旅×自転車 記事

【栃木県】日帰り・お手軽!小山市をシェアサイクルで満喫しました!

小山市街地マップ

※この記事は2018年9月17日に公開されたものを2020年11月に更新したものです。

こんにちは!
TABIRIN (たびりん)編集部です。

今回は3時間でも十分楽しめる、1日かけても飽きない、栃木県小山市のご紹介です。
電動アシストのシェアサイクルを使い、様々なスポットを巡ります。

初心者目線で、シェアサイクルの使い方やおすすめスポットなどをご紹介しますので次回の旅に是非役立ててみてください。

栃木県小山市とは

小山市の位置、小山市・小山駅へのアクセス

小山市は栃木県南部に位置し、東側は茨城県に接している市です。

鉄道はJR宇都宮線、東北新幹線、JR水戸線、JR両毛線と4路線。
幹線道路は国道4号、新4号国道、国道50号とあり交通の要衝地となっています。

小山駅には東京駅からは東北新幹線を使って福島方面へ40分ほど、新宿駅からは新幹線を使わずにJR湘南新宿ラインに乗り70分ほどで行くことができます。

小山市はリオデジャネイロオリンピックのメダリストの出身地

リオデジャネイロオリンピック選手の看板

小山市といえば、なにを隠そう柔道の海老沼匡選手、水泳の荻野公介選手の出身地。
リオデジャネイロオリンピックでは、出生地別メダル獲得数日本一にもなっています。

小山でサイクリングしたら会えちゃうかもしれないですね!

小山市は「大学生観光まちづくりコンテスト2019」の対象地域

また小山市では観光まちづくりを通じた地域活性化プランを競う「大学生観光まちづくりコンテスト2019」の中の「関東RiverCycRingステージ」の対象地域になっていました。

観光を通じて、地域資源を発掘・活用し、地域自体が大きく活性化する計画のなかで、「単なるツアー企画ではなく、観光を通じて地域資源を発掘・活用し、地域自体が大きく活性化するような計画」として生まれたのが観光まちづくりのプランです。

「大学生観光まちづくりコンテスト」は、川沿いのサイクリングルートを活かした観光まちづくりプランを競うイベントで、地域を活性化するのに一役買っています。

このコンテストには当メディア・TABIRIN (たびりん)も協賛。
参加する大学生に対して説明会も開催しました。

日帰り・お手軽に小山市シェアサイクルのプチ観光スタート!

シェアサイクル・らくーるを利用

小山駅西口

小山駅に降り立って西口から駅舎を出ると、タクシー乗り場とともに大きなビルが見えます。上の画像で目に飛び込んでくる緑色のゲート(?)にシェアサイクルが設置されています。

シェアサイクル らくーる

利用可能なシェアサイクルはすべて電動アシスト車。小山市がHELLO CYCLINGと提携して運営しているシェアサイクルとなっているため、ほかのソフトバンク系列のシェアサイクルと使い方も同様です。

フレームの形は様々で、小山市の思川桜をイメージしたデザインになっています。

なお、「HELLO CYCLING」についてはTABIRINでもトピックスとして取り上げていますので、こちらの記事も参考にしてください。

ちなみにシェアサイクルってなに?と思った方は、以下の記事で解説していますのでご覧ください。

小山市のレンタサイクル・らくーるの使い方

らくーるの手続き自体は簡単。
以下では使い方をご紹介します。

らくーる 操作画面

まずは事前にアプリをインストール。
会員登録をし、予約をすると、自転車1台に対して1つずつ暗証番号が与えられます。
これがレンタル中のカギ代わりになります。

暗証番号を入力して…

らくーる 操作画面

この表示が出れば…

らくーる 鍵

開錠です!
あまりにスムーズに借りれたので、シェアサイクル初心者の私は思わず「文明は進んでいるのだなあ」と感心してしまいました。

また現在 (2020年11月時点)、イベント期間中ということで利用料金がなんと無料!
ただしイベント期間の終了時期は明記されていなかったため、「らくーるHP」から利用料金は確認してくださいね。

準備が出来たので、次の章からいよいよサイクリングが始まります。

フォトジェニック(?) 一部ファンにも人気の高岳引込線

高岳引込線 踏み切り

自転車にまたがり、最初に目指すのは高岳引込線(たかおかひきこみせん)です!
高岳製作所専用線とも呼ばれています。
小山駅にも接続しているので、西口から東口に抜けるとすぐ見えてきます。

この線路は年に数回程度しか利用されていないため、線路の写真が撮りやすいのです。

高岳引込線 線路

線路というものにはなんだか心を動かされますね。

高岳引込線 線路

線路沿いには家庭菜園があって、地元の方が手入れされていておどろきました。

高岳引込線 踏み切り

また踏み切りに出会いました。

高岳引込線 踏み切りで咲く花

お花に注目できるのも、すぐに止まって写真が撮れるのも、自転車ならでは。
ぜひフォトジェニックを狙って(天気が良い日に)行ってみてはいかがでしょうか。※撮影時など、線路侵入にはくれぐれもお気を付けください。

期間限定!稲刈り迫る!おやま田んぼアート

次なる目的地はおやま田んぼアート美田会場。

自転車レーン

路肩の自転車通行空間を通り…

(今回の道のりでは自転車道とあまり出会えませんでしたが、歩道あるいは車道にある程度幅員があるのであまり危険は感じませんでした)

思川

思川を渡り…

田んぼアート看板

すこし進むと心優しい看板に出会えます。
看板の通りに進むと、見渡す限りに広がる田園風景!
田んぼになじみがない私にとって、田園風景の中でのサイクリングはとっても新鮮でした。

都会の喧騒に疲れた方にオススメです。

サギ

自転車でのんびり走っているとサギに出会えました。上の写真にもちょっぴり写っていますがわかりますかね?

サギ

立ち姿も飛び方もとっても美しかったです。

トラス橋

田んぼの間をしばらく走ると鉄道橋が見えました。
線路同様、橋も心を動かされるものがあります…。

おやま田んぼアート

デザインされているのは本田圭佑選手。

そして鉄道橋のすぐ近くに田んぼアートを発見!ちょっと田んぼアートがシックな印象になっているのは、シーズンが過ぎてしまっているから。

見ごろは7月中旬頃となっており、上記の画像よりも色とりどりで鮮やかな姿を見ることができますよ。

また田んぼアート会場は今回紹介した美田会場だけでなく、小山市内にあと3か所あります。それぞれデザインも違うので田んぼアート巡りも楽しそうですね!

また秋には収穫体験イベントも今後各会場で実施されます。
詳細はおやま田んぼアート公式HPでご確認ください。

※上記公式HPにも記載がありますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、残念ながら2020年現在は中止となっています。

国指定文化財 小山城 城山公園

城山公園

田んぼアートを離れ、思川に沿って南下すると、小山駅付近に戻ってきます。

小山駅近くには国指定文化財を擁する城山公園があるので立ち寄ります。

実はこの石碑にたどり着く前にひどい急こう配の坂があるのですが、電動アシストで楽勝でした。

城山公園 案内板

早速城山公園に入っていくと案内板を発見。

城山公園以外にも文化財に指定されている箇所があったので「散歩ができそう!」
と思いましたが、全長は12km…。距離的にはサイクリングで廻るのにはちょうどよいかもしれません。

今回自転車での観光を行っているので廻ろうと思いましたが、時間の都合上城山公園以外は断念しました。要再チャレンジです。

ぎおんばし

自転車を置いて、園内を進んでいくとなんだか趣のある橋に出会いました。

願いが叶う、みたいな言い伝えが残っていそうですね。
いっそ作ってみてもいいかもしれません。

公園内の遊具

橋の奥には遊具がたくさんある遊び場が!
ブランコ大好きなので心躍りましたが、ここは落ち着いて大人の対応を。

芝生の広場

広い原っぱもあり、鬼ごっこし放題!

銅像

最後に威厳のある方にご挨拶して城山公園を去ることにしました。

園内を散策しているときは地元の方々があいさつしてくださって、温かい気持ちになりました!小さいお子さんがいるご家族、ブランコの楽しさが忘れられない大人にオススメの公園です。(※大人になってからブランコに乗るとすごく酔います。ご注意ください。)

お土産からお食事まで 小山市まちの駅 思季彩館

思季彩館 看板

城山公園から小山駅に戻る道中、ちょっとだけ寄り道します。
駅前上町交差点できょろきょろすると緑の看板が見えます。

思季彩館 外観

趣のある外観の建物は小山市の特産品を扱っている「まちの駅 思季彩館」です。

店内には名産の小山うどんや地元の農家さんが作った新鮮な野菜、地酒などが並んでいました。店内には座ることができるスペースがあり、お食事も提供されています。「思季彩館」さんで販売されているお惣菜やお弁当も食べられるそうです!

思季彩館 食事スペース

今回はこちらでお昼ご飯をいただくことにしました!

思季彩館 野菜たっぷりうどん

店員さんオススメの「野菜たっぷりうどん」です。

温かく、しょうゆベースの優しい味。野菜の中にはかんぴょうもたっぷり入っていて、栃木を感じられました。

自慢のうどんもつるつるもちもちでおいしかったです!しかも500円と低価格。

お立ち寄りの際にぜひ食べてみてはいかがでしょうか。

ちなみに「 思季彩館」さんではレンタサイクルも用意されています!

思季彩館 レンタサイクル

借りられる自転車のラインナップは以下です。

思季彩館 レンタサイクル

小山市のおすすめサイクリング情報

間々田駅らくーる 看板

今回は時間の都合上小山駅周辺のみの紹介でしたが、小山市周辺にはほかにも見どころがあります!田んぼアートの会場もある、お隣の間々田駅にもらくーるのシェアサイクルが設置されています。

間々田駅らくーる 駐輪場

らくーるはスポットでの乗り捨てが可能になっているので、小山駅から乗って間々田駅で返却することも可能です。

そして、一番オススメなのは渡良瀬遊水地。渡良瀬遊水地はラムサール条約に登録されている遊水地です。フォトコンテストの入賞作品はどれも美しく、絶景に出会えるかもしれません!

渡良瀬遊水地は最寄り駅も住所も小山市ではないのですが、自転車で行くことが可能です。
また自転車で渡良瀬遊水地に行くサイクリングイベントも小山市では企画されています。


※2020年は新型コロナ感染症の影響により、中止となっています。

自転車で小山市を巡ろう

今回初めてシェアサイクルを利用しましたが、利用方法の簡単さ、電動アシスト車の快適さに感動しました。

これからは旅行先などで積極的に利用しようと思います。小山市をPRするような記事になってしまいましたが、小山市の回し者ではございません。

起伏も少なく、サイクリング初心者には魅力的な街でした。
今回は3時間程度で回れたので、サクッとサイクリングを楽しめると思います。

その他小山市には自転車で行ける素敵なスポットがたくさんあり、紹介しきれませんので、気になるものがあったら是非当メディア・TABIRINで調べてみてくださいね。

(執筆:s)

  • この記事がいいねと思ったら
    •  0
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー