴイですね。

九十九折

この厳しい九十九折の箇所からが本番です。
10%超えが頻発しますので、最初からがんばりすぎると後悔します。この高低差でなんとなく斜度は想像していただけると思います。

途中区間の様子

道路の様子

途中の区間は上の写真の様な感じで、車がすれ違うのがやっとです。走行には注意が必要です。
この日は、野生の猪も道端で餌をほおばっていたので、この時期は動物の飛び出しも要注意です。

水呑地蔵尊の駐車場

途中の水呑地蔵尊の駐車場まできたら、もう少しです。
初めて登ったときは、足を休めるためにこの駐車場をクルクル回っていた記憶があります。どうしても足をつきたくない方はぜひお試しください!?

ゴールの絶景

最後の踏ん張りを見せれば、十三峠展望台の駐車場がゴールです。
どうです?この絶景!大阪府内が一望できます。正面に見えているのは六甲山系でしょうか。

ちなみに夜景もキレイで、夜はデートスポットにもなっています。

おすすめの立ち寄りスポット

ジェラートカフェ モンテローザ外観

ジェラートカフェ モンテローザ店内

坂の途中には、お洒落なカフェもあり、愛想のいいスタッフの方々が出迎えてくれます。

オープンテラス

この日は天気も良かったので、オープンテラスで軽くブランチしました。これからはついつい立ち寄ってしまいそうです!

 

それから、近くには、こんなにお洒落なカフェもオープンしているそうです。

バウムクーヘンと自転車がコンセプトの新しいカフェということで、とってもお洒落です。
今回は行けませんでしたが、次回行ってみようと思います。

こういった自転車文化を盛り上げているお店を、これからもどんどんご紹介していきたいと思います。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。
山地に囲まれた大阪府には、まだまだ魅力的なヒルクライムのコース&お洒落カフェがあります。これからも色々とご紹介していきたいと思います。

【本日のルートはこちら】

関連記事

 

<執筆:n.k>

  • Facebook
    Twitter
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー