旅×自転車 記事

【イベント】都心から1時間!好アクセスの大自然でヒルクライム!2018 第3回 鶴峠サイクルマラソン

今回ご紹介するイベントは、都心から車で一時間程度の好アクセスの場所で開催されます!

都会の町並み

それにも関わらずとても山深く、小さな集落が点在する日本の原風景が広がります。

山々が多い分峠も多く、ヒルクライムを楽しみたい方にはとてもオススメの場所です。

そんな数ある峠の一つ、鶴峠で行われる「2018 第3回 鶴峠サイクルマラソン」。

奥多摩の町並み

コースは2コースあり、ロングコースは総距離45km、ショートコースは総距離30kmです。

どちらのコースも上野原市西原をスタートし、序盤は奥多摩湖に流れ込む渓流沿いを走ります。

初っ端から傾斜約10%ほどの急勾配!

早速、本イベントの主役でもある鶴峠を越えていきます。

自転車と坂道

峠を越えれば、しばらくはなだらかな道♪

ショートコースの方は、ここから小菅村役場を目指しますが、

ロングコースの方は奥多摩湖へ向かいます。

奥多摩湖の辺りは東京都ですが、都会の喧騒が遠く感じるような穏やかで風光明媚な湖。

コバルトブルーの湖面に周囲の山々が静かに映り、とても素晴らしい眺めです。

特にイベント開催時期はちょうど紅葉の美しい頃なので、

秋の錦の色彩豊かな湖面が楽しめそうですね♪

奥多摩湖

奥多摩湖を抜けるとアップダウンが連続します!

丹波山村と小菅村はお隣同士の村ですが、山を一つ隔てているため迂回するとかなり遠いそう…。

この山を越える近道とも言える道が「今川峠」。最大標高差は約947m。

途中には、傾斜15%程のまさに激坂もあります。

今川峠を越えると、今度は二度目の鶴峠超え…!

ヒルクライムならではの、素晴らしい山景色を楽しみながら頑張りましょう♪

山を見下ろす男性と自転車

それにしても都心の高層ビル街から一時間の場所に、沢山の山々に囲まれた秘境があるなんて、

日本は本当に、ほとんどが山で出来ている列島なんだなぁとしみじみ考えてしまいました笑

好アクセスの場所で、大自然もヒルクライムも楽しめる絶好の機会です!

申込み期限は11月5日まで。参加希望の方はお早めに♪

 

概要

開催日
2018年11月18日(日)開催
開催場所
山梨県羽置の里びりゅう館(山梨県上野原市西原6931)
申込期間
2018年8月8日(水) ~2018年11月5日(月)

申込・詳細

スポーツエントリー

2018 第3回 鶴峠サイクルマラソン

(執筆:m.n)

  • Facebook
    Twitter
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー