旅×自転車 記事

レンタサイクルで行く世界の9つの超絶景サイクリングスポット!

世界にはまだまだ知られていない絶景が眠っています。

今回は、あまり知られていない、レンタサイクルで行ける世界の超絶景サイクリングスポットについてご紹介します!

1.アッソ谷のワインディング(イタリア)

アッソ谷

アッソ谷(Val d’Asso:ヴァル・ダッソ)はイタリア・トスカーナ地方にある地域です。

訪れる人々を迎えるのは、中世の城、しなやかな丘、美しい農家、素晴らしいブドウ畑とオリーブ畑、そして金色の麦畑。

なかでも、アシャーノ(Asciano)地区のイトスギが整列するワインディングロードは、ヨーロッパの写真家にとって最も人気の場所の一つです。

世界遺産の町ピエンツァ(Pienza)からアッソ谷まで片道27km。アップダウンの多いエリアなのでe-bikeがおススメです。

また、ピエンツァの南には同じく世界遺産登録されたオルシア谷(Val d’Orcia:ヴァル・ドルチャ)もあるので、こちらもお忘れず!

絶景を楽しんだ後は、トスカーナ名産のオリーブとトリュフを使ったグルメ、そして美味しいワインに舌鼓を打ちましょう。

現地のサイクリングルート

ピエンツァ~アッソ谷~ピエンツァまで約55km。
ピエンツァではe-bikeを35€/日でレンタル可能
E-bike Tuscany

ルートラボはコチラから

日本からのアクセス

サイクリングのスタート地点であるピエンツァまでは飛行機と鉄道とバスの乗り継ぎとなります。

成田空港~ローマフィウミチーノ空港(直行便約13時間)~キウージChiusi(鉄道で約1時間45分)~モンテプルチャーノMontepulciano(バスで約50分)~ピエンツァPienza(バスで約10分)

 

2.アルペンバイクルート(スイス)

アルペンバイクルート

アルペンバイクルート(Alpine Bike)はスイスモビリティのマウンテンバイクルートの一つ。

今回ご紹介するのはアルペンバイクルートのうち4番目のルートを途中まで走るもの。

スイス南東部エンガディン地方の街サン・モリッツ(St.Moritz)を出発し、シルス湖からサン・モリッツにUターンするルートです。

サンモリッツ湖、シルヴァプラーナ湖、シルス湖を見下ろしながら走る36kmのコースは、まさに絶景の一言です。

サンモリッツでマウンテンバイクタイプのe-bikeをレンタルすれば、初心者でも楽々。

爽快なサイクリングを楽しみましょう。

現地のサイクリングルート

サン・モリッツ~シルス湖~サン・モリッツアッソまで約36km。
サン・モリッツではマウンテンバイクのe-bikeを79CHF/日でレンタル可能
Suvretta Sports-Nordic & Bikecenter

ルートラボはコチラから

日本からのアクセス

サイクリングのスタート地点であるサン・モリッツまでは飛行機と鉄道とバスの乗り継ぎとなります。

成田空港~チューリッヒ空港(直行便で約12時間45分)~サン・モリッツ(鉄道で約3時間15分)~シグナルバーンSignalbahn(バスで約15分)

 

3.伯朗大道/Mr. Brown Avenue(台湾)

伯朗大道

伯朗大道(Mr. Brown Avenue)は、台湾南東部 台東県にある田園風景の美しいサイクリング&ウォーキングルートです。

俳優「金城武」主演のエバー航空のコマーシャルロケ地となったことで、一躍有名な観光地となりました。

「緑の天国の道」とも呼ばれるこの水田の道は県内で最も魅力的な景勝地として知られています。

6月~7月には緑の稲穂が美しい金色に姿を変えます。

この地の上質な風味としっかり水分を含んだお米を使った「便當(ビェン タン)」(弁当)をぜひ堪能してみてください!

現地のサイクリングルート

池上駅~伯朗大道~池上駅で約10km。
池上駅前にはレンタサイクル屋がたくさんあります。

ルートラボはコチラから

日本からのアクセス

サイクリングのスタート地点である池上駅までは飛行機と鉄道の乗り継ぎとなります。

羽田空港~台北松山空港(直行便で約3時間45分)~池上駅(鉄道で約5時間)

 

4.セブンマイルブリッジ(アメリカ)

セブンマイルブリッジ

アメリカ東海岸の南端フロリダ半島に先に、約290kmにわたって連なるフロリダキーズと呼ばれる島々。

この島々は1本の道路橋ハイウェイで結ばれています。そのうち最も長い11kmの橋が今回ご紹介するセブンマイルブリッジです。

ハイウェイなので自動車専用なのですが、セブンマイルブリッジに並行する西側の古い橋は歩行者、自転車が通行できます(といっても、途中のピジョン・キー(Pigeon Key)までしか行けません)。

ボカ・キー(Vaca Key)でレンタサイクルをすることができます。

昼間よりも朝夕の日が傾いた時間帯のほうがドラマチックな景観を楽しむことができます。

現地のサイクリングルート

ボカ・キー~セブンマイルブリッジ~ピジョン・キー~ボカ・キーで約11km。
ボカ・キーではレンタサイクルを20$/日でレンタル可能。
Islander Bike & Kayak Rental

ルートラボはコチラから

日本からのアクセス

サイクリングのスタート地点であるボカ・キーまでは飛行機とレンタカーの乗り継ぎとなります。

成田空港~マイアミ国際空港(乗継便で約16時間)~ボカ・キー(レンタカーで約2時間)

 

5.不気味で美しい ダーク・ヘッジ・トンネル(北アイルランド)

ダークヘッジ

北アイルランドの北部バリマネーにあるのが、不気味で美しいトンネル「ダーク・ヘッジ(The Dark hedges)」です。

細い街路の両脇に林立するブナの木々が覆い被さって、まるで木々のトンネルとなっています。

なんとこの地域は有名な心霊スポットらしく、グレー・レディ(灰色の女性)と呼ばれる幽霊が出るんだとか。

でも一度はこの風景を見てみたいですよね。

現地のサイクリングルート

バリマネー~ダーク・ヘッジ~バリマネーまで約27km。
バリマネーにはレンタサイクル屋がないので、空港があるベルファスト(Belfast)の街でレンタサイクルする必要あり。

ルートラボはコチラから

日本からのアクセス

サイクリングのスタート地点であるバリマネーまでは、飛行機とレンタカーもしくは鉄道の乗り継ぎとなります。

・成田空港~ジョージ・ベスト・ベルファスト・シティ空港(乗継便で約18時間)~ダークヘッジ(レンタカーで約1時間30分)
・成田空港~ジョージ・ベスト・ベルファスト・シティ空港(乗継便で約18時間)~バリマネー(鉄道で約1時間15分)

 

6.南仏随一のラベンダー畑 ヴァロンソール高原(フランス)

ヴァロンソール高原

ヴァロンソール高原(Plateau De Valensole)はフランス南部プロヴァンス地方にあるラベンダーの一等地です。

画家セザンヌの故郷である美しい街エクサンプロヴァンスの北東、70kmのところにあります。

6月~8月にかけて地平線まで続く紫色の畝を楽しむことができます。

この地方にラベンダー畑ばかりが広がるのは、土地がやせていて他の作物が育てにくいため。でもそのおかげでこの美しい景色が生まれているのです。

7月の中旬にはヴァロンソール(Valensole)の村でラベンダー祭りが開かれます。

写真を撮るなら朝夕の日が傾いた時間帯がおススメ。

現地のサイクリングルート

マノスクManosque~ヴァレンソール村~ヴァロンソール高原~マノスクまで約75km。
マノスクではレンタサイクルを19$/日~でレンタル可能。
BACHELAS BIKE MANOSQUE

ルートラボはコチラから

日本からのアクセス

サイクリングのスタート地点であるマノスクまでは、飛行機と鉄道の乗り継ぎとなります。

成田空港~マルセイユ・プロヴァンス空港(乗継便で約16時間30分)~マノスク(鉄道で約2時間50分)

 

7.モノトーンの田舎町 フロイデンベルク(ドイツ)

フロイデンベルグ

不思議な白黒モノトーンの田舎町が、ドイツ南部のノルトライン・ヴェストファーレン州にあります。

それがフロイデンベルグ(freudenberg)。ドイツ国内に同名の街が複数あるのでご注意を。

この町では、1666年に起こった大火災でたった1軒を除きすべての家屋が焼失してしまいました。

その復興時に建てられた木組建築群が現在まで残り、このような整然とした美しい景観が生み出されたのです。

フロイデンベルグへ自転車で行くには、ジーゲン(Siegen)の町でレンタサイクルをしましょう。

ジーゲンからフロイデンベルグまで、片道17kmのサイクリングの旅です。

町の中心にあるクアパークが絶好の写真スポット。午後には逆行になるので午前中の撮影がおススメ。

現地のサイクリングルート

ジーゲン~フロイデンベルグ~ジーゲンまで約35km。
ジーゲンではレンタサイクルが可能。
Bike-Corner

ルートラボはコチラから

日本からのアクセス

サイクリングのスタート地点であるジーゲンまでは、飛行機と鉄道の乗り継ぎとなります。

成田空港~フランクフルト空港(直行便約12時間30分)~ジーゲン(鉄道で約1時間45分)

 

8.美しすぎる青 モレーン湖(カナダ)

モレーン湖

モレーン湖(Moreine lake)はカナダ・アルバータ州、レイク・ルイーズの近くにある世界遺産の氷河湖です。

その美しさは、かつてカナダドル紙幣にも使われたほどです。

この湖の特筆すべき点は透明度。カナディアンロッキーにある湖の中でも随一を誇り、湖に浮かぶカヌーがまるで空中に漂っているように見えるほど。

湖面が最も美しく見えるのは太陽が頭上に来た時。遅くとも午後2時までには訪れた方がよいでしょう。

レイク・ルイーズの村でレンタサイクルして、モレーン湖まで15kmのサイクリングを楽しみましょう。

ただし、モレーン湖まではかなり上るので、事前にトレーニングを積んでおきましょう!

現地のサイクリングルート

レイクルイーズ~モレーン湖~レイクルイーズまで約30km。
レイクルイーズではマウンテンバイクを39$/日~でレンタサイクルが可能。
Wilson Mountain Sports

ルートラボはコチラから

日本からのアクセス

サイクリングのスタート地点であるレイクルイーズまでは、飛行機とバスの乗り継ぎとなります。

成田空港~カルガリー空港(直行便で約9時間40分)~レイクルイーズ(バスで約3時間)

 

9.白い砂漠 ホワイトサンズ国定記念物(アメリカ)

ホワイトサンズ国定記念物

アメリカ合衆国ニューメキシコ州にある真っ白な砂漠が「ホワイトサンズ国定記念物(White Sands National Monument)」です。

この摩訶不思議な白い砂漠は、世界でも珍しい石膏の砂漠なのです。

かつてこの地には広大な湖があったそうで、石膏質を溶かした雨や雪が湖底にたまり気候の変動とともに湖が蒸発した結果、石膏の砂漠が残ったそうです。

ホワイトサンズ国定記念物にはデューンズ・ドライブ(Dunes Drive)と呼ばれる12kmの道路があり、自転車も通行できます。

ただし、指定のエリアの立ち入りは厳禁です。なぜならミサイルの射撃場として軍の管理下にあり、危険なものが落ちている可能性があるらしいのです。

最寄りの空港がある街エル・パソ(El Paso)から約160km。自転車で行くにはしっかりトレーニングを!

現地のサイクリングルート

エル・パソ~ホワイトサンズ国定記念物まで片道約160km。
エル・パソでは50$/日~でレンタサイクルが可能。
CRAZY CAT CYCLERY

ルートラボはコチラから

日本からのアクセス

サイクリングのスタート地点であるエル・パソまでは、飛行機で行きます。

成田空港~エルパソ国際空港(乗継便で約14時間)

 

(執筆:J.Bourne)

  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー