旅×自転車 記事

【愛知県】トライアスロンに挑戦!in 伊良湖

TRIATHLON IRAGOこんにちは!たびりん編集部です。今回は「2018 トライアスロン伊良湖大会」に参加してきましたので、そのレポートをお送りします。
この大会は、今回が第32 回ということで、宮古島大会等と並んで歴史ある大会になっています。

トライアスロンとは?

オリンピック競技にもなっているトライアスロンですが、大会によって距離が異なります。
詳細はこちらのレポートにまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

今回の大会は、A タイプ(ミドル)と、B タイプ(スタンダード)になっていまして、それぞれ距離は以下のようになっています。
ただし、非常に人気の大会で、抽選でのエントリーになっています。

  • A タイプ :スイム2.25km・バイク70.0km・ラン20.0km、合計92.25km
  • B タイプ :スイム1.50km・バイク42.0km・ラン10.0km、合計53.5km

ちなみに時間制限もありますので、制限時間内にゴールできなければ完走とは認めてもらえません。。。

準備

これだけ競技種目があると、当然準備が大変です。スイム、バイク、ラン、それぞれにウェットスーツやバイク、シューズ等を準備しないといけませんから、忘れものの多い方は入念なチェックが必要です。
ちなみに、セッティングするとこんな感じです。大荷物ですね。。。
皆さん、準備に余念がありませんが、慣れてしまえばどうってことはないです。

トライアスロンのセッティング

そして、こちらが大会前のスタート地点の様子です。嵐の前の静けさといった感じでしょうか。。。トライアスロン スタート地点

スイムスタート

いよいよスイムのスタートです。各タイプ別にスタートを分けてのウェーブスタートになります。
どうしてもスタートは人が多いので接触も多く、上に人が乗ってくることもあるので注意が必要です。こうやって見ると、さながら鮭の遡上のようですね。。。
ただ、伊良湖の海はまあまあキレイなので、泳いでいて気持ちがいいです。スイムスタートスイム

スイム⇒バイク

スイムを終えたら次はバイクです。
スイムを終えるころには結構体力使ってまして、足がフラフラになってました。明らかにトレーニング不足ですが、まだ少し余裕があります。

スイムからバイクへ移動スイムからバイクへ

バイクの準備を素早く?こなし、さて周りを見ると、バイクの数がパラパラあるくらいです。これはマズイと思い、少しペースをあげます。

バイクの準備

バイクは平坦基調のコースを5 周します。海沿いを走るのですが、徐々に風が出てきて、風との戦いになります。
なお、トライアスロンはドラフティング禁止なので、前の人を風よけに使うことは禁止されています。

バイク

バイク

バイク⇒ラン

バイクが終わると次は最後のランです。
この日は思った以上に気温・湿度ともに高く、高低差のあるコースとあいまって、非常に厳しい展開になりました。各エイドステーションで水分補給をしっかり行います。
コース上での地元の方々の声援から元気をいただき、ひたすらストップウォッチとにらめっこしながら走り続けます。

ゴール地点

最後の力を振り絞ってゴールした瞬間は、「やった~!」というよりは「やっと終わった~・・・」という安堵感のほうが強いような気もします。
もうヘロヘロ状態ですね。↓

ゴール時の様子

次の挑戦へ

大人のトライアスロンもいいですが、子どものトライアスロンも見逃せません。
そこで次回は、愛知県の愛・地球博記念公園で開催される「キッズトライアスロンin モリコロパーク2018」に、息子達が参戦することになりました。またレポートしますので、乞うご期待ください。

 

さて、いかがでしたでしょうか?トライアスロンは競技種目が多く、とっつきにくいかもしれませんが、ある程度トレーニングすれば、誰でも完走はできると思います。実際、60 歳を超えてから始められる方もいらっしゃるくらいです。
また、全国各地で大会が開催されているので、旅をしながらの参戦は素敵な思い出にもなりますし、地元の方も歓迎ムードで、前泊などすれば仲間が増えて情報交換の場にもなり、とっても楽しいです。

ぜひ、トライアスロンに挑戦してみてはいかがでしょうか!?

(執筆:n.k)

関連記事

  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー