旅×自転車 記事

輪行のための車内設備を調べてみた#5【東北新幹線やまびこ(E2系)】

東北新幹線やまびこ『輪行のための車内設備を調べてみた』シリーズ第5弾です。
今回は東京〜仙台~盛岡をつなぐ東北新幹線やまびこについて調べてみました!

東北新幹線やまびこ(E2系)の概要

東北新幹線のやまびこ(E2系)は1997年にデビューした車両です。白と紺色のボディにピンクのラインが目印。
東京~盛岡、または東京~仙台間を結びます。

主要駅間の所要時間

所要時間は以下の通りです。

  • 東京~郡山 約1時間20分~約1時間40分
  • 東京~仙台 約1時間40分~約2時間30分
  • 東京~一ノ関 約2時間30分
  • 東京~盛岡 約3時間15分

特急料金

特急料金は距離制です。距離に応じて、860円~6,690円となっています。この他に乗車券の料金が必要になります。

輪行という視点からの車内設備

さて、続いて輪行の視点から車内設備をご紹介します。

※写真は全て「やまびこ」1号車・1~2号車のトイレエリアです。

自転車を置くスペース

まず、輪行袋に入れた自転車を置いておくのにベストな、座席最後列の後ろのスペースがこちらです。

やまびこ座席うしろ輪行袋を置けそうなスペースがあります。

1号車運転席側のデッキは少々狭い感じです。

やまびこデッキ
▲運転席側は少々狭い
やまびこデッキ2号車側
▲2号車側のデッキは荷物置き場があるため、少々広めに感じる

荷物置き場が2ヶ所(トイレエリア1号車側・2号車側)ありましたが、スペースが小さく自転車を置くことはできない様子です。

やまびこ荷物置き場
▲1号車側荷物置き場
やまびこ荷物置き場
▲2号車側荷物置き場 隣は公衆電話が設置されていた跡?
やまびこトイレの通路
▲洗面台・トイレがある通路

ここに置く場合は、ちゃんと持ち主は自転車の側に待機し、くれぐれも通る人の邪魔にならないようにしましょう。

トイレ&洗面台

やまびこトイレ
▲手前から女子トイレ、男女共用トイレ
やまびこトイレ
▲右側手前から男子トイレ・洗面台
やまびこ洗面台
▲洗面台は隣り合って2つあり

トイレは男女共用、男性専用、女性専用がありました。

コンセント

やまびこ座席
▲座席にコンセントなし

コンセントはありませんでした。

Wi-fi接続サービス

Wi-fi接続サービスはありません。

 

 

以上、いかがでしたでしょうか?

福島県の郡山まで約1時間半、宮城県の仙台まで約2時間で気軽に行ける東北地方。
新幹線で楽に移動し、東北でサイクリングを楽しんではいかがでしょうか。

ただし、輪行はルール・マナーを守って行いましょう。

(掲載時点の情報ですので、最新情報は各施設へお問い合わせください)

【周辺のサイクリング情報はこちらから】

福島県のサイクリング情報

宮城県のサイクリング情報

岩手県のサイクリング情報

【輪行のための車内設備を調べてみたシリーズはこちらから】

 

(執筆:Y.I)

  • この記事がいいねと思ったら
    •  0
  •   この記事のご感想はユーザーのみなさま
  • 編集部おすすめ
    ランキング
    カテゴリー